2009年09月01日

PTAや自治会の役員選びじゃあるまいし…

<衆院選>民主、比例当選の磯谷香代子氏 43歳驚きの転機

 比例東海ブロックで最後に当選が決まった民主党の磯谷香代子氏(43)は2週間前まで国会議員になるなど想像したこともなかった。降ってわいた名簿登載と驚きの当選。31日、名古屋市内で毎日新聞に「いろいろな事情を抱えた人々の話を丁寧に聞きたい」と抱負を語った。

 磯谷氏を連れてきたのは同党の谷岡郁子参院議員。7〜8年前、愛知万博の市民プロジェクトで知り合い、07年の参院選で事務所スタッフとして手伝ってもらった。公示3日前の8月15日、小沢一郎代表代行に「比例候補が足りなくなるかもしれない。誰かいないか」と言われ、磯谷氏に声をかけた。

 定職に就いた経験が少なく、友人の仕事を手伝ったりして生活してきた磯谷氏。「仕事を辞める必要がなく、立候補に必要な住民票などをその日のうちに出せる人」という条件が人生の転機を呼ぶとは思いもよらなかった。

 谷岡議員から「人に迎合しないところが政治家向き」と言われたという。出馬打診に「(前回の郵政選挙で)面接を経て候補者になった杉村太蔵君(今回は出馬断念)の方がまし」と周囲に漏らしたが、結局名簿に載ってしまった。

 議席は、みんなの党の当選枠が埋まらず回ってきたもの。当選に喜ぶ谷岡事務所の人々を横目に、顔の引きつりが止まらなかった。40代、独身。「将来の展望もなかった」という生活から未知の世界へ。「人々が効果を実感できる政策を一つ一つ実行していきたい」と話した。【飯田和樹】





 頭がクラクラしてきました。政治家になるつもりがこれっぽっちもない人が当選してしまうという事態が、この度の選挙の異常さを物語っています。ご本人も言ってるようですが、いちおう自分から応募して候補になったタイゾーよりも本当に酷い。しかもみんなの党の当選枠のおこぼれですから、誰も彼女を意識して投票した人などいないということです。みんなの党に比例票を投じた人もびっくりでしょうよ。

 まるで、友達が勝手に自分の写真をオーディションに応募したら受かっちゃったみたいな感じですが、その場合はルックスなどがかなり卓越している場合があるのでまだ分かります。しかしこの人は、何の政治センスも恐らく持ち合わせていませんよね。人に迎合しないだけで議員向きなら、私だって議員向きだっちゅーねん。てか、それが議員としての資質ならば、大衆迎合しまくりな民主議員は狂っぽー以下大多数が議員に向いてないってことになるぞw。

 ほとんど無職のような彼女にとって国会議員の歳費は魅力でしょうが、良心があるのならば辞退して頂きたいものです。いくら今回民主に投票した人でも、なるつもりがなかった人にまで投票したつもりはないと思います。あなたが辞退すればどこかの党の政治家になりたい人が繰り上げ当選するんですから、どうかご一考下さい。





岩手の犬の駅長「マロン」死ぬ(産経)

 IGRいわて銀河鉄道(盛岡市)は31日、奥中山高原駅(岩手県一戸町)の名誉駅長として利用者らに親しまれてきたヨークシャーテリア犬「マロン」が29日夕に死んだと発表した。9歳だった。

 マロンは31日、飼い主で同駅委託駅員の本木ヨコさん一家やIGR社員、近所の人たちに見守られる中、火葬された。

 マロンは長年、本木さんに育てられ、駅のアイドルだった。昨年6月には、IGRが名誉駅長に任命し、制服、制帽も支給。小柄でぬいぐるみのような愛くるしさが人気で、同駅に立ち寄る人も増えた。だが、約5カ月前に発症した気管支炎が悪化し、最近はせき込むことが多かったという。

