2013年08月26日

勝手にスイッチ 第254回

 この土日は青春18きっぷを使って紀勢本線に乗ってきました。紀勢本線を訪れるのは実に13年ぶり。前は亀山から和歌山へ抜けたので、今回は和歌山から逆行路で攻めてみました。

 新大阪までは新幹線で。紀州路快速で一気に和歌山まで行き、昼食は和歌山ラーメンを食べました。本当は前にきよみずさんと一緒に行った井出商店まで行こうと思ってたんですが、雨がシトシト降ってたし傘を出すのも面倒なので、駅ビル地下にある丸美商店で特製中華そば大盛りを食べました。うまかっ です。

 腹ごしらえを済ませ、約3年ぶりに和歌山電鐵へ寄り道。以前は新しい電車が登場する度にちょくちょく来てましたが、気づいたらしばらくご無沙汰にしちゃってました。ちょうどよくやってきたたま電車に乗り、たま卿(現・和歌山電鐵社長代理)がおわす貴志駅へ。

IMG_7361[1].jpg


 貴志駅も、現在は改築されてこのようになっております。駅舎の左側が前からある売店で、右側はカフェ&たま博物館となってます。私も売上に協力すべく、ジェラート食べて記念乗車券と入場券とグッズを少々買わせて頂きました。

IMG_7368[1].jpg


 で、たま卿は既にご高齢のため(御年14歳)、通常は火〜木曜のみの勤務となっています。前は日曜のみ休みで土曜は駅にいたのですが、今土日に出勤しているのは部下のニタマ駅長代理です。同じ三毛猫ですが、たま卿とは模様がかなり違うので簡単に見分けがつきますね。

 貴志駅には30分ほど滞在して和歌山へ戻り、ここからはこの日の宿泊地である紀伊田辺へ向かいます。まず乗り込んだ御坊行きの列車は、117系電車による運行でした。

IMG_7374[1].jpg


 JR西日本の経費削減策により、やや緑かかった水色に塗りつぶされてしまっていますが、それでもまだ現役で活躍していることを喜ぶべきでしょうかね。東海にいた同車はこないだ最後まで残っていた「トレイン117」編成が廃車されたし、末期色や抹茶色一色になっても現役なだけマシです。

IMG_7392[1].jpg


 御坊駅ではいったん下車し、紀州鉄道に寄り道。こちらも13年ぶりの乗車です。13年前に乗ったのも写真と同じキテツ1形でしたが、当時でさえくたびれてたのにさらにボロっちくなってましたね。シートはあちこち擦り切れてたし、クーラーも半分故障していて「じゅうぶんな冷房ができません」という貼り紙がしてある始末。元々簡素な作りなのに、昭和60年製のレールバスをよくもまあ使ってるものです。とっくに耐用年数は超えてますよね。

 線路も「保線ちゃんとやってんのか?」ってくらい草むしててガッタガタ。最高速度は40キロも出さないのに、クラクラ揺れながら走るんで乗り心地は悪いです。車内放送も一切なし。不動産会社の紀州鉄道がやってなければ、とっくの昔に廃止になってるレベルの路線です。だがそれがいいのだけれどw。

IMG_7403[1].jpg


 わずか8分で終点の西御坊駅に到着。入り口だけ最近塗り直されたようですが、ほとんど廃屋のような建物です。よく潰れずに建ってるなという感じ。折り返しまでは20分もあるので、紀伊御坊駅までの約数百メートルを歩いてみることにしました。紀伊御坊でしか売ってない硬券乗車券も欲しかったですし。

 御坊からは113系2両編成で紀伊田辺へ。泊まったホテルのすぐそばにTSUTAYAがありまして、fripSideとかLiSAの新曲を借りられてよかったです。


 2日目。朝7:55発の新宮行きで出発ですが、待っていたのは105系電車でした。

IMG_7413[1].jpg


 紀伊田辺〜新宮間はほとんど105系の独擅場なんで諦めてはいましたが、3時間弱も乗る列車でオールロングの105系はやはりキツイです。海が見えて景色のよいところも多いのでなおさら。ものすごく空いていれば別にいいけど、終始そこそこの乗車率だったのでやはり居心地がよくありませんでした。

 新宮からは多気行きの列車に乗り継ぎ。どうせキハ11の2両とかだろうなーと思ってたら、嬉しい事にキハ48の2両編成でした。

IMG_7415[1].jpg


 約2年後にはJR東海から消滅する予定の最後の国鉄形式である同車ですから、ここで乗れたのはホントラッキー。欲を言えばなんちゃって国鉄一般色車だったらなおよかったですが、まあ贅沢は言うまいです。多気までの3時間ちょっとを、ずっと1ボックス占領して行けたのでとてもよかったです。

 しかし、問題がひとつ。この列車は10:52に新宮を発車して多気に着くのは14:17なんですが、新宮で昼食の調達ができなかったんです。新宮は駅弁を扱っている駅で、「めはり寿司」とか「さんま寿司」があるんですが、売店に行ったら見本しか置いておらず。「お弁当売ってないんですか?」と尋ねたら、「もうすぐ入荷する予定だけど52分の列車には間に合わない」とのことでした。これで、14:17までお昼にありつけないことが確定。キオスクでお菓子でも買えばよかったですが、発車時刻が迫ってきたので自販機で飲み物を買うのがやっとでした。

 途中、紀伊長島で11分ほどの停車時間があったので、一縷の望みを持って下車してみたら、駅にはキオスクすらなし。駅を出てみても営業している店がなく、食べ物を確保することはできませんでした。ふと改札を見たら「3月16日ダイヤ改正で特急列車の車内販売はなくなりました。ご乗車の際はあらかじめお弁当などを購入して乗ってください」という旨が書かれた貼り紙がありましたが、あらかじめ購入っていったいどこで買えばいいのよ。駅でも売ってない、駅前でも売ってない、車内でも売ってないの三拍子じゃ、ちょうど食事時の列車に乗らなきゃいけない場合は詰みますよねー。だいたい管内の車販全部廃止とか、東海の在来線軽視もここに極まるって感じですわ。

 終点の多気駅前にあったやる気のないヤマザキエンショップでサンドイッチを買い、ホームで立ったままもそもそと食しました。ここからは名古屋行きの快速みえ16号に乗りますが、既にホームには行列ができていて座れそうな感じが全くしません。案の定、名古屋までずっと立ちになりました。名古屋ではきしめんをすすって新幹線に乗り込み、今回の旅行は終了。青春きっぷはあと1日分残ってますが、どこへ行こうかなー。

【おまけ】

 鵜殿駅でキヤ95系とすれ違いました。ラッキー。

IMG_7417[1].jpg


 さて、それではスイッチ始めます。


1.竹中直人の「秀吉」は、印象に残って
 いる
 いない


2.「5名様に当たる」と言っといて、実際にはそれ以下の人数にしか当たってないなんてこと
 あると思ってた
 ないと思ってた


3.準決勝になって初めて「その打法はダメよ」と言うのは
 ひどい
 ダメなものはダメなんだから仕方ない


4.こち亀で、両さんがゴキブリを養殖する話を
 読んだことある
 読んだことない


5.音楽を聴きながら仕事をしたら
 はかどる
 はかどらない


6.いい加減、ツイッターは免許制にでもしたほうが
 よい
 よくない


7.米国で、GTAをやってた8歳の子が90歳の女性を射殺しました
 銃を子供の手の届くところに置いとくのが悪い
 GTAみたいな犯罪ゲーがあるのが悪い


8.「あずきバー」が好きです
 はい
 いいえ


 今週は以上です。



atsuの回答と日ス輪参加ブログ一覧
posted by atsu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 私のスイッチ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

勝手にスイッチ 第253回

 土曜から月曜まで行われている、FF14新生エオルゼアのオープンβテストに参加しております。私にとってこの3日間は、このゲームを買うか買うまいか判断する大変重要な期間です。なにせ私、せっかくカミュさんに誘っていただいたPSO2を、たった1カ月ちょいで飽きてやめちゃった前科がありますからね。PSOと違ってFFはパッケージ代と月額料金がかかるので、買ってからすぐにやめちゃうわけにはいきません。

 とは言え、今のところまだ買うという決断ができないんですよね…。実に悩ましいところです。とりあえず、キャラだけはかわいいんで愛着が持てそうなんですが、PSOのときもそれだけじゃ続ける動機にならなかったからなあ…。

CaptureModule 2013-08-18 12-46-05-255.jpg


CaptureModule 2013-08-18 14-42-38-883.jpg


 で、こちらが私のキャラです。前々から公言していた通り、ミコッテ♀。それ以外の選択肢はやはりなかった。名前は30分くらい悩んだ挙句、「Halu Tomekey」と付けました。「ハル・トゥミーキー」と読みます。ファミリーネームは好きな漫画家の冬目景女史から、ファーストネームは冬目景の「イエスタデイをうたって」のヒロイン、野中ハルから頂戴してます。我ながら良い命名ができたと自負してますw。

 さてと、とっととスイッチ書いてまたエオルゼアに戻らねばなりません。何せ、もう時間がないですからね。

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

1.吉野家の参入で、ピザの価格破壊が起きたら
 歓迎する
 歓迎しない


2.数十年前の時代を描いた作品に、喫煙シーンが多いのは
 当たり前
 当たり前じゃない


3.命の保障ができないのなら、夏季のペット預かりサービスは
 やめたほうがよい
 やめなくてよい


4.芸能界復帰の加護亜依に、需要は
 ある
 ない


5.日テレ「24時間TVの司会はノーギャラです」
 信じる
 ウソつけ


6.安倍首相は靖国に参拝
 すると思ってた
 できないと思ってた


7.「はだしのゲン」は子供に見せるべきじゃないと
 思う
 思わない


8.気温30℃は、とても涼しいと思うように
 なった
 なってない


 今週は以上です。



atsuの回答と日ス輪参加ブログ一覧
posted by atsu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 私のスイッチ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

四国完全制覇の旅・その3

 3日目は琴電のターミナル・瓦町駅からスタート。お盆休み期間とはいえ月曜なので、駅前通りにはそれなりに通勤客の姿が目立ちました。

 琴電の未乗区間は長尾線と志度線。この日の予定は細かく決めてなかったので、改札を入って先に発車する長尾線の電車にまず乗りました。

IMG_7296[1].jpg


 やってきた電車は元京急の1300形。瓦町駅は暗いのでシャッタスピードが遅くなり、意図せず流し撮りみたいになっちゃいました。拡大するとブレてるけどまあこのサイズなら何とか見られますね。

 朝方の下り電車なので、車内は空いてました。約30分で終点の長尾に到着。これで残すは志度線のみです。

IMG_7299[1].jpg


 瓦町まで戻り、今度は志度線の電車に乗り込みます。待っていた電車は元名古屋市営地下鉄の700形電車。琴平線・長尾線と異なり、志度線の電車は元名古屋市営地下鉄の車両のみが使われています。

 琴電完全乗車は少し後回しにして、まずはいったん八栗で途中下車。ここで、四国唯一のケーブルカーである四国ケーブルの八栗ケーブルへ向かいます。

 八栗駅でレンタサイクルを借り、暑い中をえっちらおっちら15分程こぐと、八栗登山口駅に到着します。借りた自転車は電動アシスト付きだったので、途中の坂道も比較的楽に登ることができました。アシスト付き自転車には初めて乗りましたが、最初に踏み出すときにググっと加速するのが気持ちいいですね。

IMG_7304[1].jpg


 乗客は私を含めて2人。休日は観光客も多いのでしょうが、平日はこんなものでしょうね。山頂駅付近の土産物屋兼食堂では、店のおばさんがヒマそうにしてました。

IMG_7320[1].jpg


 山頂には第八十五番札所の八栗寺があります。写真の展望台は比較的最近できたらしいですが、なかなかの眺望でした。でも、あまりに日当たりが良すぎるんで長くはいられませんでしたわ。

 30分ほど滞在して山を降り、ちょうどお昼前だったので坂道の途中にあった「うどん本陣山田家本店」に寄ってみました。何も下調べはしていませんでしたが、ひっきりなしに車が出入りしていたところを見ると有名店のようですね。一人で、しかも自転車でやってきたのは私くらいでしたが、美味しゅうございました。

 八栗駅へ戻れば、四国完全制覇までラストスパートです。琴電志度まで乗れば、めでたく四国乗り潰し終了。13時ちょうど、私を乗せた電車は時間通りに琴電志度へ到着しました。

IMG_7334[1].jpg


 さて、目的は達したのでここからはロスタイムとなります。帰りの新幹線は岡山発17:40なので、それまでどうやって過ごすか。この日はまだバースデーきっぷを全く使ってないので、そうだ、徳島まで意味もなくうずしおに乗ってみることにしました。

 やってきたうずしお13号でしたが、自由席がほぼ満席。そうなんです。この日から、徳島では阿波おどりが開催されていたのですよ。仕方なくデッキに立ちましたがデッキは冷房が効いてなくてクソ暑いので、こりゃ徳島まで行くのは無理だわと思い、次の三本松で降りて引き返すことにしました。

 高松行きのうずしお16号はガラガラでした。ま、人の動きとは逆なので当たり前です。空いてる車内でやっと落ち着けたと思ってくつろいでいると、車掌さんが検札にやってきました。自由席への乗車の場合、車掌さんは必ず、どこまでの乗車かを確認してきます。

「お客様は高松まででよろしいですか?」

「はい」

「承知致しました。それともうひとつ…」

 他に何か訊くことあるのかな? と思って私が顔を上げると、車掌さんは帽子のつばを指でつまんで口元に笑みを浮かべながら

「お誕生月、おめでとうございます」

と言いました。うわー、初めて言われましたよコレ。前にもバースデーきっぷ使ったことありますが、一度だって言われたことないです。買う時だって言われてないです。一拍言葉を置いてから絶妙のタイミングで言葉を発した車掌さんも実に粋でかっこ良く、私も咄嗟に「あ、ありがとうございます」と言葉を返しました。他の車掌さんや駅員さんは全く言わないことから、JR四国的には言うように指導したりはしてないんでしょうが、だからこそマニュアル的でない車掌さんの対応にとても好感が持てましたね。

 何気ないたった一言が、とてもよい気持ちにしてくれるのだから不思議なものです。8月12日のうずしお16号に乗務されていた徳島運転所の車掌さん、本当にありがとうございました(不覚にもネームプレートのお名前を確認しなかったのが残念でした)。これからも多くのお客様をよい気分にしてあげてください。

 てな感じで、四国完全制覇の旅は終わりを迎えました。これで、未乗区間のある鉄道事業者は

平成筑豊鉄道
筑豊電気鉄道
帆柱ケーブル
岡本製作所
南阿蘇鉄道
くま川鉄道
沖縄都市モノレール

の7社のみとなりました。残すところあと122.0キロです。パーセンテージでは1.633%。来年中には全国制覇達成したいですね。まずはめんどくさい沖縄都市モノレールを片付けてから、九州の未乗路線を潰していきましょうか。ちなみに、達成駅は南阿蘇鉄道の高森駅にしようと思ってます。よし、がんばろう。

posted by atsu at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

四国完全制覇の旅・その2

 2日目は、松山8:08発の特急宇和海5号で出発。もちろんグリーン車です。

IMG_7217[1].jpg


 宇和島で乗り継いだ窪川行き4818Dは、「海洋堂ホビートレイン」として走っている列車です。フィギュアで有名な海洋堂が運営する「海洋堂ホビー館四万十」とのコラボ企画の列車で、車内にフィギュアの陳列棚などが置いてあります。さらにこの日は、「サイクルトレインにゃんよ号」を連結した2両編成での運転でした。

 しかし、残念ながら自転車を持ち込んで乗車した客は皆無。「にゃんよ号」の車両は自転車の客しか乗れないため、完全に空気輸送でした。「ホビートレイン」のほうは陳列棚を置いたために座席が減っていて、そのせいで立ち客がチラホラいるくらいの乗車率だったので、どうせ誰もいないならあっちにも乗せてくれないかなーと思ったりもしました。

 4818Dは江川崎で乗り捨て、対向列車の4819Dで二名という無人駅まで戻りました。そしてここから、再び窪川行きの4820Dへ乗り込みます。

IMG_7252[1].jpg


 この4820Dは、8月31日まで「清流しまんと2号」というトロッコ列車として運転されています。無蓋貨車に布張りの屋根を付けただけの簡素なトロッコ車両ですが、JRでこういう車両に乗れるのはもはやこの列車だけ。10月からは水戸岡鋭治氏の手によってリニューアルされ「しまんトロッコ」となるので、この姿を見られるのもあとわずかです。

IMG_7226[1].jpg


 トロッコ車両に乗ることができるのは十川駅から土佐大正駅までの2駅間で、時間は25分ほど。短いだろうなと思ってましたが、やっぱり短かったです。でも、トロッコ車両はクソ暑かったので、そのくらいの時間が限界でしたね。途中、四万十川で川遊びをしている人たちがいましたが、私も混ぜてもらいたかったですよ。なにせこの頃、四万十市江川崎周辺の気温は日本観測史上最高気温に迫る40.4℃を記録してたわけですからね(翌12日には史上最高の41.0℃を観測)。


 窪川からは特急南風20号で高知方面へ。当初は後免まで行って後免町から土佐電鉄の乗りつぶしをしようと思ってましたが、やっぱり気が変わって伊野で降り、西端から乗り始めることにしました。ちなみに伊野線は学生の頃に乗っているので、初乗車ではありません。

IMG_7269[1].jpg


 伊野から乗った電車は、何だかよくわからない萌えキャラが描かれた痛電車でした。デート・ア・ライブのイラスト担当であるつなこの絵に似てるなと思いましたが、よくある絵柄なんで多分関係はないでしょう。

 土佐電鉄は路面電車ですが、高知市中心部以外の区間は併用軌道と専用軌道の間の子みたいなところが多いです。あえて言うなら、「路側帯電車」という感じ。道路が狭い朝倉周辺では一車線道路の左車線に単線の線路が引かれているのですが、高知方面から伊野方面へ向かう電車にとっては道路の右車線(=対向車線)を逆走する形になります。ゆえに、高知方面へ走っている車にとっては、前から電車が走ってきたら対向車線にはみ出して走らないと電車と正面衝突してしまうという、何ともエキサイティングな区間なのです。





 その朝倉辺りから、客はどんどん増えていきました。外を見ていると、街のあちこちに色とりどりの衣装を着た人たちと派手な装飾を施したトラックがたくさんいます。そう、この日は「高知よさこい祭り」の日だったんですね。土電唯一のジャンクションであるはりまや橋電停付近は、もう人の波。土電の社員さんがホームごとに詰めて、多数の乗客を捌いてました。

 はりまや橋で桟橋線に乗り換え、未乗区間の桟橋線はりまや橋〜桟橋通5丁目間に足を踏み入れます。終点の桟橋通5丁目まではわずか数分ですが、最初は満席だった車内も終点に着く頃には私一人だけとなりました。この路線で終点まで乗るのは鉄ヲタくらいだと前から聞いてましたが、よさこい祭りの真っ最中でもそれは変わらないのですね。

 はりまや橋まで戻り、続いて後免線へ。こちらも、はりまや橋を出たときは超満員でした。電停ごとに降りる人もそれなりにいるものの、同じくらいの人がすぐ乗り込んでくるので、やっと座れたのはもうすぐ高知市と南国市の境界となる領石通駅辺りでした。

 そうそう、土電後免線には「日本一」の区間があります。どんな日本一かというと、電停と電停の距離が最も短いというものです。一条橋駅と清和学園前駅の間で、距離はわずか84メートルしかありません。



 元々あったのは一条橋駅で、清和学園前駅はそこの関係者から「80メートルも歩くの超ダリィし〜。金出すから駅作ってくんね?」という要望があったので後からできました。私が乗った時は清和学園前のみ停車し一条橋は通過したので、所要時間はわずか10秒ほど。危うく見逃すところでございました。

 無事終点の後免町に到着し、土佐電鉄は完乗。これで高知県の鉄道の制覇です。ここからは土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線で高知へ戻り、南風でこの日の宿泊地である高松へ向かいました(南風のグリーン車に乗ったため宇多津で併結している高松行きしまんとに乗り移り)。

 その3へ続く。

posted by atsu at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

勝手にスイッチ 第252回

 高松のホテルからお届けしております。

 本当は四国旅行の2日目レポを書こうと思いましたが、ちょっと疲れて文面がまとまらないのでこれは後日書きますね。今週はそれほど忙しくないので多分大丈夫なはず…。

【今週のアニメ感想】

・Free!

 ついこないだまで泳げなかったやつに、海での遠泳をやらせるのはかなり無謀なのではなかろうか…。はっきり言って2人とも死んでしまいそうな勢いなんですがどうやって助けるんでしょうかね。

・帰宅部

 戯曲「魔王」とか太宰とか夏目漱石とか、パロネタが随分と教養的でしたね。高校の時「こころ」を読まされたけどあまり頭に入って来なかったのを思い出しました。


1.「バルス祭り」はサーバー負荷テストとして
 有用だ
 有用でない


2.沖縄で米軍のヘリが墜落しました
 古いヘリは危ない。早くオスプレイに置き換えを!
 ヘリですら落ちるんだからオスプレイなどもっての外!


3.与那国町長選挙で勝つのは
 自民・公明推薦の現職
 社民・共産・社大推薦の新人


4.慰安所で働いていた男性の日記は、日本にとって
 よい資料
 悪い資料


5.緊急地震速報が鳴り響いた時、あの予言が的中したかと
 思った
 思わなかった


6.韓国のことわざを何か挙げてと言われたら
 すぐ答えられる
 答えられない


7.マー君が開幕16連勝の偉業達成。斎藤佑樹が彼に追いつく日は
 来る
 来ない


8.お祭りをやってると、心が高揚
 する
 しない


 今週は以上です。





atsuの回答と日ス輪参加ブログ一覧
posted by atsu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 私のスイッチ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

四国完全制覇の旅・その1

 短い夏休みを利用して、3日間の予定で四国へ来ています。目的は、伊予鉄・土電・琴電の未乗区間と四国ケーブルの八栗ケーブルに乗車し、四国の鉄道を完全制覇することです。

 本来ならこの3日間は北海道へ行ってるはずでしたが、例の事故の影響で乗りたかった「お座敷えさし号」がお座敷じゃないただの「えさし号」になってしまったので、行く意味がなくなって四国へ行き先を変更したのでした。そしたら北海道では9日の豪雨で函館本線が不通になったりしてしまったので、本当に計画を変えて正解でしたね。

 さて、朝6時ののぞみで東京を発った私は、岡山から快速マリンライナーへ乗り込みました。今回はちょっと奮発しまして、初めてグリーン車に乗車。それも、1号車1番A席のパノラマグリーン席です。

IMG_7077[1].jpg


 A席は運転士の真後ろなんでちょっとイマイチではありましたが、それでも瀬戸大橋で前が見えるというのは格別なものです。

 マリンライナーは四国に渡って最初の停車駅である坂出で降り、ここで「バースデーきっぷ」を買います。この切符は3年前に四国へ来た時にも使いましたが、誕生月に限ってJR四国の全線が特急のグリーン車まで3日間乗り放題になるという大変オトクな切符です。しかもお値段はたったの1万円。同一工程なら3人まで一緒に旅行することもできます。最近九州も同じような切符を出しましたが、そちらは同伴者用切符がないので四国に劣ります。JR四国さんは、経営が苦しいにもかかわらず大変太っ腹でございます。

IMG_7090[1].jpg


 坂出からは一路松山を目指しますが、まずは多度津行きの特急「いしづち11号」に乗車します。「いしづち」は本来、高松〜松山間を走っている特急で、宇多津で岡山から来た「しおかぜ」と併結するのですが、GWやお盆・年末年始の多客期になると、全編成を「しおかぜ」として運転するために高松〜宇多津または多度津間の区間運転にされてしまうのです。

 つまり高松からの乗客は必ず乗り換えを強いられているわけですが、この時期は岡山からの客が圧倒的に多いので仕方ないということでしょうか。事実、「いしづち」はガラガラでしたが「しおかぜ」は自由席に立ち客が出るほどの状態でやってきましたから。

 でも、写真のキハ185系が予讃線内で特急運用に入るのはこの臨時「いしづち」くらいでしか見られないので、貴重とも言えます。

IMG_7097[1].jpg


 多度津からはやっと松山行きの「しおかぜ7号」に乗車。自由席はかなり混んでましたが、グリーン車が確保できたので楽ちんでした。松山には定刻の13:13に到着。


 松山に到着後、すぐに伊予鉄未乗区間の乗り潰しにかかります。電車内で1日券(400円)を買い、さっそく松山市駅前へ。

IMG_7107[1].jpg


 松山市駅前にはちょうど坊っちゃん列車がスタンバイしていました。今や松山の街にすっかり馴染んだこの列車ですが、私はまだ乗ったことがありませんでした。SLの形をしているけれど実はディーゼル機関車で、走りだしてみるとけっこう豪快なエンジン音がします。でも、本物でなくても何とか忠実に再現したものを走らせたいとした伊予鉄の心意気に感心します。

 客車も忠実に再現しているので、もちろん冷房などはなし。乗り込んでみるとサウナ風呂のような汽車だ。しかし、その暑さの中でも運転士さんや車掌さんは汗まみれで素敵な笑顔を振りまいている。実に見事である。とは言え、帰りもこれに乗ろうという気持ちにはさすがになれませんでしたw。

IMG_7124[1].jpg


 終点の道後温泉駅では機関車の方向転換作業を見学。当鉄道にターンテーブルなどという設備はないので、なんと機関車は自らリフトアップして人力で回すという離れ業を行なっています。イメージではものすごく重そうだと思っていたのですが、見ていると意外にすんなり回ってました。客車も二人の人力で引いたり押したりして入れ替えを行います。最初は少し力が要りますが、鉄の車輪に鉄のレールだから、転がり始めれば楽みたいですね。

 道後温泉からは普通の電車で折り返したのですが、突然消防車がけたたましいサイレンを響かせて走ってきました。何だろうと思って消防車が向かった先を見てみたら、空には真っ黒い煙が立ち上っていました。

IMG_7144[1].jpg


 消防車は次から次へとやってきます。ホテルにチェックインしてからニュースを見たら、焼けたのは宝厳寺というお寺で、何でも重要文化財の一遍上人像が失われてしまったみたいですね…。なんてこった。

重文の一遍上人立像焼失か…松山・宝厳寺で火災(読売)

 さて、まあ火事は私がじたばたしてもどうにもならないので、気を取り直して乗り潰し再開です。先ほどの坊っちゃん列車で城南線の上一万〜道後温泉間に乗車したので、あと軌道線で乗ってないのは本町線(西堀端〜本町六丁目)だけとなりました。

 しかしこの本町線というのが、30分に1本しか電車が走らない閑散路線なのですよ。松山駅前〜松山市駅前〜道後温泉間などは1時間に10本以上の電車が走っているのに、ここだけ極端に少ないのです。沿線は市の中心部で、決して人が少ない地区というわけではありません。道路自体も片側3車線でとても立派です。でも、線路は単線。思うに、あまりに本数が少ないから乗る人がいないんじゃないですかね? 本町六丁目まで乗ったのは私を含め2人だけでしたが、こちらも他の路線と同じくらい走っていれば乗る人は多いと思います。

 終点の本町六丁目に着いた時点で、伊予鉄の軌道線は完全乗車達成。あとは鉄道線の高浜線と横河原線に乗れば伊予鉄は完璧です。本町六丁目から城北線に乗って、鉄道線との乗換駅である古町駅に行きました。

 期間限定で発売されている「郊外電車一日乗車券」(1000円)を買い、高浜線の高浜行きに乗車。高浜線はその路線のほとんどが複線という、地方私鉄としてはかなりの高規格路線です。伊予鉄の電車は最近、元京王井の頭線の車両が多くなってきていますが、このときやってきたのは伊予鉄オリジナル車の610系でした。

IMG_7171[1].jpg


 終点の高浜駅。なかなか雰囲気のよい木造駅舎です。最近、福山雅治主演の「真夏の方程式」という映画のロケに使用されたようで、そのポスターと劇中で使われた「玻璃ヶ浦駅」という駅看板が飾ってありました。ところで私は知らなかったのですが、隣の梅津寺駅は「東京ラブストーリー」のロケ地なんですね。なんか、ホームの柵に赤いハンカチがたくさん結びつけてありました。

 折り返しの電車はそのまま横河原線直通の横河原行きとなりました。なのでこのまま乗っていれば、横河原線も完乗達成できてしまうというわけです。途中、猛烈に眠くなってきたので、あえてかぶりつくことで眠気を抑制しました。

IMG_7178[1].jpg


 横河原線終点の横河原駅。こちらも古めかしい木造駅舎です。こういう駅舎が古いながらも綺麗に使い続けられているというのは実にいいですね。

 これで、初日の目的は全て達成。時間が余ったのでこのあとは、坂の上の雲ミュージアムと松山城に行きました。夜には道後温泉本館にも行こうかなと思いましたが、さすがに疲れたのとクソ暑い時に暑い風呂に入りたくないと思ったのでやめちゃいました。

 明日は予土線を経て高知へ向かいます。では。

posted by atsu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

勝手にスイッチ 第251回

 時間がないのでアニメ感想だけ書いてさっさとスイッチ始めます。

・わたモテ

 ゆうちゃんかわいいなあ。特に自室でメガネかけてるシーンがツボです。しかし安定して面白いですね。

・銀の匙

 北海道にはデリバリー圏外なんていう地域があるのか…。恐るべし。確かに、宅配ピザの圏外だったら冷凍ピザ以外を食べる機会ってほとんどなさそうですね。家で作って食べるようなものじゃないし。

・あの花

 なるほど、これが女装ゆきあつというやつですか。あんなワンピース着ちゃうと、男の体格がどうしても目立ってしまうものですね。

・ダンガンロンパ

 桑田へのお仕置き「千本ノック」にはちょっと引いてしまった私ですが、今回の「大和田バター」には思わず吹いてしまいました。まさかちびくろサンボとは。

・サーバント

 長谷部の姉ちゃんかわいい。長谷部と同じ顔なのに。中の人が小林ゆう画伯とは気付きませんでしたわ。一宮さんと千早さんがカップルだったっていうのも意表を付いていてよかったですね。

・有頂天

 たぬき鍋って美味しいんですかね? どこに行ったら食べられますかね? ところであやねるが声やってる海星は、最後まで姿を現さないんでしょうか。姿が見えないと魔梨威さんが喋ってるようにしか聞こえないんですけどw。



1.日韓戦で旭日旗を振ったのはレイシストしばき隊の関係者でした
 許せない
 ほっとけ


2.草g剛が演じる手塚治虫の絵面が
 イメージできる
 イメージできない


3.政治家は軽々しく「ナチス」に言及すべきでないと
 思う
 思わない


4.NEWSファンのことを「パーナ」と呼ぶって
 知ってた
 知らなかった


5.ヘタクソな生歌を聴かされるくらいなら、口パクのほうが
 よい
 よくない


6.マック赤坂「もう選挙には出ません」
 えっ、そんな!
 あっそ


7.「世田谷」ナンバーは「品川」ナンバーより
 ダサい
 ダサくない


8.夜店のくじ引きでもらえる型抜きが
 得意でした
 苦手でした


 今週は以上です。





atsuの回答と日ス輪参加ブログ一覧
posted by atsu at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 私のスイッチ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする