2005年10月25日

よりどりみどり

テレビ番組共用録画装置の販売認めず 大阪地裁(産経)

≪「民放の著作隣接権侵害」≫

 マンションに住民共用のサーバーを設置し、住民が予約したテレビ番組を一括録画して好きな時間に視聴できるシステムは著作権を侵害するとして、在阪の民放5社が販売会社クロムサイズ(東京)にシステム販売差し止めなどを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は24日、5社の放送地域で販売しないよう命じた。

 判決理由で山田知司(やまだ・ともじ)裁判長は「システム販売により、著作権に関連する著作隣接権の侵害がほぼ必然的に起こる」と指摘し、違法性を認定。

 同社は「利用するのは住民。著作権法で例外的に録画が認められる『私的使用』であり適法」と主張していたが「システムの設置者と使用者が異なり、私的使用に当たらない」と退け、民放側の差し止め請求を認めた。

 判決によると、システムは「選撮見録(よりどりみどり)」の名称で集合住宅用に開発され、サーバー1つで約50戸に対応。最大5チャンネルの番組を1週間分すべて録画することが可能で、データは1週間、共有のサーバーに保存され、住民は予約した番組を自宅のテレビで自由に再生できる。

 選撮見録は大阪市内の分譲マンションに導入される予定だった。原告は毎日放送、朝日放送、関西テレビ、読売テレビ、テレビ大阪の5社。

 原告5社の話 「放送局の著作隣接権侵害が認められ、主張が大筋で認定された妥当性のある判決だ」(共同)





 うーん、残念。密かにこのシステムには期待していたのだが、こういう判決が出てしまうとちょっとツライね。

 このシステムは、テレビの未来形を示していたと思う。1週間分のテレビ番組を録りだめして、好きなときに見られるようになればテレビに時間を縛られることがなくなる。見逃した番組もあとから見られるわけで、まさに理想的なシステムだ。市販のHDレコーダーでも同じようなことはできるが、さすがに全チャンネルを1週間分も録画するのは無理だもんなぁ。いずれは、そのくらい大容量のものが発売されるかもしれないけど。

 マンションにひとつでっかいサーバーを置いて、共用にするというのはナイスなアイデアである。しかしそれが「システムの設置者と使用者が異なり、私的使用に当たらない」ということになっちゃうのね。でも、1週間経てば消えるわけだし、マンションの住民以外は見られないんだからそれほどの問題があるとは思えないんだけどなぁ。それに公式サイトの説明を見るとあくまで記録されるのは各戸に設置するハードウェアらしいしね。ダメなのかなぁ、コレ。

 記事には、販売会社側が控訴するかどうかは書かれていない。でも、システムとしては実に素晴らしいし、このまま埋もれさせるのは実にもったいない。できたらもう少し頑張ってほしいものだ。

インターネットマンションのBB4U:選撮見録(TVデジタル録画システム)


posted by atsu at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック