2008年10月17日

出るなら出る! 出ないなら出るな!

中山前国交相、不出馬 「でない」「でる」…やっぱり「でない」(産経)

 次期衆院選への不出馬表明の撤回を検討していた自民党の中山成彬前国交相(65)=宮崎1区=は17日午前、「地元の自民党支部や後援会は強い出馬要請の気持ちを持っているが、私は不出馬の考えに変わりはない」との談話を事務所を通じて発表した。中山氏は古賀誠選対委員長にも同様の考えを伝えた。

 これに対し、古賀氏は17日午前、国会内で記者団に「中山氏個人の話だ。党が関与する話ではない」と語り、中山氏を突き放した。

 中山氏は国交相就任直後の9月25日、成田空港反対派住民を「ゴネ得」と批判するとともに「日教組が強いところは学力が低い」と発言し、28日に在任5日間で引責辞任した。今月4日に衆院選不出馬を表明したが、中山氏が後継に期待していた東国原英夫宮崎県知事の擁立が不調に終わったのを踏まえ、再び立候補に意欲を示していた。





 中山さんのことは、個人的には好きです。だから昨夜出馬の意向を示しているというニュースを見たときは嬉しかったんですが、そのときエントリを書かなくてよかったと思いました。中山さん、あまりにも前言翻しすぎです。

 日教組発言は間違っていると思いませんが、中山さんはあまりにも言葉が軽い。今回の煮え切らない態度を見て、その軽さがさらに顕著に見えてきました。一度「出る」と表明したからには、自民の公認を得られずとも、平沼さんのクラブに加盟して無所属で立つくらいの男気を見せて欲しかったです。県連にそっぽ向かれたくらいで翻意するのなら、はじめから出るなんて言い出すべきではありません。

 中山さんは政界引退後に論客になればいいと思ってましたが、こういうゴタゴタがあるとその道にも陰りが差しますよね。自分から辞めると言っておきながら、政界に未練タラタラだと思われてしまいます。これならば、出馬して討ち死にしたほうがはるかにマシでしたね。

 日教組批判発言は本当に勇気あるもので、その信念は素晴らしいと思います。だけど、中山さん自身が見苦しいことをすると、日教組批判まで胡散臭く見えてしまうんですよね。今も恐らく、世のサヨクは中山さんをせせら笑っていることでしょう。私は実に悔しいです。
posted by atsu at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック