2009年10月23日

書類送検で済んだのは有名人だから?

土佐犬90頭、無届け飼育…福岡・古賀の山中(読売)

 闘犬用の土佐犬約90頭が、自治体への届け出が行われないまま、福岡県古賀市筵内(むしろうち)の山中などの2施設で飼育されていることがわかった。

 福岡県と古賀市は21日、狂犬病予防法違反(未登録)の疑いで立ち入り調査を行い、登録するよう指導した。

 山中の施設では、同県志免町の会社会長の男性が約10年前から飼育を始め、現在は約70頭いる。犬は鉄柱につながれて飼育されている。中には体長が1メートルを超え、体重が約70キロある犬もいるという。約1キロ離れた民家跡地では今夏から、福岡市東区の男性が犬舎で約20頭を飼育中という。

 狂犬病予防法では、〈1〉生後91日以上の犬の所有者は、取得から30日以内に市区町村に犬の種類や生年月日などを登録〈2〉すべての犬の所有者は年に1回、飼い犬に予防注射をする――と定め、違反者には20万円以下の罰金を科すとしている。古賀市環境課は2施設の犬について、「いずれも犬種などの登録は行われていない。予防注射を受けたと証明する記録もない」としている。

 予防注射について、会社会長は「闘犬大会会場で受けていた」、男性は「していると思う」とそれぞれ説明する。しかし、土佐犬に詳しい「土佐闘犬センター」(高知市)は「予防注射は通常、会場では行っていない」と話す。





 狂犬病の予防接種も受けていない土佐犬が90頭……、うへあ恐ろしい。

 いくら国内で狂犬病の発生が数十年ないといっても、予防接種の徹底は必要です。しかも、他の犬種よりもはるかに人を襲う可能性が高い土佐犬ですからね。闘犬用に飼育していたというのならなおさらです。闘犬の最中に他の犬から感染する可能性もあるのだから、免疫がない状態で放っておくのは狂気の沙汰でしょう。

 しかし、土佐犬90頭となるとエサ代もばかにならないほどかかると思うんですが、この会社会長さんは相当のお金持ちなんですね。志免町といえばかつては炭鉱で栄えた町ですが、この方もそれで財を成した方なのでしょうか?





ミクシィに「ブッ殺す」…宅八郎氏書類送検へ(読売)

 兵庫県警東灘署は23日、インターネットの交流サイト・ミクシィで知人を殺すなどと書き込んだとして、評論家の宅八郎氏(47)を脅迫容疑で書類送検する。

 捜査関係者によると、宅氏は、ネット上で神戸市の音楽評論家の男性(50)に、アニメやアイドルタレントに傾倒する「アキバ系」と評されたことに腹を立て、3月、男性の名を挙げて「ブッ殺します」などと書き込んだ疑い。





 宅八郎だなんて、まだ生きてたんですねw。久しく見ないんでとっくに社会からはお亡くなりになったのかと思ってました。未だに、下賎極まりない似非情報番組「サンデージャポン」には使ってもらってるんでしょうか。

 今回の件、宅八郎は「ぶっ殺すは私の芸風」などと言っているようですが、一般人がこれやると即逮捕なのでちょっと納得がいきません。もしかして、ブログやミクシィなど書き込みした本人が容易に特定できる場合は書類送検で済むんですかね?

 ちなみに宅八郎について、「アキバ系」という表現は適当ではないと思います。だってこの人、秋葉原がオタクの街になるよりもはるかに前からオタクですからね。「アキバ系」などという次元を遥かに凌駕しているのではないかと思いますよ。





posted by atsu at 22:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特権か?
特権と言えば在日を思い出すが
Posted by やんべに♪ at 2009年11月03日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。