2007年06月20日

輸血されるくらいなら死ぬほうがマシ?

エホバ女性信者が輸血拒否し死亡、病院と同意書交わす(読売)

 大阪医科大学付属病院(大阪府高槻市)で5月中旬、帝王切開の手術を受けた宗教団体「エホバの証人」の女性信者が、宗教上の理由から輸血を拒否し、死亡していたことがわかった。病院側は本人や家族に死亡の危険性を説明したうえで、輸血拒否の同意書を交わしていた。

 同病院によると、女性は妊娠42週目で、帝王切開の手術をしたが、子どもを取り出した後、子宮外から大量に出血。止血したものの輸血は行わず、女性は数日後に死亡した。子どもの命に別条はなかった。

 宗教上の理由で輸血を拒む患者について、同病院が2年前に作成したマニュアルでは「患者の意向を最大限に尊重したうえで治療に当たる」と規定している。今回も、マニュアルに基づいて本人から同意書や医師の免責証書を得たほか、家族にも輸血の許可を再三求めたが、断られたという。

 同病院は「最善の処置を取った。治療上の問題もなかったが、結果的に亡くなったことは申し訳ない」としている。

 エホバの証人の信者に対する輸血を巡っては、緊急時に無断で輸血して救命した医師と病院が患者に訴えられ、自己決定権を侵害したとして、2000年に最高裁で敗訴が確定。以降、患者の意思に反して輸血はしないとの指針を持つ病院が増えている。





 「輸血を拒否して死ぬなら本望」と本人や家族が思ってるのなら別にいいですけど、全体的に理解不能なニュースです。あまり宗教を批判したくはないんですけどね。

 驚くのは、過去に輸血を巡って裁判が起こされ、あろうことか患者を救命した病院が敗訴したってことですね。しかも最高裁で確定しているから、これはもう判例になっちゃってます。同様のことで訴えられたら敗訴は確実なので、病院側としてもエホバには腰が引けちゃってるんですね。

 しかしですよ。医師たるもの、目の前に死にそうな人がいて、適切な処置をすれば助けることができるのならば助けるでしょうよ。前の裁判の件だって、緊急時と書いてあるじゃないですか。輸血を要するほどの緊急時に、いちいち患者の同意なんて取ってられますか? だいたい、そのときにその患者は物事の判断ができるほど意識がはっきりしてたんですか? あとになって、自分の命の恩人に対して「よくも輸血なんかして助けやがったな。訴えてやる!」などと言うのは、人間としてどうかと思います。特定の宗教の信者だからと、許されることではありませんよ。

 延命治療を拒否して、尊厳死を選ぶのとはワケが違います。だって、輸血さえすれば助かるんですから。それをみすみす、輸血ができないために死なせてしまうのは、医師としても気持ちのよいことではないでしょう。医師は、患者を助けるためには最善の方法を尽くすものです。輸血しなければ死ぬと思えば輸血するのは当然です。

 それが嫌ならば、最初から現代医学になど頼らなければいいんです。エホバには選挙禁止だのオナニー禁止だの普通じゃ考えられない戒律がたくさんあるみたいですから、いっそのこと病院へ行くのも禁止したらいいんですよ。輸血だけ禁止しているから問題がややこしくなるんです。

 でも、エホバにはその考えはないみたいですね。だって調べてみたら、臓器移植はOKみたいですもの。何で臓器移植がOKで、輸血がダメなのか理解不能です。他人の臓器を移植してでも生き延びたい人間が、仮に死んでも輸血を拒否するというのは、いったい何ぞや? と思いますね。

参考:http://watchtower.org/j/20000108/article_01.htm

 エホバの証人…、私には到底理解できない宗教のようです。まぁ、信仰している人のことを悪くは言いませんが、どうか他人に迷惑のかからない範囲でやってください……。

【追記】

 今回の件では、家族も患者の意思を尊重してくれと言ってたようなので問題ありませんでしたが、仮に家族が信者でない場合はもっと面倒なことになりそうですね。

 輸血して助けたら、患者から「なぜ助けた!」と訴えられる。輸血せずに死なせたら、家族から「なぜ助けなかった!」と訴えられる。こういう場合、病院はどうしたらいいんでしょうか。仮に私が家族だった場合、病院にはあらかじめ本人の言うことは聞くなと釘を刺しておきますけどね。命よりも大事な教義なんてないのです。


posted by atsu at 22:07| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

梅雨はどこに消えた

いい天気だね〜♪ よ過ぎるね〜(-_-;)
Yahoo!天気より拝借


 おい、梅雨はどこ行った??

 まったく、昨日は梅雨らしい天気だったけど、今日はまるで真夏みたいに真っ青な空でした。昨日までは、週間予報もずっと曇りや雨マークばかりだったのに、今日になってみたら来週いっぱいはずっと晴れ模様です。本当に昨日梅雨入りしたんですかね?

 こうなってくると、マジで心配なのは夏の渇水。今年は猛暑だっていうのに、その上で水まで出ないとなると、クーラーを極力使わない方針の我が家は死活問題です。水浴びできなかったら、わたし死んじゃう!!

 そこで、梅雨前線に命令です。明日明後日はこのままでいいから、月曜からは北上してきて列島に雨をたくさん降らせるように。それも、群馬とかのダムがあるところにたくさん降らせるんだぞ。この命令に背いた場合、軍規に照らして厳正に処罰します(笑)
posted by atsu at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

でかい腹しててもプカプカ

ああ喫煙ママ…半数が妊娠中も吸い続ける(産経)

 ■受動喫煙の害を認識も止められず

 喫煙している母親の半数近くが妊娠中もたばこを吸っていた−。製薬会社ファイザーが、未就学児を持つ喫煙者の男女300人ずつを対象に行ったインターネット調査で、こんな結果が19日までにまとまった。

 ほとんどが受動喫煙の子供への害を認識していた。だが母親300人で妊娠中の禁煙に成功した人は137人にとどまり、「途中で挫折」「本数を減らした」と回答した人が42人ずつ。禁煙しなかった52人と合わせ、136人(45・3%)が妊娠中もたばこを吸っていた

 子供と飲食店に行った際、禁煙席を選ぶと答えたのは父親が131人(43・7%)に対し、母親は116人(38・7%)。子供が同乗する車内や自宅での禁煙、分煙の実施率も、母親がたばこを吸う家庭の方が低い傾向がみられた。

 80%以上が将来、子供に喫煙してほしくないとしているが、自分の喫煙が子供の喫煙につながると考えながら吸い続ける人も約70%に達した。

 同社は「母親が喫煙している家は父親も喫煙者の場合が多く、受動喫煙への意識が低いのでは」としている。





秋本先生から喫煙女性へ忠告
(C)秋本治
こちら葛飾区亀有公園前派出所第34巻3話「煙はEなもの!?」より
(現在の版にはないそうです。私の手元にあるのは第38刷)


