2009年09月09日

よっぽどつまらないイベントだったのか

横浜「開国博」不振で中田宏前市長招致へ 市議会が責任追及(産経)

 横浜市議会は8日、決算特別委員会の理事予定者会を開き、入場者数が低迷している横浜開港150年を記念するイベント「開国博Y150」の検証などのため、30日と来月1日に予定されている同委員会に中田宏前市長を参考人招致することを決めた。議会事務局によると、市長経験者の招致は初めて。

 決算特別委員会は9月議会最終日の25日に正式に設置。招致に強制力はないが、今後、中田氏側に出席を要請する。理事予定者の一人は「今回の決算は前市長の責任。開国博の責任についても『まだ開催中』とは逃げられない」と厳しく追及する方針だ。

 中田氏の事務所は「正式に話が来たら検討したい」と話している。

 開国博Y150は、横浜港周辺を中心に4月28日から9月27日まで開催。





 なんか、かなり悲惨な状況のようですね。ウェブの記事にはありませんが、産経紙面には「500万人の入場客数を見越していたが92万人にとどまっている」という旨が書かれていました。目標の5分の1にも満たないなんて、こんな大失敗博覧会が過去にあったでしょうか。

 しかも、横浜という場所でありながらこれだけ人が集められないのは犯罪的ですらあります。週末ともなれば、横浜ベイエリアを訪れる観光客は十万人単位ですよ。それなのに、Y150に入場した人は4カ月強でわずか92万人…。これ、何かが根本的に間違っていたんだと思いますよ。

 JRもこの夏はY150に便乗して、臨時列車の「ポートトレイン横濱」や「レトロ横濱」などを多数走らせました。特にレトロ横濱などはEF65が牽引する旧型客車ということでたいへんな人気となりましたが、恐らくその列車に乗ってY150を訪れた人はあまりいないでしょうねぇ。鉄ヲタが占拠してしまっていましたし、一般の客があれに乗ってY150に行こう! とは考えないはずです。

 さあて、この後始末はいったいどうつけるんでしょうね。関わった人たちがみ〜んな気の毒ですわん。




posted by atsu at 20:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな悲惨なものに税金を使われた横浜市民が来ましたよw

このイベントについて、私及び母の周りの反応。

「やっているらしいね」
「いや、別に行ってない」
「アレ、何があるの?」

って感じ。
詰らん云々以前に全く関心がない感じ。
話題にすらなりません。

あの訳の分からんクモ(?)以外、何があるのかすら分からん人ばかりなので、新聞記事見て「へぇ、チープなんだ」って感じ。

入場料もクソ高いしね。

その入場料相当額で、元町なり中華街で遊んで飯食った方が絶対いいと思います。

しっかし委員会も在任期間中に承知要求すればいいものを…。
Posted by チトフ at 2009年09月10日 03:03
>チトフさま

私もクモ以外何があるのか知りません。
どうせなら無料イベントにすればよかったですよね。
入場はタダにして各パビリオンで金を取るようにしたほうが正解だったろうと思います。

期間中も、山下公園や中華街はいつもと変わらぬ人出だったようですね(笑)。
愛知万博が期間中にTDRの入場客数に影響を与えたことを考えると、どんだけ失敗なんだと思います。
Posted by atsu at 2009年09月11日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。