2010年06月11日

軽トラに一億円ねえ

古美術商が1億円盗まれる…駐車中の軽トラから(読売)

 兵庫県警灘署は10日、神戸市東灘区の古美術商男性(68)から、駐車中の軽トラックから1億1790万円が盗まれたと届け出があったと発表した。

 同署は窃盗容疑で捜査している。

 発表によると、男性は9日午後、神戸市内の銀行2か所に行き計1億1790万円を引き出して帰宅。金利の高い銀行に預け替えようと、午後4時30分頃、現金を手提げかばん2個に入れ、軽トラックの足元に置いて別の銀行に向かった。

 しかし、同市中央区で道に迷い、車を降りて道を尋ねた。その後、遅くなったので、銀行へ行くのをやめ、帰宅しようとした途中の同6時10分頃、同市灘区の阪急王子公園駅北側の路上に駐車。トイレに行って約10分後に戻ったところ、かばん2個がなくなっていることに気付いたという。

 道を尋ねた際は、運転席側の鍵をしておらず、トイレの際は、助手席の鍵が開いていたという。男性は読売新聞の取材に対し、「気付いた時は何が起きたのかわからず頭が真っ白になった。銀行からの振替にすればよかった」と話した。





 不思議な話ですねえ。大金を盗まれたこの男性は気の毒ですが、私には彼の行動がサッパリ理解できません。

 第一に、一億円以上ものお金を銀行から銀行へ移すのに、わざわざ現金で下ろして自分で運ぶのが理解できません。男性も後悔してるようですが、振替にすれば簡単に済むことですよね。一億円を振替するのに手数料がどのくらいかかるのか知りませんが、少々の額をケチッたおかげで全てを失くしてしまうとは。

 まあ、大事なお金だから自らの手で銀行に持って行きたかったのかもしれません。それならまあ少しは理解できます。なのにこの男性、その大事なお金を車に残したまま10分も車を離れてるんですよね。ここがまったくもって理解不能。お金が大事なんだか大事じゃないんだか分からなくなるような行動です。

 ところで、彼は銀行からずっと尾行けられていたんですかね? そうでもない限り、まさか軽トラの中に一億円があるなんて誰も考えないと思うんですよ。ただの車上荒らしが、軽トラなんぞに目をつけるわけがないですもんね。

 なんかでも、同情できない事件ですな。

【12日追記】




「車から1億盗難」届けたが…倉庫に置いてた

 神戸市内で駐車中の軽トラックから1億1790万円が盗まれたとして盗難届を出していた同市東灘区の古美術商の男性(68)から11日、倉庫として使っているコンテナ内で全額見つかったと兵庫県警灘署に連絡があった。

 男性は「車に積んでいたと勘違いしていた。不注意で申し訳ない」と話しており、同署で経緯を聞いている。

 発表によると、男性は、古美術店近くの駐車場にコンテナを置いて普段、美術品を包む発泡スチロールなどを保管。同日夜、男性と一緒に同署員がかばんに入っていた現金を確認した。





 はいはいおつかれー。てか人騒がせな。これからはちゃんと確認してから警察に届けなさいよ。しかし、倉庫に保管したものを車に積んでたと勘違いするなんて、ボケが始まってるのと違うでしょうか。




posted by atsu at 21:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。