2006年01月19日

落書きは言論活動ではない

建物への落書きは「建造物損壊」、最高裁初判断(読売)

 公園のトイレにペンキで「戦争反対」などと落書きしたとして、建造物損壊の罪に問われた東京都杉並区の書店員木下正樹被告(27)に対し、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は、上告を棄却する決定をした。

 決定は17日付。懲役1年2月、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。建物への落書きに建造物損壊罪が成立するとした最高裁の初判断で、同小法廷は「建物の外観や美観を著しく汚損し、原状回復に困難を生じさせたのは、損壊に当たる」と述べた。

 壁を壊すなど建物の機能を損なった場合は明らかに同罪が成立するが、落書きについては明確な司法判断がなく、拘留(30日未満)と科料(1万円未満)の罰則しかない軽犯罪法違反を適用することが多かった。今後は、5年以下の懲役が科される同罪を適用しやすくなり、商店街のシャッターなどへの落書きが社会問題化する中で、抑止効果が期待できそうだ。

 1、2審判決によると、木下被告は2003年4月、杉並区の区立公園内にある公衆トイレの外壁に、赤や黒のスプレー式のペンキを使って、「戦争反対」「反戦」などと大きな文字で落書きした。

 弁護側は、「落書きがあったからトイレを使用できないと思う人はおらず、建物の機能を損なっていないから、建造物損壊罪は成立しない」と無罪を主張していた。





 落書きは、どこまで行っても落書きに過ぎない。芸術性やメッセージ性など関係なく、全ての落書きは迷惑行為そのものである。

 反戦を訴えたいこの青年の気持ちは酌んでやろう。しかし、公共のトイレを無断利用してその言論の自由を行使する権利は君にはない。どうしてもやりたいのなら、自分の家の外壁(借家の場合はダメよ)か、自分の車にでも大きく「戦争反対!」と書けばよい。そんな車で走れば、きっと街行く人たちの注目を買い、自分のメッセージを社会に伝えることができたはずだぞ。

 しかし、弁護士たちの論理はイカレているとしか思えない。「落書きがあったからトイレを使用できないと思う人はおらず、建物の機能を損なっていないから、建造物損壊罪は成立しない」と言うが、私なら落書きがしてあるトイレには怖くて入りたくない。入れないということはトイレとしての機能が損なわれているわけであり、そのせいで私が漏らしてしまったらそれはこの青年のせいである。私のほかにも、落書きだらけのトイレに恐怖を感じる人は多いはずだ。落書きが多いということは、その近くに不審な輩が跋扈している証拠なのだから。

 まさか、割れ窓理論を知らないわけではないだろう。かつて落書きまみれだったニューヨークの地下鉄が犯罪の巣窟だったように、落書きの多さは治安の悪さにつながる。落書きを厳しく処罰することは全体の防犯にも役立つことであり、どんな落書きだろうと許すことはできない。勝手に描かれる身にもなってほしいものである。

 mumurさんによれば、この青年を多くの反戦団体が擁護しているそうである。いつも思うが、どうして彼らは「我らの正義のためなら何をやってもよい」という不遜な態度を貫くのだろうか。そのうち、平和のためなら自衛隊員を殺したりもしかねんとマジで思う。好き勝手やっておいて、それを咎められれば「思想弾圧だ!」と叫ぶんだから呆れるよね。

 繰り返すが、落書きはどんなものでもクソ。私は、仮に私と主張の合う「女系天皇反対」「人権擁護法反対」という落書きをした輩がいたとしても、そいつを擁護するつもりなど毛頭ないと断言しておく。

mumurブログのコチラの記事も併せてお読みください。


posted by atsu at 20:14| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | ニュース−社会 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そのうち、平和のためなら自衛隊員を殺したりもしかねんとマジで思う。

殺しましたよ。連中は。
 自衛官ではなく、警察官や仲間・一般市民を、ですが。
 学生運動の頃、この手のサヨクどもはテロや内ゲバ・暴力争議を繰り返し、多くの人を殺しました。
 (福島瑞穂の夫なんか、有名ですね)

 それでいながら、『思想で人は裁けない。悪いのは国だ。我々は無罪だ』なんて事、平気で言っています。

 そのうち本気で、民間人に言いがかりをつけて大量虐殺!なんてやるかも知れません。
Posted by さざなみ at 2006年03月17日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

主義主張のためには手段を選ばないなんてみっともないと思う
Excerpt: この世には私のような凡人の理解力が遠く及ばないほどブッ飛んだ思考回路を持った人たちが大勢いらっしゃいます。頭の中のどこをどうイジッたらそういう考え方が生まれるわけ?と聞きたくなるというものです。…別に..
Weblog: プロテクトX −傍観者たち−
Tracked: 2006-01-19 23:29

落書きすると、大変なことになりますよ・・・
Excerpt: 最高裁判決で、建物への落書きは建造物「損壊」になるとの判断がされました。「建物への落書きは『建造物損壊』、最高裁初判断」(読売新聞 2006年1月19日3時2分)「壁を壊すなど建物の機能を損なった場合..
Weblog: 行列のできない法律相談所?
Tracked: 2006-01-21 09:10

常識的に考えても・・・・・ねぇ
Excerpt:  とあるブログのエントリーを見て知った記事のことなんですが、まぁ、その・・・・ 反戦落書きが建造物損壊 最高裁が初判断  最高裁第3小法廷は19日までに、東京都内の公園ト??
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2006-01-21 21:54