 煙草の中毒性とは、げに恐ろしきものなのですねぇ。我が子が胎内に宿っても、なおやめられないとは。父親も父親で、奥さんが妊娠しているのを承知しながら眼前で吸っているとしたら、どうしようもないバカだと思います。

 生まれる前からニコチンを吸わせていたのなら、将来、子供がバカに育っても文句は言えませんよ。むしろ、マトモに育てばめっけもんくらいに考えてもらわないと。

 私は嫌煙派ですが、愛煙家の方の権利もある程度は認めてあげるべきと考えています。だけどそれでも、女性には極力吸って欲しくないですね。一生出産する気がないか、もう更年期を迎えたならいいですけど、いつ妊娠するか分からない若い女性は、絶対に吸うべきじゃないと思います。妊娠初期には気付かないからです。

 しかし、世に喫煙する女性の多いこと多いこと。特に道端などで、自分のタイプの女性が鼻から白い煙を吐き出しているところを見るたびに、大きな失望を抱いています。「ああ、MOTTAINAI」と。

 ところで、妊娠中からタバコを吸わされていた赤ちゃんがDQNになる確率というのも調べて欲しいですね。世の中の非行少年の親が妊娠中にも吸ってたかどうか、私は知りたいです。
posted by atsu at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

悪いことは言わない。親はすぐに名乗り出ろ

赤ちゃんポストに3歳男児、運用初日に父預ける…熊本(読売)

 親が養育できない新生児を匿名で託す熊本市の慈恵病院(蓮田晶一院長)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)に、運用初日の今月10日、男児が預けられていたことがわかった。

 男児は「3歳で、父親に連れて来られた」と話しているという。熊本県警は保護責任者遺棄罪に当たるかどうか調べている。預けられたのが、想定していた「赤ちゃん」ではなかったことで、「養育放棄を助長しかねない」と懸念する声が強まりそうだ。

 病院は10日正午、ゆりかごの運用を開始。関係者によると、男児が預けられたのはその2、3時間後らしい。男児は名前を名乗り、「父親から(ゆりかごに)入れられた」と話している。話の内容から、熊本県外から連れて来られたとみられる。健康状態は良好で、身元を示すものはないという。

 県警は男児の身元を特定し、保護者から事情を聞く方針。

(以下略)





気楽に殺ろうよ
藤子・F・不二雄異色短編集第2巻収録「気楽に殺ろうよ」より

間引き
藤子・F・不二雄異色短編集第1巻収録「間引き」より


 最初からこれかと思うと、全く先が思いやられる。私は今後も、病気の子や障害児が入れられることがあるだろうと予想している。「いらない子供はここに連れてくれば罪に問われない」という意識が、バカ親どもの間で蔓延するのは間違いなかろう。

 赤ちゃんを助けたいという病院の主張は支持する。だが、世の中はそう甘くないということだ。本当に苦しい事情があってやむを得ず子供を手放すのなら仕方ないが、ただ単にいらなくなったから、育てるのがしんどいからという身勝手な理由で子供を捨てる親は多い。赤ちゃんポストはそういう親のためにあってはならないし、そういう親たちを免罪する存在になってはならない。

 今回の件だが、これは確実に「子捨て」である。彼は「新幹線で来た」と言っているとも伝えられているが、子供を捨てるために遠路はるばるやってきたのかと思うと不愉快極まりない。どうしても子供を育てられない事情があるのなら引き取るから、黙って子供を置いていくなと強く言いたい。親はすぐに名乗り出てほしい。その上で、どうしても子供を育てられない事情があるのなら親権を放棄し、養子縁組の手続きを取るべきだ。

 やはり、匿名で子供を捨てていける設備というのは問題があるのではないだろうか。本気で子供を助けたいのならば、面談形式にするべきだ。どんな事情でも子供は預かるから、相談してくれという形を取ったほうがいい。そのほうが、子供の福祉のためにいいに決まっている。

 冒頭に引用した漫画は、藤子・F・不二雄の「気楽に殺ろうよ」と「間引き」という作品である。どちらにも「子を捨てることに罪悪感を持たない親」が描かれているが、これが現実化したらと思うと戦慄を覚える。赤ちゃんポストの理念は非常に崇高であることは認めるが、世間はその理念についていけるほど性善説で成り立ってはいない気がする。
posted by atsu at 23:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

酒造りのうちに入らんよ

法律違反で手作り果実酒を廃棄(札幌テレビ)

 ニセコのペンションで提供されている自家製の果実酒が法律違反だとして、税務署に捨てられることになりました。果実酒を楽しみに訪れる人も多いというペンション側は、困惑しています。

 冬はスキー客で賑わうニセコ・アンヌプリスキー場のすぐ麓にある人気のペンション。その人気の秘密は、所狭しと並んだ自家製の果実酒。

 (ふきのとうオーナー・池田郁郎さん)「これは湿地の実ですね、ツルコケモモ(の果実酒)」

 レモンやモモなど市販の果物からコクワ、キイチゴなど地元の山の実で作ったものまで。その数、100種類以上。この豊富な果実酒をお目当てに、泊まりに来る客も少なくありません。ところが、この果実酒、来週中に全て、廃棄させらることになってしまったのです。

 (ふきのとうオーナー・池田郁郎さん)「え、まさか、ですよね」
いったい、どうして?

 100種類を超える自家製の果実酒がウリもののニセコのペンション。ところが先月末、税務署から突然「果実酒を出すことは違法なので全て廃棄する」という連絡があったのです。
(ふきのとうオーナー・池田郁郎さん)「旅館等で作ってはいけないというルールは知らなかった」

 酒税法によると、果物や木の実を焼酎などに漬け込んで果実酒を作ることは、発酵させていなくても「みなし醸造」とされ、免許が必要とされています。しかし、個人の楽しみとして、葡萄や穀物類以外の果物で、度数20度以上の焼酎で、果実酒を作ることは認められています。つまり、自家製の梅酒などを、自宅で飲む分にはいいのですが、飲食店や宿泊施設で出すのは、無料でも、実は「違法」なのです。豊富な果実酒を名物として、30年近くペンションを続けてきたオーナーの池田さんは税務署から突然きた指摘に困惑しています。
 (ふきのとうオーナー・池田郁郎さん)「ウリがなくなるというのは辛い」

 池田さんは、果実酒の作り方を本にするなど、知る人ぞ知る果実酒の達人。それだけに、残念な思いは人一倍です。
 
 (ふきのとうオーナー・池田郁郎さん)「法治国家なので法には従わないといけない。今回はあきらめてます。本当に困った法律ですよね・・・」





 果実酒くらい、かたいこと言わなくてもいいじゃないのねぇ。焼酎を一から造るわけじゃないんだから、厳密には「酒を造っている」わけじゃないじゃないですか。大量生産して売ったりしてるわけでもないんですからねぇ。

 自分で飲むぶん以外は全部廃棄みたいですが、何ともMOTTAINAI話です。果実酒ってそのままだとドロドロしているイメージがありますが、下水に流して捨てるんでしょうか。環境にとっても非常によろしくないですよ。

 せめて廃棄というカタチは取らず、今あるぶんは客に振る舞っていいよという配慮はできないんでしょうか。で、これからも造りたいのなら酒類製造免許を取得しろってことにして。そのくらいの融通は利かせてほしいもんです。だいたい、30年以上もほったらかしにしといて、今さら杓子定規にこんな法律を適用するんじゃないですよ。ったく。
posted by atsu at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

虫が島を消す

デリヘル嬢ら6人が緊縛強盗…客に因縁つけ現金奪う(サンスポ)

 デリバリーヘルス嬢の派遣を依頼した男性客から現金などを奪ったとして、警視庁捜査一課と東京水上署は2日までに、強盗などの疑いで、住所、職業ともに不詳の金敬造容疑者(37)や住所不詳、無職の少年(19)、長野県のデリヘル嬢の少女(19)ら男女6人を逮捕した。

 調べでは、6人は昨年10月29日深夜、東京都港区の会社員の男性(43)方に侵入し、手足を粘着テープで縛って「やくざものの女に手を出したらどうなるか教えてやる」と脅迫。催涙スプレーを吹き付けて現金約5万4000円などを奪った上、近くのコンビニに男性を同行させ、現金自動預払機で現金86万円を引き出させて奪った疑い。

 男性が8日前に同じ店にデリヘル嬢を依頼した際、少女とわいせつな行為をしたことを少年が知り、仲間に相談したという。





 あの〜、デリヘル嬢と猥褻な行為をして何が悪いんですか? 自分の女が黙って風俗嬢をやっていたことに怒るのなら分かりますが、どうしてその矛先が客に行くんでしょうか。新手の美人局ですかね?

 これが買春の結果だったら、男性も自業自得だと思います。だけど、デリヘルはいちおう合法ですからね。女も19歳みたいだし。性欲の処理をするために、しかるべきお金を払ってしかるべきお店を利用することは非難できません。エッチをするために派遣されてきた女とエッチしたことで、「人の女に手を出しやがって」と言われても困りますわな。




瀬戸内海の無人島“消滅”の危機…原因は虫!?(産経)

 広島県東広島市の沖合にある瀬戸内海の無人島「ホボロ島」が、無数の虫による侵食で“消滅”の危機にあることが、沖村雄二広島大名誉教授(地質学)の調査で分かった。満潮時は岩が一つ頭を出すのみで、地元住民は「寂しいが、自然の成り行きで仕方ない」と小さくなっていく島を見つめている。

 沖村名誉教授は、地元で「島がなくなる」と言われていたホボロ島を調査。岩に穴を開けて住むナナツバコツブムシという体長約1センチの虫を多数発見した。ホボロ島は風化しやすい岩でできており、ナナツバコツブムシがもろくなった岩に穴を開け、その岩を波がさらに削っていると結論づけた。

 1725年に364メートルあった島の外周が、1825年には220メートルになったとの記録があるという。現在は東西約90メートルの細長い形に縮小、別の種類の岩でできている周辺の島に変化はない。

 「台風の後に目立って小さく見える。特にここ10〜15年の間に小さくなったようだ」と郷土史を調べている東広島市の矢原大和さん(68)は話す。

 沖村名誉教授は「風と波による浸食は通常数千〜数万年かかるが、虫がかかわることで急速に進んでいる」と驚いている。





 このナナツバコツブムシという虫に、地球を蝕む人間を重ねてしまいます…。たったの50年で、自分たちが住む島をこんなに侵食したというのは、たったの50年で地球をこんなに汚した人間に通じるものがありますね。この島、あと半世紀もつでしょうか。

 しかしまぁ、この虫はワラジムシに似た小さい虫みたいですが、すごいもんですね。虫の力も侮れないなぁ。
posted by atsu at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

中銀カプセルタワービル

見れば見るほど変なビル

高速道路がジャマだなぁ

下から見上げたアングル



 こないだの東京都知事選挙で、見事討ち死にした黒川紀章氏の遺作作品「中銀カプセルタワービル」の取り壊しが決まったというので、今日ちょっと撮影してきました。

 黒川さんは残したがってたみたいですが、やはり特異な建物だけに、使い勝手が悪かったみたいですね。不忍池のほとりにあるソフィテル東京もそうですが、先鋭的な建造物というのは実用の面でまずい部分があるようです。

 いつ頃壊されるのかはまだ分かりませんが、一度中を見てみたいんですよね。解体が始まる前に、一般公開とかしてくれないかなぁと思ってます。

黒川氏の代表建築、取り壊しへ 銀座のカプセルタワービル(産経)
posted by atsu at 22:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

改めて代理出産に反対します

代理出産で親子認めず「がっかり…」向井亜紀さん夫妻会見(読売)

 タレントの向井亜紀さん(42)夫妻が11日、東京都内で会見し、代理出産で生まれた双子の男児(3)との母子関係を認めなかった先月23日の最高裁決定について、「正直、がっかりした。子どもたちが成長した時に、なぜ認められなかったのか、説明しても理解出来ないと思う」と語った。

 米国の女性が出産した双子は現在、米国籍で、保護養育者が日本人という在留資格で日本に滞在している。出生時に日本国籍を得るための手続きは、この日が期限だったが、米国人女性を母とする出生届を提出することが条件となるため、夫妻で話し合って断念したという。

 最高裁決定では、3裁判官が補足意見で、向井夫妻と双子を特別養子縁組することもできると指摘した。ただ特別養子縁組するには、親子関係を消滅させる同意を得た上で、申請書類の母親欄に米国人女性の名前を記入する必要がある。向井さんは「代理母契約の問題もあり、簡単ではない」とし、特別養子縁組については、「親子と認められないことのデメリットも考えながら、結論を出したい」と述べた。また、今後、日本国籍の取得の可能性も検討するという。

 一連の裁判については、「時間とお金、労力がかかった社会科見学だった」と振り返り、「この経験が、代理母を認める立法のために、少しでもプラスになればうれしい」と語った。





 昨日、このニュースをテレビでチラッと見たときには「何で特別養子縁組をしないで、わざわざ困難な道を行くの? マジで意味ワカラン」と思ったのだが、一夜明けて詳しい記事を読んだら納得できた。契約上、女性を実母と記載することができないのなら、確かにやむを得ない判断だったろう。

 この先、国がやるべきなのは、特例として特別養子縁組くらいは認めてあげることだろう。実母名の記載が必要とは言うものの、例えば捨て子を養子に迎える場合は、実母名の記載はいらない(というかできない)はず。ここは裁判所が裁量を利かせて、書類上は実母が存在しないとして養子縁組を完了させてやるべきだ。

 だが、向井亜紀が実母になるのは無理だと思う。養子縁組さえ済めば、法律上も実の親子と扱いが同じになる。要は書類の上で養子だと明記されるだけの話なので、もはやそれ以上贅沢は言わないほうがいい。双子が普通とはかなり異なる方法で生まれてきたことは事実だし、それを子供たちに隠さないためにも、むしろ養子と記載されていたほうがよいと私は思う。将来子供が「どうして養子になってるの?」と聞いてきたら、そのときにきちんと説明してあげればよい。


 そして、もうこれ以上同じようなゴタゴタが起きないように、国は早急に法体制を整えなければならない。根幹は、代理出産の禁止である。

 やはり、他人の命を危険に晒してまで、自分の実子を作ろうというのには賛成できない。もちろん自分の子供が欲しいと思う気持ちは分かるのだが、自然に子供を生める体じゃなくなった以上は、運命として受け入れるべきである。私が将来的にそうなった場合は、きっぱり諦めて「赤ちゃんポスト」に捨てられた不憫な子でも引き取って育てようと思う。電車が好きな子だったりしたら、私は喜んで育てる。

 今日、祖母が孫を代理出産しようとしていたというニュースがあった。実の娘のために一肌脱ごうとする母の姿は美しいのだが、これもやはり問題があると思わざるを得ない。このケースのことを言うわけじゃないが、例えば離婚することになった場合、子供の親権を巡る争いがますます複雑になりはしないだろうか。妻の母親ならまだマシだが、夫の母親が代理出産した場合は、生んだ祖母だって孫を手放そうとはしないだろう。全てがそうなるとは言わないが、様々な禍根を残す可能性が高まることと思う。

 生まれた子供に罪はない。だけど、生まれながらに余計な重荷を背負う子供が生まれてしまうことは防がなければならない。代理出産と死後生殖は、法律でしっかりと禁ずるべきだ。
posted by atsu at 23:46| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

インコには住所を教えましょう

ボク「ピーチャン」 迷子のインコ、自己紹介で飼い主の元へ(産経)

 「オチチョー、イック、ニシガワ、ピーチャン」。2月中旬に高知県越知町で見つかった雄のセキセイインコ、ピーちゃんが、住所と名前を「自己紹介」したため、このほど無事飼い主の元に戻った。

 飼い主は同町の1区に住む西川裕静さん(81)、楠寿さん(75)夫妻。ピーちゃんは掃除のスキに飛び出し、同町の男性に保護された。自己紹介するインコの相談を受けた越知郵便局の井上美三局長(56)が西川夫妻を捜し当てた。

 裕静さんは「子供が帰ってきたような気持ち」と感激しきり。10日ぶりで帰宅したピーちゃんもすっかり元気になり「ピーチャン、オリコー(お利口)」などと絶え間なくしゃべっている。





 無事に飼い主の元へ戻れてよかったねぇ。飼われてるインコは、逃げ出してもすぐにカラスや猛禽類の餌食になることが多そうだから、よかったよかった。これを機に、自分ちの住所をインコに覚えさせる飼い主が増えるかもね。

 そういや昔、こち亀でも似たようなネタがあった。

住所を喋れりゃ困ることないね
(C)Osamu Akimoto 1989
第58巻4話「キツツキパニックの巻」より


 インコじゃなくて、キツツキだったけどね。両津や麗子の声を真似ては、勝手に寿司やコーヒーを注文するという困った鳥だった。
posted by atsu at 22:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

異常行動云々の前に、罹らないことが大事

タミフル飲み9歳女児が異常行動、インフル感染なし(読売)

 インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後に異常行動をとった9歳の女児が、インフルエンザにかかっていないと診断されていたことが28日、わかった。

 診断した医師は「異常行動の原因はタミフルの可能性がある」と話している。厚生労働省も事実関係を把握し、タミフルとの関連について検討することにしている。

 女児を診察した都立八王子小児病院(東京都八王子市)の久保田雅也・小児内科医長によると、女児は昨年3月、都内の医療機関でかぜと診断されたが、その後39度まで体温が上がったため、家族の希望でタミフルが処方された。

 午後8時ごろにタミフルを飲んで眠ったが、2〜3時間で起きて叫びながら家の外に飛び出そうとし、家族が5〜6分間体を押さえたという。その後、八王子小児病院でインフルエンザではないと診断された。


「タミフル」服用せず、自宅2階から転落(読売)

インフル14歳男子

 横浜市栄区の医院でインフルエンザと診断された中学2年の男子生徒(14)が、自宅2階から転落していたことが29日、わかった。

 厚生労働省が10歳代への使用中止を求めたインフルエンザ治療薬「タミフル」は服用していなかった。けがはなかったが、意識が一時もうろうとした状態だった。

 横浜市小児科医会によると、男子生徒は38度の熱を出し、20日に個人医院でB型インフルエンザと診断された。症状は軽く、医師は解熱剤アセトアミノフェンだけを処方した。

 21日朝、2階の部屋で男子生徒が寝ていないことに父親が気づき、捜したところ、庭をはだしで歩いているところを見つけた。状況などから2階から落ちたとみられる。

 市小児科医会は厚労省に報告した。同様の異常行動は、17日にもタミフルを服用していない14歳男子生徒が自宅2階から飛び降りて足を骨折したケースが明らかになっている。





 タミフルはシロなのか、クロなのか、そろそろはっきりしてほしい。こういう報道を見ていると、頭がこんがらがってくるね。飲んでも飲まなくても異常行動を起こすとはこれいかに。

 タミフルは限りなくクロに近いんだろうけど、元々インフルエンザだけで異常行動を起こすことがあるんだろうね。タミフルは、それを促進してしまうってことなのかな? 医学と薬学の知識がない私には、その程度の推測しかできない。

 まあでも、以上行動を起こさないために最も重要なのは、そもそもインフルエンザに罹らないことっしょ。私は25年間生きてきたけど、一度も架かったことないよ。予防接種も打ったことないんだけど、毎年びくともしない。弟が罹ったときも、一緒に生活していながら私には伝染ることもなかった。

 慢心にならないように気をつけてはいるけど、風邪も滅多にひかないし、私には割と耐性が備わっているのかも。幼い頃は気管支炎だったから、呼吸器系はそんなに丈夫じゃないと思うんだけどね。

 思い当たるフシは、やはり水泳を10年間やっていたことかな? 水泳が私の体を健康にしたことだけは間違いないようだ。もしもやってなかったらと思うと、ゾッとするね。
posted by atsu at 23:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

牛乳は世界一美味しい飲み物だい!

