2010年09月15日

ナマポに冷房など不要ッ!!

生活保護の夏季加算を検討=猛暑による熱中症死者続出で―厚労省(時事)

 厚生労働省は15日までに、生活保護費に冷房費を上乗せする「夏季加算」の新設について検討を始めた。今夏の記録的な猛暑で熱中症による死者が続出したためで、生活保護世帯の夏の電気使用量を調べた上で必要性を判断する。

 生活保護には冬季(11〜3月)に暖房費を上乗せ支給する「冬季加算」があるが、夏季にはこうした加算はなかった。





 いいなー。ナマポ受給の皆さんは、お国に冷房費まで出してもらえるんですね。ますます、働いたら負けの世の中が強化されますなー。

 確かに今年の夏は異常な暑さでしたが、自分ちにいて熱中症で死んだ人は何人いるのかと。体内の水分が少ないお年寄りは室内でも油断できないそうですが、そうでなければ家の中にいて死ぬということはよっぽどでない限りないと思います。なのに全受給世帯に冷房費が上乗せされるなら、とんでもないバラマキでしょう。

 真面目に働いている私でさえ、この夏を冷房なしで乗り切ったのです。その気になれば冷房を使わずとも、涼を求めることはできる。障碍や病気や老いた親の介護などで働けない人を除き、ナマポに冷房など贅沢ですよ。だいたい家にずっといるナマポに冷房使わせたら、電気代いくらかかるんだか。

 どうせお金をあげるのなら、真面目に年金を納めてきたのにナマポ以下の金額しかもらえないお年寄りにあげるべきです。これ以上ナマポに手厚い施しをすべきじゃないですね。




posted by atsu at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。