2012年05月19日

朝鮮に貢いだ結果がこれだよ

文化財「返還」要求相次ぐ 朝鮮儀軌引き渡し逆効果(産経)

 政府が昨年末、韓国政府の歓心を得ようと朝鮮半島由来の図書「朝鮮王朝儀軌(ぎき)」を引き渡したことが逆効果を生んでいる。これをきっかけに、韓国側から朝鮮半島由来の文化財「返還」を求める動きが相次いでいるのだ。菅直人前首相が平成22年の日韓併合100年の談話で日本側に何ら義務がないのに引き渡しを表明し、その路線を野田佳彦首相が踏襲した結果、かえって日韓間に新たな軋轢(あつれき)が生じる事態となった。(杉本康士)

 韓国側が新たな「返還」運動の標的とするのは東京、京都、奈良、九州の4国立博物館が所蔵する朝鮮半島由来の文化財4422点。4月23日には、韓国側の活動を支援する共産党の笠井亮衆院議員が文化庁と国立文化財機構の担当者を呼び説明を要求した。

 このとき笠井氏には儀軌「返還」運動にも関与した韓国の民間団体「文化財還収委員会」の関係者も同席。所蔵品のうち、かつて朝鮮王室が保有していた「朱ビロード地金銀装甲冑(かっちゅう)」「紫縮緬(ちりめん)冠」「金銅製印」の3点について、王室子孫に特別閲覧を認めるよう求めた。

 機構関係者によると還収委は約2年前には、国立博物館の所蔵品を韓国に「返還」するよう要求した。3点を所蔵する東京国立博物館の「東洋館」は改装中で、来年1月のオープン時に「返還」運動が激化することが危惧されている。笠井氏に応対した一人は「民主党政権の儀軌引き渡しで『返還』運動が再燃してしまった」と指摘する。

 日韓外交筋は「昨年の儀軌引き渡し対象は相当精査した。仮にもっとほしいという話になっても『はい、どうぞ』とはいかない」と強調する。日韓間の賠償請求権問題は本来、昭和40年の日韓基本条約と関連協定で「完全かつ最終的に解決」されているためだ。

 だが、「返還」要求の動きは民間にも波及している。

 東京都港区のホテルオークラ本館前の「大倉集古館」が所蔵する高麗時代初期の「利川五重石塔」については、韓国・利川市の民間団体が数回にわたり「返還」を要求してきた。平壌にあったという「八角五重塔」に関しては、文化財還収委が「いったん韓国に持ち帰って、北朝鮮に持っていく」と求めたという。

 このため集古館側は文化庁に対応を相談したが、担当者は「民間のことは民間同士でやってくれ」と責任を回避した。集古館関係者は、儀軌引き渡しについて「民主党政権が点数稼ぎでやっただけだ」と憤りを隠さない。





 「それ見たことか」以外に言葉が出てこないニュースですね。機嫌取りをしたつもりがかえって相手をつけあがらせることにしかつながってない。外交音痴なんてレベルじゃないです。当の菅本人はもうどこ吹く風なんでしょうがね。

 反日を国是としている国に対して、いらぬ気を遣ったところでよい結果など得られるわけがないんです。やつらが、何かをしてやったからといって日本に感謝するようになるかというとさにあらず。このように要求をエスカレートさせ、断ると逆切れしてさらに反日を加速させるだけなのです。中韓には「こないだしてもらったから今度は私がしてあげます」というお互い様の精神がありません。「こないだしてくれたんだから、今度もしてくれていいだろう」がやつらの思考パターンです。だから、する必要のないことをしてやってはいけない。

 要は質の悪いクレーマーと一緒なんですよね。あまりにしつこいから特別扱いしてしまうと、それ以降も同じ対応を要求してくる。あまりに理不尽な要求に対しては頑として断るのが必要なわけですが、民主党のバカどもはそれを受け入れるのが誠意だと本気で思ってるから困ります。まして、クレーマーの側に立って返還要求の手助けをする共産党議員など、まさに売国奴以外の何者でもありません。

 ま、韓国側がどうしても返せと言うなら、私ならこう言って返します。

「よくよく調査してみたところ、これらの文化財は我が国にとって何の値打ちもないことが分かった。ガラクタ同然のものを国の予算で管理することはできないから、お望み通りお返しします」

 いらねーよ実際こんなものww。



posted by atsu at 20:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本をタダで倉庫代わりに使ってやるニダ、の方が彼らにとってもよっぽどお得だと思うんですが…横流しも無いですし。
Posted by リィ at 2012年05月22日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック