2006年08月27日

渡嘉敷島集団自決はウソ確定

渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言(産経)

≪元琉球政府の照屋昇雄さん≫

 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。

 照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。

 同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。

 照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。

 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。

 300人以上が亡くなった渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと記されたことで知られるようになった。作家の大江健三郎さんの「沖縄ノート」(岩波書店)では、赤松元大尉が「『命令された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。

 その後、作家の曽野綾子さんが詳細な調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」(文芸春秋)で軍命令説への疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(豊吉広英)

■渡嘉敷島の集団自決 沖縄戦開始直後の昭和20年3月28日、渡嘉敷島に上陸した米軍から逃げた多数の住民が、島北部の山中の谷間で手榴(しゅりゅう)弾のほか、鎌(かま)、鍬(くわ)などを使い自決した。武器や刃物を持っていない者は、縄で首を絞め、肉親を殺害した後に自分も命を絶つ者が出るなど悲惨を極めた。渡嘉敷村によると、現在までに判明している集団自決の死者は315人。

■戦傷病者戦没者遺族等援護法 日中戦争や第二次大戦で戦死、負傷した軍人や軍属、遺族らを援護するため昭和27年4月に施行。法の目的に「国家補償の精神に基づく」と明記され、障害年金や遺族年金、弔慰金などを国が支給する。サイパン島などの南方諸島や沖縄で日本軍の命を受けて行動し、戦闘により死傷した日本人についても戦闘参加者として援護対象とされている。





 こうやって、捏造された歴史が暴かれていくのね…。

 集団自決が軍の命令ではなかったということなんか、私らにとっては周知の事実だが、こうやって当事者がはっきりと「嘘でした」と証言したことは実に価値がある。

 私としては、この照屋さんを責めるつもりは毛頭ない。当時の状況を鑑みれば、軍の命令ということにしてくれと赤松大尉にお願いしたことはやむを得ないことだったと思う。許されないのは、これを「日本軍悪しかれ」論の根拠に利用した左翼ジャーナリストたちである。特に、曽野綾子さんの「ある神話の背景」が出版されてもなお自著を修正しない大江健三郎はその最たるものだ。書いたことがウソだったと分かっても白を切り通す人間が、果たしてジャーナリストと呼べるのだろうか。

 まあ、サヨクの皆さんはこういう証言が出てきたところで、結局自説を曲げることはないだろう。

「命令はなかったかもしれないが、暗に自決を迫るような半強制性があった」

「いずれにしても、日本があんな無謀な戦争さえしなければ集団自決など起こらなかった。だから日本が悪い!」


 恐らく、こう言って逃げるんだろうなと思う。
posted by atsu at 22:58| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大江健三郎が、かつて
防衛大生を「同世代の恥辱」と呼んだことは、
私のブログで書いたことがあるのですが、
なまじ「ノーベル賞」など貰って、無理にでも自己の無謬性を演出しなきゃならなくなった現在、
「間違ってました」などと言えなくなってますからね。
まぁ、ノーベル賞を貰ってなくても訂正しないだろうけど(笑

核実験をやったシラクからも勲章貰って喜んでるところなんか、言行不一致もいいところだけど、
批判されても意に介するふうもないですしね。

そうして考えると、大江こそ日本の「恥辱」だし
国際的にも目立っちゃった分、「恥辱度」は増しちゃってますよね。
Posted by 加賀もん at 2006年08月28日 12:21
>集団自決が軍の命令ではなかったということなんか、私らにとっては周知の事実だが、

本当にこーいう事って多いですよね。まだまだ本当の事を知らない人が多すぎる!マスゴミの情報操作、捏造報道がこうやってご本人の口から暴かれるのは稀な事なんですよね。残念ながら。

とりあえずこの件に関して売国奴・大江健三郎がコメント出せるかどーかを注視したいと思てます。左巻きカールって都合悪いとすぐスルーやろけどなー。
Posted by マチコ at 2006年08月28日 13:28
>加賀もんさま

何の権利があって、防衛大生たちのことを「恥辱」呼ばわりできるんでしょうかね。
私が当時の防衛大生だったら、怒り狂ったかもしれません。

>マチコさま

とりあえず、今日の朝日・毎日・東京・読売は全てスルーでした。産経だけのスクープで終わりそうな気がしますね。
大江なんか絶対に反応しないと思いますよ。
Posted by atsu at 2006年08月28日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新証言、自決は嘘でした
Excerpt: 急な夕立に遭い、現在家で待機している傍ら、これは書き留めておかねばならないという記事を発見!かなり長文です。
Weblog: がんばれニッポン!
Tracked: 2006-08-28 09:10

福岡賃貸
Excerpt: 福岡賃貸情報はここ!
Weblog: 賃貸
Tracked: 2006-08-28 11:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。