「牛乳=有害」は根拠示せ…医師らが書籍著者に質問状(産経)

 ミリオンセラーになっている「病気にならない生き方」(サンマーク出版)に、牛乳乳製品に関し科学的根拠が疑わしい記述があるとして、医師や栄養学の専門家らでつくる牛乳乳製品健康科学会議(会長、折茂肇健康科学大学長)は27日、同書の著者、新谷(しんや)弘実・米アルバート・アインシュタイン医科大教授に質問状を送り、回答を求めた。

 新谷教授は同書で、牛乳を作る過程でホモゲナイズ(均等化)することで、乳脂肪は酸素と結びつき過酸化脂質に変化してしまうとし「市販の牛乳は『錆(さ)びた脂』ともいえる」と記述。また「牛乳のカルシウムはかえって体内のカルシウムを減らしてしまう」「牛乳の飲みすぎこそ骨粗鬆(しょう)症を招く」など健康への悪影響を述べている。

 同会議は「ホモゲナイズしても乳脂肪が酸化されることはほとんどない。牛乳を飲むことで体内のカルシウムが減ることはなく、骨粗鬆症になることもない」などと反論。質問状で、牛乳乳製品に関する記述8項目について、内容を裏付ける科学的根拠を示すよう求めた。





 牛乳大好きッ子である私は、この本には多大なる怒りを感じています。あろうことか私の両親がこの本に感化されちゃって、私に会うたびに「牛乳飲む量を減らせ、減らせ」と五月蠅いんです。私にとって牛乳は生きていく糧ですから、飲まずに生きていけるわけがありません。本当に牛乳有害論には迷惑してます。

 今回、著者の新谷教授に質問状が行ったわけですが、全国の酪農関係者の怒りは私のそれを大きく上回っていることでしょう。彼らにとっては死活問題もいいところで、実際に近年の消費低下はこの本の影響が少なからずあります。まるで有害物質を生産して消費者に売りつけているような書かれ方をされては、そりゃ黙っていられないのは当たり前です。

 新谷教授には納得いく説明をしてほしいところ。ちゃんとした実験のデータも公表し、それが正しいのならば世界的な学会で発表してもらいたいものです。世界的に正しいと認められるなら、ある程度は有害論も受け入れましょう。

 だけど、例え有害だと立証されたとしても、私は牛乳を飲むのをやめません。

 だって、いくら体に悪いといっても、それはタバコに比べてどれだけ悪いのですか? 牛乳を飲み過ぎることによって病気になる可能性は、お酒を飲み過ぎることによって病気になるケースの何分の一ですか? そんな些細なリスクのために、あんな美味しい飲み物を手放すのは狂気の沙汰です。

 牛乳は周囲の人の健康を害さないし、酔っ払って周囲に迷惑をかけることもありません。ですから、やめる理由は何ひとつないです。私は気にせず飲み続けますよ、死ぬまで。

 もうこうなったら、私が将来骨粗鬆症になるかどうか賭けようじゃありませんか。私は、ならないほうに100万ギル賭けます。牛乳を飲み続けても骨粗鬆症なんかにならないことを、私の体で証明してやりますよ。実験台になってやるんだから、有難く思いなさい。
posted by atsu at 23:30| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

的外れなニュース2件

国会前でダンプが土砂投棄(スポニチ)

 7日午後0時半ごろ、東京都千代田区の国会議事堂正門前に男が大型トラックで乗り付け、荷台から大量の土砂を路上に捨てた。警備中の警視庁機動隊員が発見し、男を麹町署に引き渡した。

 調べでは、男は神奈川県に住む自称土木会社社長(60)。「ディーゼル車の排ガス規制に対する抗議」などと話しており、同署は道路法違反の疑いで事情を聴いている。

 現場は正門前の三差路中央付近。土砂は高さ約1.2メートル、直径約5メートルの範囲に広がった。





 ディーゼル規制に抗議するのなら、場所は国会議事堂前よりも都庁前のほうが適切かと思われ。ディーゼル規制を進めたのは都で、都は国にも追随するよう促してるけど国は渋ってるんだからね。

 でも、ディーゼル規制が始まったのはもう3年くらい前の話なのに、今頃抗議するとは遅すぎやしないか。そんなことしてる間にとっとと除去装置着けろよな。




築地移転反対デモ 黒川氏行進に参加(8日付ニッカンより ネット上のソースなし)

 東京都知事選に出馬表明している建築家黒川紀章氏(72)は7日、中央区築地にある中央卸売市場の江東区・豊洲地区への移転反対を訴えるデモ行進に参加した。同氏は「文化として定着している築地市場の移転は考えられない。当選したら絶対に残したい」と、移転反対を強調したが、デモ行進を実施した同市場の水産仲卸業者でつくる「市場を考える会」の関係者は「都知事選とは関係なく、食の安全安心が確保できないと訴えているのですが…。人が集まっているから、いらしたんですかね。正直、戸惑いました」と、話していた。





「ねぇねぇねぇ、お父さん。人気を取ろうとしてデモ行進に参加した都知事候補がいるよ」

「ホントだねぇ」

「でも、選挙のために利用しているということを見透かされて、逆に主催者にウザがられちゃったみたいだね」

「カワイイねぇ」

「カワイイねぇ」


 黒川さん、これまで築地市場の移転問題に首を突っ込んだことなんかないクセに、今回に限って行ったらそりゃバレバレですわ。市場の人も、ニッカンの記者にずいぶん正直に喋ったもんだね。

 あとね、黒川さんは「築地文化が云々…」と言ってたみたいだけど、もうこの反対運動は築地からの移転に反対するという利己的なものじゃなくて、土壌汚染されている豊洲への移転に反対するという、より公共的なものになってるわけ。築地からの移転に反対する運動は、もうとっくの昔に終わったんだよ。

 まあしかし、この豊洲への移転問題と、三宅島のオートバイレースだけは再考の余地ありだね。下手に強行すると、石原都政の汚点になりかねない危険をはらんでいる。ここは、いったん立ち止まってみても悪くはない。

 要は、豊洲の移転先が東京ガスの工場跡だからまずいわけで、臨海副都心には豊洲以外にもまだ土地はある。例えば、ゆりかもめ有明テニスの森駅周辺にある空き地などは、2016年に東京五輪が開催される場合の選手村建設地として確保してある。豊洲がダメなら、ここを市場にしてもいいんじゃないだろうか。どうせ、五輪終了後の利用法は決まっていないんだろうし、一時的な選手村こそ豊洲に造ったらいい。

 豊洲市場の工事現場は、まだ地ならしくらいしかしていない段階なので、今ならまだ他への転用が間に合う。食の安全に関わる問題だけに、いったん工事を中断させてじっくり考え直してほしいものだ。
posted by atsu at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

築地市場拡張のため、移転願おう

築地市場移転:市場業者ら「豊洲移転反対」でデモ あす安全配慮求め請願提出 /東京(毎日)

 ◇全国から7万2000人の署名も

 都が2012年度に江東区の豊洲新市場に移転を計画している築地市場(中央区)の業者らが、新市場用地の土壌汚染対策が不十分などとして移転への反対姿勢を強めている。中卸業者が中心となった「市場を考える会」(山崎治雄代表幹事)が、昨年10月から全国の約7万2000人の署名を集めた。7日には、同市場から日比谷公園までをデモ行進し、環境相、農水相に安全性への配慮を求める請願書を提出する予定。

 新市場用地は、都が東京ガスから取得する。東京ガスは都が第七次東京都卸売市場整備計画で移転の方針を決定する約11カ月前の01年1月、市場予定地一帯の土壌汚染を公表し、鉛、ヒ素、六価クロム、シアン、ベンゼン、水銀の6種類の有害物質が環境基準を超えていることがわかった。

 都は東京ガスとともに汚染土壌処理基準の10倍を超える区域は掘削処理、10倍以下の区域は2・5メートルの覆土処理をして、生鮮食料品を扱う市場用地は2メートルの掘削と2・5メートルの覆土処理を合わせて実施することを明らかにしている。

 これに対し中卸業者を中心とする市場関係者は「最も安全性が求められる生鮮品を扱う市場が、有害物質に侵された土壌に移転するのは論外。全国の消費者への裏切りだ」と、昨年4月に有志が「市場を考える会」を組織。同10月から署名活動を開始し、全国の消費者団体、有識者らに訴えてきた。同月11日には約1500人が第1回のデモ行進した。

 また、日本環境学会長の畑明郎・大阪市立大学大学院教授がシンポジウムで「潮位変動や汚染地下水の上昇により、処理後も土壌は再汚染の可能性がある。またベンゼン、シアンなどはガス化し舗装の割れ目から漏れる可能性がある」と述べるなど、多くの専門家が新市場の安全性に疑問を投げかけている。

 考える会メンバーの一人、山崎康弘さんは「生きていく上で空気の次に大切な食の問題。有害物質の出る土地で生鮮品を扱うような市場では消費者の信頼は得られない」と話している。【窪田千代】





 いったんはなくなったかに見えた築地市場移転反対運動だが、ここにきて再び火がついたようである。しかし、今回は業者らの利己的な理由による反対ではなく、食の安全に関わる問題。都も看過すべきではないと思う。私は移転賛成派だが、ちょっと不安になってきた。

 しかし、今の築地市場は手狭で、何とかしなければならないのも事実だ。築地にはもう余分な土地はないし、現在の場所で拡張するのは無理である。まさか、隣接する浜離宮庭園をつぶすわけにもいかない。あそこをなくしたら都民からも多くの苦情がきそうだし……。

 って、よく考えたらあるじゃん。適任地が。そこは、築地市場正門のすぐ向かいにあるココ。今ココに建ってる茶色い汚いビルを壊せば、少しは足しになるんじゃない? 茶色いビルには、北京か平壌に移転してもらえばOK。その費用くらいは都が出してやるってことで。

 それがええ、それがええと太郎さんも花子さんも言いました、マルッ!!
posted by atsu at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

ソフィテル東京、解体へ

壊すなんてMOTTAINAIなぁ “モミの木”ホテル残らず(東京新聞)

 東京・上野の不忍池を見下ろすようにそびえる巨大なモミの木−。ユニークな外観で知られ、上野のランドマークとなっていた旧「ホテル ソフィテル東京」(台東区)が近く解体されることになった。建物を買い取った大手不動産会社側が建て替えを決定。都市再開発の波を受けた名物建築は、完成からわずか十三年で姿を消す。 (浅田晃弘)

 建物は、愛知万博総合プロデューサーを務めた世界的建築家・菊竹清訓氏(78)が設計。高さ百十二メートル、二十六階建てのビルは、階段状の四層のユニットが垂直に五つ積み重なる特異な形で、「五重塔」も連想される。

 原点は一九六〇年代にさかのぼる。菊竹氏は建築家仲間の黒川紀章氏らと「メタボリズム(新陳代謝)」運動を展開。建築を生物のようにとらえる、この理念に基づいて、六八年に、幹のような支柱に部屋を枝葉のように配した「樹状住居」のプランを発表した。

 九四年に完成し、「ホテル COSIMA」としてオープンした全八十三室の旧ホテルは、四半世紀を経てやっと実現した「樹状住居」だった。建物の周辺への日照や通風を確保できるのが特徴で、菊竹氏は「(日本でも)高温多湿の風土を無視した西欧風のビルが主流となり、余計なエネルギーが使われている。日本には日本のビルが必要だ」と言う。

 しかし、遠目からも目立つビルには、賛否両論があり、地元住民らから「不忍池の景観を破壊した」と反発の声が上がったこともあった。

 建物は「ソフィテル」を世界展開する、仏系チェーン・アコーホテルズに売却された後も、ソフィテル東京として営業を続けていたが、「高級化と規模拡大を図るため、都心に移転する」(アコーホテルズ日本地区営業部)ことになり、先月中旬に営業を終了した。

 建物は三井不動産のグループ会社が取得。再利用は難しいとして、建て替えることにした。「近日中に解体に着手する。新たな建物についてはマンションも含め検討中」(三井不動産広報グループ)という。

 思い入れの深いビルの解体に、菊竹氏は「ホテルの営業終了日に(三井側から解体するとの)連絡が入り、びっくりした。ホテルがだめでも住宅転用は可能なのに、なぜ壊すのか。きっと“真四角”のビルが建つのだろう。経済効率一本やりで、都市環境を顧みない考え方には、憤りを感じる」と反発している。





 この記事を昨日の夕刊で読んだので、今日は撮影に行ってきました。

 しかし、先月で営業を終了したとは知りませんでしたね。しかも、築13年しか経っていないのに、もう壊しちゃうなんて。上野動物園や不忍池を初めて訪れた人なら、誰もが「あのビルは何だ?」と興味を抱く建物だっただけに、実に残念です。できた当初は景観を壊すと言われたこのビルも、今やすっかり不忍池の景観を形成するひとつの要素と化していたんですがね。

 建替え問題でもめている変わった建物といえば、銀座8丁目の「中銀カプセルタワービル」があります。でも、中銀カプセルタワーが老朽化でにっちもさっちもいかないのと違って、こちらはまだ築13年ですからね。変わった建物だけに維持費とかもかかるのかもしれませんけど、やはりもったいないという気持ちが先行してしまいます。

 不忍池の向こうに、にょきっと生えたこのビルがなくなっちゃうのは、やはり寂しいなぁ。景観がどうのこうのと騒いだことがある人は、せいせいするのかもしれませんけどね。
posted by atsu at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

納豆くらい、言われんでも普通に食っとけ

「あるある〜」で納豆「ないない」おわび広告掲載(ZAKZAK)

 「納豆がダイエットに効く」と、フジテレビ系バラエティー番組「発掘!あるある大事典II」が紹介したところ、全国のスーパーや小売店で納豆の売り切れが続出。メーカーが品薄について新聞に「おわび広告」を掲載する異常人気となっている。

 7日放送分で、納豆に含まれるイソフラボンが体内の特定のホルモンを増やし、ダイエット効果を生むとする説を紹介したところ、直後から納豆を買い求める若い女性らが店に殺到。あっという間に店頭から姿を消した。

 メーカー各社は増産を急ぐ一方、タカノフーズ(茨城県小美玉市)やミツカン(愛知県半田市)は、11日朝刊に品薄や品切れに関するおわび広告を掲載した。業界にとって「品薄」はうれしい悲鳴だが、「お客さまに迷惑をかけてばかりはいられない」とメーカー側は複雑な表情だ。

 イソフラボンは骨粗しょう症などの予防が期待される一方、過剰摂取による発がんの危険性も指摘されているのでご注意を…。





納豆売り切れ〜


 ウチの近所のスーパーも売り切れてた。

 今回に限った話ではないけど、どうして日本人ってのは、テレビが「健康にいい」と取り上げた途端にこうなんだろうかねぇ。マスコミに踊らされすぎだと思うよマジで。

 しかも今回は、納豆というありふれた食品でこれでしょ? 納豆なんて普段からかなりの量が流通してると思うんだけど、それが品薄になるほどだから、いかに普段食ってない人が飛びついたのかが分かる。納豆が健康にいいのは明らかなんだから、テレビで取り上げられなくても毎朝の食卓にのるのが当たり前と思うんだけど、違うのかのう…。こうやっていきなりお店から消えちゃうと、いつも食ってる人間はとても迷惑よ。

 ところでこのZAKZAKの記事、最後の一文に「イソフラボンは過剰摂取すると云々…」と書いてあるけど、それはサプリメントで摂取したとき限定だからね。納豆や豆腐や味噌を普通に食うだけでは、過剰摂取なんて無理だから心配無用。
posted by atsu at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

そうまでしてAVに出たいのか

中3、姉になりすましAV志願 住基カードを入手し面接(朝日)

 女子中学生らをアダルトビデオ(AV)女優として制作会社に紹介したなどとして、警視庁は、東京都町田市東玉川学園4丁目、芸能事務所社長碓田清司容疑者(40)ら5人を職業安定法違反(有害業務の職業紹介)の疑いで逮捕したと14日発表した。

 少年育成課の調べでは、碓田容疑者らは7月下旬〜8月下旬、杉並区や新宿区のAV制作会社に、都内の中学3年の女子生徒(14)と無職少女(17)の2人をAV女優として紹介した疑い。碓田容疑者は、摘発を受けるまで18歳未満だと気付かなかったという。

 少女2人は碓田容疑者らの雑誌広告に応募するため、7月中旬、区役所にそれぞれ20歳と19歳の姉になりすまして、住民基本台帳カードを入手。面接時にはそのカードを提示していた。

 女子生徒は1回で5万円を、無職少女は8回で70万円を出演料としてもらっていた。「遊ぶ金が欲しかった」と話している。





 これねぇ、はっきり言ってAVメーカーの人がカワイソウよ。

 他の記事にはAVメーカーの実名が出ていたからそのサイトを見てきたけど、まあ一見した感じはノーマルなメーカー。元々違法である裏ビデオを作っているのならともかく、合法的な表ビデオを作っている会社なら、わざわざ18歳未満を雇うような危ない橋は渡らないと思う。ロリータっぽい作品もあったけど、18歳以上でも幼い女はいくらでもいるから、何もリア厨なんかわざわざ使う必要はない。

 最近では、AVメーカーも女優の年齢確認をかなりしっかりやってると聞く。チョコボール向井の例もあったから、業界全体が慎重になっているんだろう。この女どもが持っていた住基カードが写真入りだったのかそうでなかったのか分からないが、行政が発行している公的証明書を見せられれば、メーカー側はそれを信じるしかない。仕事が仕事だけに、家に「おたくの娘さんは本当に18歳以上ですか?」と確認の電話を入れるわけにもいかんしね。

 思うに、住基カードなるものの発行手続があまりに簡単過ぎるんじゃないだろうか。彼女らは、姉の健康保険証を使って易々と入手したらしいが、それでよいのなら誰でも別人になりすますことができてしまう。申し込み後、家に確認の書類が郵送されるそうだが、同居人が不正申し込みした場合はそれも功を奏さない。手続があまり猥雑になると普及に支障をきたすかもしれないが、何らかの対策は必要だろう。

 しかしなぁ、住基カードを不正取得する手間をかけてまで、エロビデオに出演したい女子中学生っていったい何なの? 援助交際ならまだしも、ビデオに出ちゃったら自分の痴態が幾多の男の目に入っちゃうんだけどね。14歳やそこらで、金さえもらえばどんな恥ずかしいことでもできる神経があるってのは、ホント恐ろしいものだよ。
posted by atsu at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

一言じゃなくて一文字だってば

今年の漢字は「命」(読売)

1年の世相を表す年末恒例の「今年の漢字」に「命」が選ばれ、12日、京都市東山区の清水寺で、公募した日本漢字能力検定協会(本部・京都市)が発表。森清範貫主が特大の色紙に揮毫(きごう)した。

 過去最多の9万2509票の応募があり、8363票で1位だった。秋篠宮ご夫妻に悠仁(ひさひと)さまが誕生されるという明るい話題の一方、いじめによる子どもの自殺や飲酒運転による死亡事故が相次ぐなど、「命の重みを痛感した年」という理由が多かった。2位は「悠」、3位は「生」。

 森貫主は「命の尊厳という思いを込めて選んだのでしょう。心して書かせてもらいました」と話した。





 私は断然「悠」だったのですが、命になりましたか。あまりピンと来ないですけどね。

 ところで今とくダネでやっていたのだが、この件に関する記者と安倍首相の受け答えに笑ってしまった。

記者:総理にとって、今年を一文字で表すと何ですか?

総理:今年は私にとって、
変化の一年でしたね。

記者:それを一文字で表すと?

総理:それは
責任ですね。


 大丈夫か安倍さん。やっぱり支持率の低下が身に堪えているんだろうか。何だか気が抜けていますなぁ。

 来年の参院選後は、満を持してウルトラマンガタロウにご登場願いますかねマジで。

安倍首相の“今年の1文字”は意外な…(日テレNEWS24)
posted by atsu at 09:08| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

女性調教師からの投書

 先日、「馬がムチ打たれるところを見たくないから」という理由でばんえい競馬の廃止に賛成している人の投書を取り上げたが、昨日(9日)の朝日新聞にそれに対する反論が掲載された。物議を醸しそうな投書だったので、ばんえい競馬ファンなどから何らかの反論はあるだろうと思っていたが、何と投書主はばんえい競馬の関係者だったので驚いた。以下に引用して紹介する。(普段投書を紹介するときはイニシャルとしているが、今回は多少名前が知られている方のようなので実名とする)



1000頭の馬たち救って(9日付朝日新聞掲載)

北海道樺戸郡新十津川町 調教師 谷あゆみさん(40歳)

 ばんえい競馬廃止賛成の投書を読みました。

 私は13年間、厩務員などを務め、今年、ばんえい競馬初の女性調教師になりました。古来、馬は人と共に働くことで栄えてきた動物です。その馬から仕事場を奪い、ばん馬という種そのものが北海道から消えることは、かわいそうではないのでしょうか。

 昔の荷馬車と違って、ばんえい競馬は、様々なルールが設けられた競技です。また、人と馬の信頼関係があってこそ、馬たちは懸命にソリを引いてくれることを知って下さい。

 今、ばんえい競馬が廃止されれば、ばんえい競馬に所属する馬たち600頭と、来年の競争馬候補として登録されている子馬400頭、計1000頭が肉用として殺されるのです。

 何も知らない馬たちは、懸命にソリを引き、我々に何の疑いもない目で甘えてくれるのです。そんな馬たちが簡単に肉にされるのは、あまりにも無念で、悔しいばかりです。

 赤字になって市民の迷惑にならないよう、厩舎関係者は一丸になって頑張っています。

 どうか、懸命に頑張っている馬たちの命が無駄に奪われぬよう、存続に向けてのご理解をお願いします。





 本文中でも述べられているが、投書主の谷あゆみさんは、ばんえい競馬では初めての女性調教師であるらしい。検索したら、こんなHPも出てきた。何と彼女は、あのシンザンの老後の世話をしたこともあるスゴイ人らしい。せっかく今年調教師になったばかりなのに、ばんえい競馬がなくなったらそれはそれは無念なことだろう。

 ばんえい競馬が廃止されれば、競走馬が食肉処理されてしまうだけでなく、ばんえい競馬に携わる人々もまた、その職を失うこととなる。実績を買われ、中央競馬に関わる牧場などに拾ってもらえればいいが、全員がそうもいかないだろう。前回の投書からは、そういった視点が著しく欠けていたが、今回の投書を読んで気付いてくれればいいと思う。

 誰よりも馬に愛情を持って接しているのは、他でもない関係者の方々だと思う。それを、まるで動物虐待者であるかのような言い方をされては、心外にも程があるのではないだろうか。谷さんが「人と馬の信頼関係があることを知って」と訴えた気持ちがよく分かる。

 廃止の矢面に立たされたばんえい競馬は、ソフトバンクの支援によって存続する可能性が出てきた。ムツゴロウさんも「ばんえい競馬は北海道の誇り」と言っていたし、北海道にしかない文化が未来永劫継承していくことを願っている。
posted by atsu at 21:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

すてれこてんてん さらなめろ

続・呼び名で分かる:遊び編/上 「どれにしようかな、神様の…」に続く言葉は?(毎日)

◇「どれにしようかな、神様の言うとおり」に続く言葉は?

 「どれ(どちら)にしようかな。神様の言うとおり……」。子どものころ、複数から一つを選ぶとき口ずさんだフレーズ、ありますよね。この後に、どういう言葉を続けましたか? 実は、数え切れないほどたくさんのバリエーションが存在するのです。こうした「遊び」にまつわる言葉を、2回に分けて紹介します。【銅山智子】





 ずいぶんいろんなバージョンがあるものですね。私は、自分の田舎で歌われているものが全国共通かと思ってました。

 ちなみに、私の地元・石巻では

どれにしようかな かみさまのいうとおり
すてれこてんてん さらなめろ かきのたね 1・2・3


でした。これ、かなり局地的なようですね。分析されているページがありますが、宮城県でも石巻周辺にかなり限定されるようです。

 っていうか、「すてれこてんてん」って何だ??
posted by atsu at 23:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ひとつの文化が消えるのは忍びない

ばんえい競馬最後のシリーズ開幕(スポニチ)

 本年度での廃止が事実上決まった北海道ばんえい競馬の最後のシリーズが2日午前、帯広競馬場で開幕した。帯広シリーズは来年3月末まで予定されているが、同競馬を運営している帯広市など4市の間では打ち切りも浮上しており、競馬場には廃止を惜しむ多くのファンが訪れた。

 一方、調教師と騎手でつくる調騎会や馬主協会、生産者団体など関係者は、多額の寄付の提案や署名活動、嘆願書などで帯広市に存続を働き掛けている。

 ばんえい競馬は約31億円の累積赤字を抱え、帯広市などは10月に本年度での現在の4市開催廃止を決定、存続に積極的だった帯広市が岩見沢市との2市開催を提案し協議していたが、11月に両市がそれぞれ断念することを発表した。12月中旬に4市の市長が集まり廃止を最終確認する予定になっている。





 私はばんえい競馬というものを見たことがないし、特に思い入れもないのだが、北海道にしかない独自の文化がなくなってしまうことは何となく残念に思う。このエントリを書くにあたって初めてYouTubeで映像を見たが、普通の競馬とはまた違った面白みがあったと思う。障害の前でいったん止まって息を整えるなんて、普通の競馬はおろか障害レースでも見受けられない光景だ。スピードが命のサラブレッドに対して、パワー重視のばん馬にはまた違った魅力がある。

 実際に目にしたことは当然ないのだが、ばんえい競馬場には馬ソリをゴールからスタート地点まで運ぶための「トロッコ軌道」があるのだ。鉄道ファンとしては興味深いものだったので、一度これを見るためにばんえい競馬に足を運びたかったとも思う。

 しかし世の中にはいろんな人がいるもので、ばんえい競馬の廃止を喜ぶ人も。以下は、昨日の朝日新聞に寄せられた投書である。




荷車引く馬に悲しい思い出

岩手県盛岡市 会社員 H・Mさん(女性・57歳)

 ばんえい競馬の廃止に賛成です。なぜなら、残酷だからです。重すぎる荷物を引いて、ムチで叩かれて、あえぎあえぎ坂を上る馬の姿に悲しみを覚えます。

 幼い頃、街には荷車を引いて歩く馬の姿が時々見られました。冬にはそれが馬ソリになります。雪が積もっているうちは良いのですが、春先、街中の道は雪が解け始めます。ソリは進みません。馬方さんは道路脇にわずかに残った雪を、ソリの前に置きますが、限界があります。あとは馬をムチ打つだけです。馬は進もうとするのですが、ソリは動かず、頭を上げて鳴きます。まだ小学生にもなっていたかった私には、どうすることもできず、ただ「かわいそうに」と思って見ているだけでした。

 今でもあの時の馬の目が忘れられないのです。ばんえい競馬はその時の光景につながってしまうので、以前からやめてほしいと思っていました。

 今回の廃止案は、経済的な理由によるものですが、理由はともあれ、廃止されることは、私にとっては朗報です。

 文化を重んじることは、もちろん大切ではありますが、記録にとどめるだけにしても良いと思います。





 動物愛護の観点から言えば、普通の競馬だって十分に動物虐待の要素を含んでいる。まあ確かに馬を思いやる気持ちは分かるんだけど、この人の視点からは今後のばん馬たちの行く末がどうなるかがすっかり欠けている。

 もしやこの人は、ばんえい競馬に出なくてよくなった馬たちは、野に放たれてノンビリ草を食みながら平和に暮らせるようになるとでも思っているのだろうか? 競馬がなくなれば、ほとんどの馬が食肉処理される運命にあることを、もしかしてご存じない??

 ばんえい競馬というのは、機械に替わられて仕事がなくなった農耕馬たちに、唯一残された活躍の場だったわけだ。確かに見た目は痛々しいところもあったのだろうが、だからと言ってやめてしまえば、彼らが生きていく存在意義が失われてしまう。一概に「カワイソウだからやめて」という感情論で片付く問題ではないだろう。

 しかし、ばんえい競馬がこのまま完全に消滅するのは悔やまれる。新潟県山古志の「牛の角突き」のように、重要無形文化財として残す道はないだろうか。
posted by atsu at 23:45| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース−社会 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。