2010年11月10日

日本国民の感情に配慮して釈放でお願いします

 ようつべに尖閣ビデオを公開してくれた「sengoku38」氏が、自ら名乗りでてきました。現時点では警察で取調べを受けているようですが、彼の言っていることが本当だと分かった時点で、逮捕となるのでしょう。

 これは自民党政権時代からの伝統ですが、日本のために行動した、または日本の過去を擁護した政治家や公務員を追い詰めることにおいては、我が政府は実に迅速です。田母神さんも、わずか2時間で更迭が決まったことを未だにネタにしているくらいです。今回も、いつもならgdgdの民主党政権が、これまでにないほどの電光石火で流出が行われた漫画喫茶を特定し、「sengoku38」氏を追い詰めました。全くもって見事としか言いようがありません。

 この先彼は警察から検察へと身柄を移されていくのでしょうが、我が国の検察は外交問題に配慮して明らかなる犯罪者を処分保留で釈放してしまえるほどの権限を持っているのだから、「sengoku38」氏のことも日本国民の感情に配慮して処分保留で釈放でいいんじゃないでしょうか。検察がそう判断したのなら、民主党のクソボケどもは「検察がそう判断したのだから、是とする」としか言えないはずです。どうせ罪に問うたところで大した処罰にはならないのだから、検察も無理して起訴しなくていいと思いますよ。

 とは言え、彼がやったことが本当に守秘義務違反なのかを、裁判でしっかり白黒つけてほしい気持ちもあります。果たしてあのビデオは、機密とされるべきものだったのかどうか。あのビデオが公開されたことにより、我が国の国益は損なわれたのかどうか、しっかり審議したほうがいいとも思えます。もし彼に有罪判決が下ったのなら、それと同時に民主党政権も木っ端微塵に吹き飛びそうですし。

 朝日新聞は6日の社説の中で、「仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだとしたら、政府や国会の意思に反する行為であり、許されない。」という表現を使っていましたが、あの朝日がずいぶんと体制側に回ったのだから驚かされますね。要は、政府が非公開って決めたら何が何でも非公開なの! 逆らっちゃだめなのー! ってことでしょ? ということは、朝日は政府が自分らに不都合な情報を非公開とすることを是とするわけだ。それを、不正を許したくない政府関係者が内部告発することもダメだと言うわけだ。朝日さん、そんな論調で大丈夫か? ジャーナリスト宣言のスローガンが消し飛ぶほど、メディアとして自殺的な発言だと思うんですけども。

 私はあのビデオを、国家として秘匿しなければならない機密だとは露程も思いません。よって、秘匿する方が罪だと考えます。むしろ、公開すべき情報を公開しないことを、「情報秘匿罪」というものでも作って処罰すべきではないでしょうか。

 今回のことで「sengoku38」氏の今後が心配ですが、恐らく彼を支援したいという人はたくさん現れるでしょう。海上保安官としての仕事は奪われる可能性がありますが、彼や彼の家族が路頭に迷ったりということは、恐らくないと思われます。現在の日本の法律ではもしかしたら罪に問われるかもしれませんが、私は彼を犯罪者だとは思いません。大多数の日本人もそうだと思います。形式上の罪だけ形式上で償ったら、あとは堂々と言論活動でもして頂きたいですね。






posted by atsu at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。