2010年05月19日

3Dテレビは目に悪すぎ

3D映像、子供の目への負担懸念(産経)

 映画やテレビの画面が立体的に見える3D(3次元立体)映像。迫力ある映像が楽しめる一方で、子供の目への負担が懸念されている。最新の映像を家庭で楽しむため、どんな点に気をつけたらよいかを専門家に聞いた。(小川真由美)

 ◆サインに注意

 3D映像の視聴について、電子情報技術産業協会(JEITA)が先月、ガイドラインを発表した。それによると、視聴の目安は5、6歳以上▽気分が悪いなど違和感があれば視聴を中止▽見るときはテレビ画面の縦の長さの3倍以上の距離まで離れる−などが指摘されている。

 NPO法人映像評価機構(東京都港区)の千葉滋理事長によると、子供は両目の幅が5センチ程度で、大人(6〜7センチ)より狭い。そのため、映像の飛び出し感と奥行き感の両方をより強く感じるという。子供は気分が悪くなっても言葉で違和感を伝えられなかったり、映像の珍しさから長時間見続けたりすることもある。こうした点を含め、千葉理事長は、子供が家で3D映像を見る際の5つの注意点を挙げる。

 (1) 照明にも注意。蛍光灯は映像の影響でチカチカするので避け、白熱電球やLED電球にする。部屋を暗めにすると目への負担が少なくなる。

 (2) 大人が立体的に見えていても、子供には二重に見えるなど立体的に見えていない場合がある。立体的に見えていれば映像が飛び出した瞬間、子供が手を出すか、近づこうとする。「今、○○に見えたね」など、大人が映像を説明し、子供が同じように見ているか確認する。

 (3)〜(5) 目をこするなど手を目にやるしぐさは眼精疲労のサイン。疲れを訴えなくても小学校低学年までは30分に1回は休憩する。疲労を訴えた際は視聴を中止する。

 ◆体質的な不向きも

 乗り物酔いしやすい子供は気分が悪くなりやすい。映画館の最後尾の正面から見てもすぐに疲れる場合、体質的に3D映像には不向きという。3D映画で専用メガネを持ち帰れる劇場があるが、それで風景などを見てはいけない。専用メガネは左目と右目で入ってくる光が違い、3D以外のものを見ると目に負担がかかる。千葉理事長は「最新映像を親子で楽しむためにも周りの大人が気を配ってほしい」と話す。

 ■メーカー、映画館の対応

 パナソニック(大阪府門真市)は、JEITAが発表したガイドラインの内容を取り扱い説明書や自社ホームページに掲載し、注意を喚起している。また、全国計54館で3D作品を上映する東宝(東京都千代田区)は「現時点では体調不良などの報告はないが、今後、注意深く見守っていきたい」(マーケティング室)と話している。





 わたしゃね、やめたほうがいいと思いますよ3Dテレビなんて。絶対に目に悪いに決まってる。目だけじゃなく脳みそまでグラングラン揺れそう。子供だけじゃなく、大人も見るべきじゃないと思います。

 こないだビックカメラに行ったら、ゲーム画面の3Dデモ動画を流しているテレビが置いてあったんですが、目に入った瞬間「うわっ!」となりました。専用の眼鏡をかけてなかったら、ブレブレの二重映像ですからね。とてもじゃないが正視に耐えません。目に異常が起こったようで非常に不快でした。

 私はド近眼過ぎて網膜剥離までやらかした人間だし、正しく物が見えないことには神経質になっちゃうんですよね。網膜剥離だけじゃなく、緑内障とか黄斑変性とかド近眼が引き起こす眼病はたくさんあるんだから、これ以上余計なリスクは増やしたくないんです。私は平面のハイビジョンで満足です。

 3Dテレビってのはさらに、寝っ転がって見るのもNGらしいですね。普通に見た状態で像が飛び出るようになっているので、横になって見るとそれがおかしくなるんだそうです。ごろ寝しながらだと眼精疲労になるそうですよ。

 私みたいにほぼ生まれつきド近眼な人間はいいとしても、健康な目の人がわざわざ目を悪くする必要はないと思います。私としては、3Dテレビが普及しないことを祈りたいですね…。


posted by atsu at 22:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック