2008年04月18日

善光寺は仏教徒としての義理を果たした

聖火リレー:善光寺、苦渋の返上「文化財、信者守るため」(毎日)

 「さまざまな事情で辞退するしかないと考えた」−−。善光寺の若麻績(わかおみ)信昭・寺務総長は18日、長野市役所で開いた記者会見で、苦しい胸の内を語った。

 寺が動いたのは17日午後。急きょ幹部会議を招集し、各国で妨害行為が相次ぐ聖火リレーについて、境内で出発・点火式をするかどうかを議論。「返上すべきだ」との意見が大勢を占めた。18日早朝、若麻績寺務総長が幹部に電話で改めて意思を確認し、返上を正式に決めた。

 その後、寺関係者4人が市リレー実行委員会を訪ね、返上を伝え、実行委側も「判断は重い。尊重する」として変更を了承した。

 「宗教(仏教)の寺として信者の声も(念頭に)ある」。会見で若麻績寺務総長は、判断にチベットの人権問題が大きく影響したことにも触れた。本番約1週間前の返上に、市実行委の篠原邦彦事務局長は「大変衝撃を感じている。残念」と苦渋の表情で語った。【福田智沙】

 ◇若麻績信昭・寺務総長の一問一答は次の通り。
 −−辞退の一番大きな理由は。

 文化財や信者を守らなくてはいけないという安全上の問題と、チベットの人権問題もある。五輪憲章は人種や宗教、イデオロギーを超えた平等の理念がある憲章だと考える。

 −−中国政府のチベット問題への対応か。

 われわれはオリンピック開催の不支持はしていない。やってもらいたいし、平和の祭典であってほしい。

 −−内部で「やるべきだ」との意見はあったのか。

 辞退の方が多かった。

 −−具体的にどう考えて辞退したのか。

 (ラサで)無差別殺人が行われて、チベットの宗教者や仏教者が立ち上がったが、それに対する弾圧は憂慮される。

 −−一般からの電話などで「辞退した方がいい」とする意見が多かったのか。

 正直申し上げると、1日100件超の電話があり、99%が「やるべきだ」という声ではなかった。「(チベットと)同じ仏教の寺でどうして」という内容だった。





 ちょっと決断が遅いという気がしないでもないですが、素直に褒めようと思います。善光寺、GJ。

 最初にこのニュースを聞いたときは、単に混乱を恐れての辞退なのかなと思いましたが、ちゃんとチベット問題に言及したのは偉いです。外国メディアの中には「日本の善光寺がチベット問題に抗議して聖火リレーの出発地を辞退」と報じるところもあるでしょう。日本の仏教徒もチベット問題をきちんと考えていることが世界に知られることになるので、これは仏教界にとってもよいことです。

 26日に長野へ出向く人々は、恐らくみんなリレー終了後に善光寺参りをすると思いますよ。きっとお賽銭もはずむことでしょう。私は行けませんが、行く方々は善光寺を褒め称えてきてあげて下さい。前に一度行ったことはありますが、私もそのうち再訪したいと思います。




長野の聖火リレー、スポンサー企業が広告車参加を辞退(読売)

 長野市の聖火リレー実行委員会は17日、長野市で26日に行われる北京五輪の聖火リレーで、スポンサーの日本コカ・コーラとレノボ・ジャパンが、自社企業の広告を付けた車両の、リレー車列への参加を辞退していたことを明らかにした。

 実行委によると、同じくスポンサーのサムスンは当初から参加を見合わす方針で、スポンサーによる広告車は、一台も出ないことになる。

 リレー実行委などによると、辞退が正式に決まったのは約2週間前で、レノボは広告車両の規格などが合わなかったことが主な理由としている。聖火リレーは、チベット問題をめぐる中国の人権問題への抗議対象となり、各地で混乱が続いている。





 スポンサーも、今回の事態には辟易してることと思います。何で金を払って批判されなきゃならないんだって。まあ気の毒ではありますが、北京十輪に協賛することはマイナスイメージにしかならないということがだんだんと分かってきたようで。ま、授業料は高かったけど、いい勉強にはなったんじゃないでしょうか。

 おまけ。ひとつのエントリを上げるほど価値のないニュースなんで、ここに書きます。




自衛隊イラク派遣に違憲=兵士空輸「武力行使と一体」−名古屋高裁(時事通信)

 自衛隊のイラク派遣は違憲として、愛知県などの弁護士と各地の住民らが国を相手に、派遣差し止めと慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決が17日、名古屋高裁であり、青山邦夫裁判長(高田健一裁判長代読)は「米兵らを空輸した航空自衛隊の活動は戦争放棄を規定した憲法9条1項に違反する」との判断を示した。派遣差し止めと慰謝料請求の訴えは認めなかった。

 自衛隊イラク派遣をめぐる同様訴訟は全国で起こされているが、違憲判断は初。国側は勝訴のため上告できず、確定する見通し。1審名古屋地裁は憲法判断をせずに訴えを退けていた。

 原告側弁護士によると、9条違反を認めたのは1973年の札幌地裁・長沼ナイキ基地訴訟判決以来35年ぶり。高裁では初めて。

 青山裁判長は、イラクの現況について「国際的な武力紛争が行われ、特にバグダッドは戦闘地域に該当する」と認定。その上で空自が2006年7月以降、米国の要請を受け、クウェートからバグダッド空港に多国籍軍の兵士を輸送している点について「多国籍軍の戦闘行為に必要不可欠な軍事上の後方支援」と指摘し、「他国による武力行使と一体化した行動で、自らも武力行使を行ったとの評価を受けざるを得ず、イラク特措法や憲法に違反する」と述べた。





 このニュース、まるでデジャヴかと思いましたよ。福岡地裁と大阪地裁の靖国訴訟判決と構図が全くおんなじで、思わず苦笑しちゃいました。

 サヨクの皆さんはこの判決を大喜びしてますが、敗訴したクセに傍論ごときではしゃいでいる彼らが哀れでなりません。こんなのは所詮、法的拘束力も何もない単なる「裁判長の個人的感想」でしかないのに。

 靖国訴訟の時も思いましたが、裁判長は卑怯千万ですよ。こんなことを言うくらいなら、ちゃんと原告を勝たせるべきなんです。なのに形式上は国が勝訴という形になるから、国は最高裁に判断を仰ぐことができません。これは本当にずるいことだと思います。

 まあイラクに関していえば、私は既に自衛隊の派遣賛成でも反対でもありません。だけど、日本は一定の貢献はしたと思っているし、今も輸送に携わっている自衛隊員の皆さんの士気を削ぐようなことはしたくないです。


posted by atsu at 22:59| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
善光寺、当然の対応ですよね。
この対応を見てどっかの自称庶民の王者(笑)はどうするんでしょうかね?その対応にますます注目です。
それでもなおコキントーに尻尾振っているんでしょうか?

とりあえず、各新聞の一面で「違憲」ってでかでか書いていたアカヒと東京は間違いなくミスリードでありますな。読売の「一部」違憲ってのが正確な書き方だったかと思うのですが。
政治部記者の嬉しさが良く伝わってきたアカヒと東京の見出しでした。
Posted by カミュ at 2008年04月19日 10:56
>カミュさま

層化にゃ何の期待もできませんわな。
これを違憲判決と臆面もなく書けるマスゴミは本当にマスゴミです。
どうしょうもないですね。
Posted by atsu at 2008年04月23日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック