2012年02月29日

日本人の神経じゃないわなやっぱ

「裁判、めちゃくちゃ」=死亡男性の母、遺影持ち法廷に―奈良警官発砲(時事)

 「この裁判はめちゃくちゃだ。こっちの言い分を全く聞いていない。腹が立って、悔しくてしょうがない」。警察官の発砲で死亡した高壮日さん=当時(28)=の母金順得さん(74)は奈良市内で記者会見し、無罪判決への怒りと不満をぶちまけた。

 この日も法廷には息子の遺影を持参。主文言い渡しの瞬間は表情がこわばり、隣席の親族に内容を確認。疲れた表情で、ほとんどうつむいたまま裁判長の判決理由の朗読を聞いていた。

 金さんは「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」と拳銃使用に疑問を投げ掛け、控訴審に思いを及ばせ「これからです。絶対勝ちます」と遺影に誓っていた。





 いやはや、清々しいほどのクズっぷりですなwwww。

 判決については至極当たり前なので言及する必要もないです。控訴はまあ無理でしょうけど、順調に控訴棄却、上告棄却として確定してほしい気もしますね。そうしたら、こんな下らない裁判が起きることはもうありません。警察官も拳銃の使用を躊躇しなくて済むようになるでしょう。


 しかしなあ、この母親。私は在日だからというだけで差別したりするのは嫌ですけど、この感覚はもう在日ならではというか何というか。普通日本人だったら、身内がこんなことやらかして射殺されたなんて恥ずかしくて、表になんか出てきませんよね。恥という概念がないんだろうなあと思います。

 ま、せいぜい頑張れ。真っ当な日本人はお前の敵だけどな。





posted by atsu at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。