2005年01月27日

国籍取ってから一昨日おいで

 今日は全ての一般紙トップが、「在日韓国人の管理職試験拒否に合憲判決」だった。事の成り行きはいろいろなブログで解説されつくしていると思うので、私の見解だけ述べたい。

 管理職になりたい原告女性の気持ちも分からないでもないが、妥当な判決を出した最高裁には敬意を表する。日本の司法はやはりマトモだ。

 今回の判決を受け、朝日新聞が社説でまた電波を発していたわけだが、やはり朝日はこの国を売り渡すことばかり考えているんだなと痛感する。とくに「そんなに働きたいのなら日本の国籍を取ればいいじゃないか。そう思う人もいるだろう。しかし、過去の日本とのかかわり、先祖や親兄弟、故国に寄せる思いから、日本国籍を取る気になれないという人も少なくない。 」という部分には首をかしげた。

 まあ確かに、この女性はこれまで在日であることで学校でも就職でも苦労はしてきたのだろう。でも、彼女はそれでも在日であることを捨てなかったのである。彼女の母親は日本人だし、帰化することには何の障害もない。それをあえてしなかったということは、それなりに彼女の中に「在日韓国人として生きていくのだ」という気構えがあったものだと考える。私は、その点については尊重したい。

 だからこそ、である。

 やはり「民族としての誇り」を取るか、「日本人となり上を目指すこと」を取るかは、二者択一なのではないだろうか。公務員でなければ、外国人を登用する企業だってあることだろう。しかし、彼女は公務員として管理職になることを10年以上も望み続けたわけだ。日本人ではない以上、ここはどちらかで折れる必要があったのではないかと思う。

 「韓国人のまま、日本の行政を動かす」ことは、どう考えても認められない。ひとり認めれば、あとに続けと次々現れることも考えられる。ひいては外国人参政権の問題にもつながる。韓国人ならまだしも、北朝鮮国籍の人間に日本の政治に関わられては困るのだ。多少飛躍した話になるが、外国人に選挙権・被選挙権を認めれば、日本の政界に「労働党」が誕生することだってあり得る。日本人が政治に無関心になり投票率が下がっている昨今、朝鮮総連の組織票が動けば当選してしまうかもしれないんだから。

 あとまあ、女性に言いたいことは「大人になりなさい」だね。判決後の発言「日本は哀れな国。大法廷があんな幼稚な判決をするとは思わなかった。世界中に『日本には来るな』と言いたい。日本に来れば税金だけ払って権利のないロボットになるだけ」というのは頂けなかった。いくら10年越しの裁判に負けて悔しいとしても、彼女の発言こそ幼稚そのものだ。

 で、彼女の発言で気になったことがある。仮に韓国で生まれ育った日本人がいた場合、その人は韓国の公務員になって管理職クラスまで出世することができるのかな? ちょっと調べても出てこなかったので、誰かご存知の方がいらっしゃいましたらお教えくださいませんでしょうか。これがもしも可能なら、彼女が言うことにも一理あることになるんだけどね。

[追記]

 この女性って、つくる会の教科書に反対する運動やら何やら数々の政治的活動に顔を突っ込んでいたらしいけど、それって公務員としてアリなの? 公務員法は、特定の政治活動を禁じられているんじゃなかったっけ? やよりちゃんやみずほちゃん、ようこちゃんとお友達みたいだし、そんな人間、普通に管理職としての資質に欠けてるっしょ。普通に試験は受けさせて、不適格ってことにして落っことしておけばこんな騒ぎにならなかったかな?(でもこういう手合いは、それで落とされても「差別に違いない!」って騒ぐんだよね。差別を盾にした優遇要求か…、コワイコワイ)。

外国籍管理職――時代が分からぬ最高裁(朝日社説)

都の管理職試験、外国籍受験制限は合憲 二審破棄、最高裁が初判断(産経)

【主張】国籍条項訴訟 常識にかなった合憲判決(産経社説)


posted by atsu at 21:54| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(9) | ニュース−社会 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

韓国ではそもそも外国人は公務員になれなかったと思います。どこかのblogで見ただけなので不正確な情報ですけど。
Posted by めすねこ at 2005年01月27日 23:04
最後の段落を読んで。
そういえば、しんすご(字を書くのがめんどくさい)さんが「まれにみるバカ女」という文庫本で、彼女の「考え自体を批判すると」私が在日だから差別する!と脳内変換してしまってその殻(安全圏)に閉じこもる、と書いてありました。

彼女も同じタイプのやからのようですね。
これが白人だったらあっさりツルネン・マルティさんのように帰化してそうな気がしますね。
ところで特殊公務員じゃなければ、政治活動はOKだと思いますよ。でなければ労働組合だってできないはずだし。(自衛隊とか消防士さん、警察官などはできない…と思った。)
Posted by ぶんだば at 2005年01月27日 23:14
地方公務員法第36条で、地方公務員の政治活動は制限されています。

「職員は、政党その他の政治的団体の結成に関与し、若しくはこれらの団体の役員となつてはならず(後略)」となっています。

彼女が首を突っ込んでいる団体が政治団体だとすると、管理職どころか公務員として失格ですね。

余談ながら、ぶんだばさんが指摘したように、労働組合も実質的には政治活動をしています。事実上黙認(?)されていますが、これも問題だと思います。
Posted by まさまさ at 2005年01月28日 00:01
まさまささん、はじめまして。
勝手に横レス(家主さん失礼します)

上記条文を読むと
・政治団体の結成に関与しない
・役員にならない(つまりヒラでただ参加するだけ)
ならいいわけですね。

http://www.josei.com/bwo/kyokasho.htm

が政治「団体」になるかが微妙ですね…「呼びかけ人」の一人なので、「結成に関与」してるとは思うんですが。これでクビにしちゃったらまた最高裁までかぁ?
Posted by ぶんだば at 2005年01月28日 11:50
皆様、書き込みありがとうございます。

>めすねこさま

私も正確なソースは見たことないのですが、「韓国は外国人の公務員を認めていない」というのをどこかで読んだ記憶はあります。
まあ実際、日本人が管理職に就こうものなら「植民地時代の再来ニダ!」とか言って騒ぐと思いますけどね…。

>ぶんだばさま

差別の被害妄想ってのは厄介なものですよ。
自分に不利益なことがあると全て「差別」に結び付けるんだから、周りの人間は神経をすり減らします。
こういうのを「逆差別」って言うみたいですね。
差別するまいと思うあまりに、気付けば知らず知らずに優遇してしまっていると。

帰化すれば国政にも参加できるってことは、ツルネンさんがいいお手本だと思いますね。

>まさまささま

補足ありがとうございます。
彼女がその団体の中でどの程度の地位にあったのかは知りませんが、公務員ならばあまり派手な活動は慎むべきでしょうね。
しかし、彼女は何でそこまで公務員にこだわったんでしょうかねぇ。
Posted by atsu at 2005年01月28日 21:41
はじめまして。 私も彼女は相当な間違いをやらかしてしまったと思います。 ただ、その意味合いはatsuさんとは多少異なりますが。 彼女が「石原閣下の東京都」でわざわざ公務員としてまっとうなレベルで働こうというのが無謀というものだと感じました。 裁判沙汰にする前に東京都に見切りをつけるべきでした。 彼女に肩入れしすぎだと批判されることは覚悟の上で言いますが、「保健士」として東京都で働き始めた彼女がその延長線上で管理職になることの問題性は低いと思います。 韓国籍を捨ててから来いというのも酷かと... 在日外国人の子供と外から見られてここまでやってきたことを全否定するのは苦しいことだと思いますよ。 会見で感情的になってしまっていたのは痛かったかな。 周りからバッシングを受けるような行動は謹んでもっと寛容なところを探すことをお勧め...といっても後の祭りですが。
Posted by 歩考者 at 2005年01月28日 23:01
>歩考者さま

はじめまして。

そういう見方もアリだな、とは思いますね。
彼女は岩手県から出てきたそうですが、もう少し足を延ばして横浜で公務員になれば、こんな問題も起きなかったのかもしれませんね。
川崎で看護婦をなさっていたそうですから、東に来ないで西に行けばよかったですよね。

提訴した10年前はまだ東京も石原閣下の支配下ではありませんでしたけど、すぐ近くに外国籍公務員歓迎の都市があるのに、何で東京にこだわったのかも分かりません。
歩考者さんの言われるように、すぐ東京を見限って横浜にでも行けば、今ごろ局長クラスまで昇進していたかも。
Posted by atsu at 2005年01月29日 00:24
Posted by mature at 2006年04月04日 14:35

この記事へのトラックバック

<都国籍条項訴訟>管理職受験拒否は合憲 最高裁が逆転判決
Excerpt: ソースは毎日。  日本国籍がないことを理由に東京都の管理職試験の受験を拒否された韓国籍の都職員女性が、都に200万円の賠償などを求めた国籍条項訴訟の上告審判決が26日、最高裁大法廷(裁判長・町田顕長..
Weblog: しめログ
Tracked: 2005-01-27 22:55

日本在住の皆さんは国籍取得しないと働けないの?
Excerpt: 更新が微妙だと告知したのに裏切ります。ガンガッて面白い作文するぜ(^^)v 近頃
Weblog: キティハケーン
Tracked: 2005-01-27 23:07

外国国籍と公務員〜最高裁判決
Excerpt: 国籍理由に受験拒否は合憲…都管理職試験訴訟で最高裁 (読売新聞) - goo ニュース みなさんご存知のように、都職員の韓国籍(在日二世)の女性が管理職登用試験への受験を拒否されたのは違憲だというこ..
Weblog: 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
Tracked: 2005-01-27 23:09

出世やめますか?韓国人やめますか?
Excerpt: 都の管理職試験拒否は合憲 国籍条項訴訟で最高裁初判断  日本国籍がないことを理由に東京都が管理職選考の受験を拒否したことが、法の下の平等などを定めた憲法に反するかどうかが争われた訴訟の上..
Weblog: まさまさブログ。
Tracked: 2005-01-28 00:04

国籍と公務
Excerpt: 東京都が国籍を理由に在日韓国人による管理職試験の受験を拒否したことについて合憲と言う結果がでた。 外国人の採用や昇任をどこまで認めるかは、地方自治体の対応が分かれている。判決は地方公務員の中でも、「住..
Weblog: [R]Richstyles!
Tracked: 2005-01-28 12:19

怪奇! 真っ赤に染まる朝日のニホンゴ(2)
Excerpt: さてさて。めずらしくこのカテゴリで連載をしてるわけですが。いわゆる「NHKvs朝日新聞」です。「おかしな裁判ごっこ」紹介番組から4年……そのイベントを、当時さかんに紹介してた朝日新聞が急浮上してくるわ..
Weblog: 出会い系データブログ・攻略そして紹介
Tracked: 2005-01-28 16:24

私に総書記をやらせて下さい!
Excerpt: <p> 久々の「中国語の学習」です。</p> <p> さて、なぜか手元に<font color="olive">中国共??党章程</font>というものがあるんですが、ちょっと紹介しましょう。そうそう、このバージョンは
Weblog: うねり
Tracked: 2005-02-02 00:05

“鄭香均”裁判(1)
Excerpt: 鄭香均さんは在日コリアンで東京都の保健士さんである。 東京都職員の管理職登用試験をめぐり、「昇進できないのは憲法違反」として都を訴えいたのだが、その結論が「法の番人」によって出された。 生い立..
Weblog: Tagebuch(たーげぶーふ)
Tracked: 2005-02-05 17:33

あえて「国籍条項」を弁護してみよう
Excerpt: 国籍条項を合憲とした判決 未来検索をつかって、ぐるっと一周見てきたが、賛否ほぼ同...
Weblog: 空も飛ぶし水にも潜る
Tracked: 2005-02-08 01:18