2010年10月06日

本日の見間違え2件

安室と淳、破局は8月ごろ?(ヤフートピックス)


 安住淳、破局は8月ごろ? と見間違えました。安住淳とはTVタックルとかよく見てる人は知ってるかもしれませんが、私の地元宮城5区から選出されてる民主党議員です。民主党の中ではまあマトモなほうだとは思うけど、今は残念ながら一切支持できません。

 ところで、安室とロンブー淳が破局したってのはそれほどのニュースですか? ぶっちゃけどうでもいい。安室とアムロ(若井おさむ)が熱愛したり破局したりってんなら、かなりのニュースだと思いますけどもw。





鈴木、根岸氏に化学賞=新触媒反応開発、製薬など貢献―ノーベル賞、日本人計18人(時事)

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を、有機合成化学の新たな触媒反応を開発した北海道大の鈴木章名誉教授(80)と米パデュー大の根岸英一特別教授(75)、米デラウェア大のリチャード・ヘック名誉教授(79)の計3人に授与すると発表した。

 授賞理由は「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング反応」。2種類の有機化合物を比較的簡単で効率良く結合させる画期的な方法で、抗がん剤をはじめとする医薬品や半導体などの開発に大きく貢献したことが高く評価された。

 日本人のノーベル賞は、08年に益川敏英名古屋大特別教授(70)ら4人が受賞して以来、2年ぶりの快挙。米国籍の南部陽一郎シカゴ大名誉教授(89)を含め、計18人となった。化学賞は08年の下村脩・米ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員(82)以来、計7人で、物理賞と並んで多い。

 有機化合物は炭素が骨格を形成するが、炭素同士は結びつきにくい。そこで、自らは変化しないが、周りの物質の反応を促す「触媒」を利用することが考案された。

 根岸氏は77年、有機亜鉛化合物と有機ハロゲン化物を、希少金属のパラジウムやニッケルを触媒として結合させ、新化合物を生み出す「根岸カップリング」を開発。鈴木氏は79年、有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化物を、パラジウム触媒のほかに塩基(アルカリ)物質を加えることで結合する「鈴木カップリング」を開発した。

 有機ホウ素化合物が安定して扱いやすいことから、この反応は複雑な医薬品合成などに幅広く使われるようになった。
 




 まずはおめでとうございます。日本人科学者の功績が、こうやって認められるのはたいへんに喜ばしいこと。しかも2名同時受賞だから本当にすごいですねー。日本人として誇らしいです。

 今回の受賞者は鈴木章氏と根岸英一氏のお二方ですが、根岸氏については当初「根岸栄一」という誤報がされてましたね。時事のこの記事も最初はそういう記述になっていたような気がするし、NHKでも間違って書いてました。

IMG_1071_s.jpg

 私、根岸さんのお名前を拝見して、うっかり「根岸崇一」と見間違えちゃいました。根岸崇一とは、漫画「デトロイト・メタル・シティ」の主人公であるクラウザーさんの世を忍ぶ仮の姿正体。たいへん失礼なことに、彼の卑猥なマッシュルームカットを連想してしまいましたよw。

 なんか、今日は見間違えばっかりする…。仕事忙しくて疲れてるのかねw。




posted by atsu at 22:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誤報と言えば、もっとヒドイのは報道ステーションの古館ですね。ベンゼン環を何度も書き間違えたり、失礼なこと、この上ない…。

ちとこの国の人は、「理科を知らないこと」への抵抗が無さすぎなんじゃないかと感じることが多いです。
Posted by リィ at 2010年10月07日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。