 IGRは当分の間、マロン関連のグッズの販売を見合わせるとしている。





 マローーーーーン!!。・゚・(ノД`)・゚・。

 まだ会いに行ってないのに、会いに行ってないのになぜ死んだぁぁぁぁ! ああもう悲しいです。

 名誉駅長としての在任期間はわずか1年2カ月でしたか。短かったですね。9歳というと犬としても若干早死にだなぁと思います。ウチの実家で飼ってるラブラドールの「シャロン」なんて、12歳過ぎたけどまだ病気もせずにピンピンしてますから。

 まあ冷静な見方をしますと、空前の人気を誇る和歌山電鐵のたまスーパー駅長に比べれば地味な存在でした。二番煎じということもあり、また大都市圏からのアクセスがよくないので、起爆剤としての効果もあまりなかったかと思います。

 それにIGR自体、鉄にとっても魅力ある路線ではないんですよね。IGRと青い森鉄道は東北新幹線が八戸まで延伸された平成14年12月1日にJRから経営分離された第三セクター鉄道ですが、運賃は高いわ車両は701系しかいないわということで、訪れる鉄も少なかったと思われます。私も経営分離後は北斗星で通過したのと花輪線乗車時に盛岡〜好摩間に乗っただけで、IGRの普通列車には一度も乗ったことがありません。だからこそ、地味でもマロンの存在は話題づくりとして大きかったと思います。

 残念ながら、生き物というのはいつか死ぬもの。しかも犬や猫とあっては、長く生きても20年に満たないわけです。たまスーパー駅長だってもう満10歳。よくてあと5,6年だろうなと思ってます。和歌山電鐵の場合はたま以外にもいろいろと人を呼ぶ努力をしているので大丈夫でしょうが、やはり生き物だけで人を呼ぶのには限界があるでしょうね。

 マロン名誉駅長、どうか安らかにお眠り下さい。


posted by atsu at 22:23| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース−政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あつさんどもです!こちらでは初コメント、どうぞよろしくお願いします。

ちょっと今回の記事は開いた口が塞がりません。
PTAや自治会役員と言うか・・学級委員の選出かい!ってレベルですよ。
国会議員候補選びなんて、そんなもんでいいんだ・・orz

政権スタート前からこの不安感、どうなる日本。
Posted by あにき at 2009年09月02日 03:40
民主党にに投票して良かったんだ!!

って思うに至る過程をこれから作らなければいけませんよ?

頑張って下さいね、民主支持さんw

協力はしますが・・・ダダっ子の相手はしませんよw
Posted by やんべに♪ at 2009年09月02日 12:28
>BBBあにき

おおー、あにきばんわーー。コメントどうもだす。

ホントねぇ、いやいや選ばれるなんてPTA役員のレベルと一緒ですよ。
せめてさぁ、もう少し政治家になりたいと思ってる人をあらかじめ探せなかったの? と思います。

まあこのおばさんに限らず、民主新人たちはどれも目糞鼻糞なレベルですよ。そんなのが100人くらいいるんですが、大丈夫なんですかね。
所詮奴らは、党の方針に従って青票または白票を投じる数合わせのマシンでしかありません。「議員」だなんてちゃんちゃらおかしいですね。

>やんべにさま

最初は人間、自分の行為は正しかったんだと言い聞かせて無理やりにでも民主に投票してよかったと思い込むかもしれません。
でもそれにも限界がありますよね。民主に票を投じた人々が反旗を翻すのはいつの日か、楽しみです。
Posted by atsu at 2009年09月02日 23:20
花輪線利用促進協議会事務局(鹿角市観光交流課)です。
花輪線利用促進協議会では、花輪線沿線の情報(グルメ情報、撮影スポット、面白い情報)を
ブログやツイッターで発信していただく「花輪線応援団」を募集しています。
応援団のブログ記事やツイートは、
協議会ウェブサイト「花輪線に乗ろうよ!(http://hanawasen-ni-norouyo.org/)」の
トップページに掲載されます。
全線開通80周年を迎える花輪線をみんなで盛り上げましょう!
登録は登録用ページからお願いします。
http://hanawasen-ni-norouyo.org/form/oubo.html
Posted by 花輪線 at 2011年06月01日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック