2008年06月05日

日本人の子は日本人

国籍法「結婚要件」は違憲=「家族生活の意識変化」−最高裁大法廷(時事)

 結婚していない日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた子供計10人が日本国籍を求めた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・島田仁郎長官)は4日、「家族生活や親子関係への国民意識は変化しており、今日では不合理な差別に当たる」として、両親の結婚を国籍取得の要件とした国籍法の規定を違憲とする初判断を示した。その上で、訴えを退けた二審判決を破棄、原告全員の日本国籍を認めた。

 最高裁が法律の規定を違憲としたのは、在外邦人の選挙権を制限した公選法の規定をめぐる2005年の判決以来で、8例目。国会は法改正を迫られる。

 15裁判官中9人の多数意見。父母の結婚により国籍の差が生じることについては12人が違憲とした。





 至極当然の判決だったと思います。日本人の血を半分引き継いでいるのだから、本当だったら無条件で日本国籍が付与されて当然。その当然のことが、裁判を経なければ認められなかったというのは法の欠陥と言わざるを得ません。国はさっそく国籍法の改正へ向けて動き始めましたが、一刻も早く子供たちの人権が回復することを祈ります。

 しかし、フィリピンにも日比ハーフの子供たちがたくさんいるんですよね。しかも彼らは、父親に認知すらされていないので境遇はさらに過酷です。まあ、フィリピンで育った場合は日本語も話せないので、そのままフィリピンで暮らしたほうが合理的だとは思いますが、不幸な子供たちの種をばら撒いてくる日本人の父親どもにはまったく腹が立ちます。ヤツラは日本人の恥です。

 女性に妊娠させてしまったのなら、結婚するか認知するかして責任を取るのが筋というものです。どうしてもそれが嫌なら、中絶させるしかありません。だけどこの父親どもは、子供が生まれてしまうまでそれを怠っているわけですよ。生まれるまで知らされていなかったという可能性もありますが、それでも彼らに同情することはできません。

 今回の原告の一人である女の子の例も、父親が結婚できない事情がまったく理解できませんでした。私はてっきり、その父親が既に妻子持ちだから結婚できないんだと思っていたのですが、その父親はその4年後にその子の妹をこさえているんですよね。妹の場合は生まれる前に認知したので問題なく日本国籍らしいですが、どうして結婚はできないのに2人目の子供は作れるんでしょう。いくら考えても、この父親の結婚できない事情とやらが分かりません。

 お妾さんを囲うのが男の甲斐性だった時代なら、外の二号さんに複数の子供がいてもおかしくないと思います。だけど、今はそんな時代じゃないですよ。この父親にもしも妻子がいるのなら人間として最低だし、いないのに結婚しようとしないならそれも最低です。だいたい、妻子がいるから結婚できないという理由以外に、子供の人権よりも優先させなければならない事情などあるのでしょうか。

 この件に限っては、全ての責任は日本人の不貞男性どもにあると断言せざるを得ません。フィリピン人の母親および、国籍がもらえずに不便を強いられた子供たちには、同じ男として心からお詫びしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。


posted by atsu at 23:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック