2008年06月21日

ヤフーの威力を思い知った日

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」(産経)

 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。

 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。





 私は18日のエントリで件の素粒子を取り上げましたが、今日になってこの記事がヤフーのトップ記事に載ったために、ウチのブログにもすごいことが起こりました。なんと、ヤフーのトピックスに当該エントリへのリンクが張られたのです。

 既にパックナンバーへ入れられてしまっていますが、そのトピックスはコチラ。「朝日新聞の記事に対する反応」として、ウチを含め3つのブログが紹介されました。それを受け、当該エントリにはアクセスが殺到、コメントが殺到したのですが、初めてのことなのでびっくりしましたね。これを書いている21日午前1時時点で、コメント数は112に達しました。

 最初は、すわ炎上かと思ってびびったんですよ。だけど恐る恐る開いて読んでみると、大半は私の意見に賛同するコメントばかり。ホッと胸をなで下ろしましたね。

 当ブログへリンクが張られた理由としては、この記事が出てきた時点で素粒子の全文を引用しているブログがウチくらいしかなかったからだろうと思います。素粒子はツッコミどころ満載で、2ちゃんのネタにもなりやすいコラムなんですが、如何せんアサヒコムにアップされないのでネット上で話題になりにくいんですよね。ネット上に始めからあったのならすぐに2ちゃん等で騒がれてただろうし、ウチへリンクが張られることもなかっただろうと思います。


 で、最終的にアクセス数はどのくらいいったのかというと、このくらいです。

20日のページ別アクセス数

 なんと、14万2292人! ページビューに至っては、23万7278回という物凄い数字が出てました。今さらながら、ヤフーの影響力は恐るべしです。

 参考までに、前日の19日のアクセス数はどのくらいだったのかというと、このくらいです。

19日のページ別アクセス数

 676人(笑)。20日の210分の1ですよ。19日はちょっと少なめでしたが、当ブログの平均訪問者数はだいたい1000人弱といったところです。これだけでも、いかにヤフーに張られただけで多くの人が訪れるのかがよく分かりますね。

 次は、20日の時間別アクセス数です。

20日の時間別アクセス数

 10時台は55人しか来てなかったのに、トピックスに張られた11時台には1万3917人に増え、12時台には最高値の5万4067人を記録してます。その後16時台まで万単位で推移し、恐らくトップページから落ちたと思われる17時台に3749人に減りました。23時台にはついに300人を割り込みましたが、それだって普段と比べればものすごいアクセス数なわけです。

 おかげさまで、20日21時ごろのSeesaaブログ最新ランキングでは、当ブログが第1位になっていました。あと少しするとデイリーランキングも出ると思いますが、どのくらいになっているか楽しみですね。もしも1位だったら、私はもう思い残すことはありません(笑)。

20日のSeesaaブログ最新ランキング


 昨日はたいへん多くの方にお越しいただいたうえ、貴重なご意見までたくさん頂きまして恐縮至極でした。今回お越しいただいた人たちの中から、常連さんができて、さらにその中から日ス輪参加者ができたらなお嬉しいことだと思います。今後も当ブログ「atsuのB級ニュース批評」をご愛顧下さいませ。
posted by atsu at 01:28| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | ニュース−政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の昼、Yahoo!を見て爆笑しました。
アクセス数が何件あったのか楽しみしていました。
ページビュー23万って、ウチでいったら
ほとんど3年分ですものね。

「素粒子」子も「リアル夜神月」くらいで止め
とけばこんな騒ぎにもならなかったろうに。

来週米長将棋連盟会長が日記にどんなコメントを
出すかもちょっと楽しみです。スルーしないで
欲しいなぁ。
Posted by haruhico at 2008年06月21日 07:45
自分のところも昨日はいつもより多かったんで「たいした事を書いていないのに何事?」って調べたらatsuさんのところから流れてきたものでした。
昔、自分のほうでも「シーランド公国」の件でエントリーした時に同じようにものすごいアクセスがありました。死刑や朝日新聞とネット上の話題になりやすいネタが入っているエントリーでしたからあそこまで伸びたんでしょう。日本のネットユーザーの約半数がポータルサイトとして使っているといわれているYahoo!。
仰るとおりものすごいものですね。
Posted by カミュ at 2008年06月21日 08:05
第一位奉祝記念式典をぜひ☆
Posted by 水尾。 at 2008年06月21日 10:13
裏を返せば、ピントのずれたエントリを載せたりすると、炎上したり祭りになる確率も高くなったということですね。実に楽しみです(笑)

という冗談はさておき、件のエントリはコメントが多すぎて辟易しました。
そして、まぁみんな鬱屈しているのだなぁと思いました。そんなに言いたいことがあればブログを持てばいいのに、なんて意地の悪いことを考えてしまいます。
Posted by 佐倉純 at 2008年06月21日 11:51
>haruhicoさま

お気付きでしたか。
14万人という訪問者数は、だいたいウチでは半年分の数でした。
おかげで、雀の涙ほどしか稼げないヤフーのアドパートナーの収益額が一日で800円を超えましたよ。
アドセンスも張っておけばよかったと思いましたね。

「リアル夜神月」はよい例えです。
だけど、朝日しか読まないような世代は意味が分からないでしょうね。

>カミュさま

カミュさんのところまで影響が波及しましたか。
当該エントリで、カミュさんが一番目にコメントしてたから、そこから流れたんでしょうね。
何だかんだ言って、ヤフーをホームに設定している人ってかなり多いですよね。
アクセス解析で検索エンジンを調べても、ヤフーはグーグルの3倍以上いますからね。

>水尾。さま

記念祝典やりますか。七月のあたまくらいに。
おかげ様でデイリーランキングも一位でした。
わたしゃもう死んでも悔いはありません(笑)。

>佐倉さま

件のトピックスは産経ソースのためにコメント欄がなかったので、ウチがヤフーのコメント欄の代わりに使われた感はあります。
書き込みの書き方を見てると、私に対してのコメントはほとんどありませんし、自分のブログへのリンクを表示させている人もほとんどいませんでしたから。
Posted by atsu at 2008年06月22日 09:07
はじめまして。
この記事をatsuさんのブログで初めて知りましたが、謝罪の一言もない朝日新聞の対応がひどすぎるなとつくづく思いました。
そういう点では、atsuさんのストレートで一刀両断なブログにはつくづく共感させられる面があります。

ところで、この騒動について玄倉川さんのブログで、
『死に神という言葉に反発する「善意の人たち」が私には怖い。彼らのほとんどは死刑制度維持を望んでいるのだろう。それが社会的正義にかなうと信じているのだろう。だが、法務大臣の仕事、つまり「誰にいつ死を与えるか決定する」のが死神の仕事そのままであることを知らない、あるいはそれを否定して死神という「言葉」に怒る姿が私にはグロテスクに見える。厳しい現実から目をそむけて「言葉」にアレルギーを起こすのは偽善的だ。』という記事がありました。

玄倉川の岸辺「死神の仕事」
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa

atsuさんは今回の玄倉川さんの意見に対して、どのような見解をお持ちでしょうか。私は、ストレートで分かりやすいatsuさんと比べると、食い違う部分もあるし、「死に神」発言を抗議している人に対して偽善というのは違和感があると思います。
Posted by ちょっとした通りすがり at 2008年06月23日 18:36
>ちょっとした通りすがりさま

書き込みありがとうございます。

件の素粒子ですが、いちおう21日付の同欄で謝罪めいたことは書いてました。

以下引用。

 鳩山法相の件で千件超の抗議をいただく。「法相は職務を全うさているだけ」「死に神とはふざけすぎ」との内容でした。

 法相のご苦労や、被害者遺族の思いは十分認識しています。それでも、死刑執行の数の多さをチクリと刺したつもりです。

 風刺コラムはつくづく難しいと思う。法相らを中傷する意図はまったくありません。表現の方法や技量をもっと磨かねば。

引用ここまで。

まあ今までの朝日だったら完全無視を決め込んでいたと思うので、言及しただけでもよしとします。

私は既に嫌朝日と言うよりは呆朝日・諦朝日という感覚に達しているので、いつまでも執拗に責め立てる事はしません(笑)。

ちなみに、玄倉川さんですか。ここはちょっと有名ですよね。
こういう人は私とはどう考えても思想が合わないし、向こうも人の考えを受け入れる気なんてさらさらないでしょうから、私は関わらないようにしてます。
まあ向こうがそう思うんだったらどうぞご勝手にということですね。
いちいち相手にしてたら精神的に疲れるので。
Posted by atsu at 2008年06月23日 21:32
お、玄倉川さんですか。
両方のブログに古参としてコメントしている身でコメントしてみようw

玄倉川さんの考えていること、言わんとすることは、まぁなんとなくわかりますけどね。
鳩弟本人や、その支援者が怒るならともかく、今まで素粒子や鳩弟の事なんて意識していなかった人間が、ここぞとばかり感情的に暴れているのが気持ち悪い、って事でしょう。

同じコラムを、朝日が書いたから祭りになっている感じで、産経の「断」で口の悪さで定評のある呉氏辺りが書いた文章だったら、こんな騒ぎになったかどうか、って話です。
(そもそも呉氏がこんなこと言わないでしょうけど)

私にはむしろムダに煽ろうとするちょっとした通りすがりさんのやってる事の方が変に感じますよ。
自分でやりなされ、とまでは言いませんが、人を煽るやり方は、あんまりいい物を感じないです。

>atsuさん
>嫌朝日と言うよりは呆朝日・諦朝日という感覚に達しているので

だったら、なおのこと、怒ったらダメですよ(笑)
いわんやエントリーをや。

「また朝日がアホな事やっとるわ・・」

これが諦朝日の正しい姿勢じゃぁないかと(笑)
Posted by 佐倉純 at 2008年06月23日 23:05
>佐倉さま

>だったら、なおのこと、怒ったらダメですよ(笑)
いわんやエントリーをや。

確かにそれはそうかも。
私もまだまだですわ。朝日に対して怒りを感じるなんて未熟もいいとこですね。

まあ私からひとつ言わせてもらえば、法相が怒ってから怒った人たちは遅いんですよね。
反応するなら、朝日に載った時点で反応しないと。
みんな、法相が怒ったあとになって必死に同調しすぎな気はします。
Posted by atsu at 2008年06月23日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック