2005年03月10日

やっぱり「島」を付けます

 2004年12月28日のエントリ「「宮古市」争奪戦」の続報。

 合併後の市名を「宮古市」と決めていた沖縄県宮古島周辺5市町村の合併協議会が、住民アンケートの結果を受けて新市名を「宮古島市」に改めると発表した。

 以前のエントリでも書いたように、「宮古」を名乗る市はすでに岩手県に存在している。同じ名前を名乗ることは原則として許されないため、岩手県宮古市側からクレームが出ていた。

 あるブログでは「岩手県宮古市が名前を譲れ!」という暴論もあったが、私はこれでよかったと思う。やはり先に名乗ったモノ勝ちである以上は、あとから名乗る側が折れるべきだ。それに、単に「宮古」とするよりは「宮古島」のほうがネームバリューも高くなると思うしね。私みたいな東北人からしてみれば、「宮古」と聞くとどうしても岩手のほうを連想してしまうもの。

 これで、最近話題に上った問題地名はだいたいが覆ったように思う。ただ、まだまだこの先合併は続くわけで、まだまだ予断は許さないだろう。アホな地名は、その都度問題提起していきたい。

合併新市名「宮古島市」に決定(朝日)
posted by atsu at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 市町村合併 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック