2010年04月23日

また叩かれるね、JR西

「両さん像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ−警視庁(時事)

 東京都葛飾区亀有の商店街に設置されている漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公「両さん(両津勘吉)」の銅像が壊された事件で、会社員の男(23)=葛飾区=が警視庁亀有署に出頭していたことが23日、同署への取材で分かった。

 同署は男の供述の裏付けを進め、器物損壊容疑で書類送検する方針。
 壊されたのは両手にマラカスを持つ「サンバ両さん」で、左手のマラカス部分が折られているのを通行人が発見した。

 同署によると、男は「17日未明、友人と酒を飲み、酔った勢いで、手で像を揺さぶり、折ってしまった」と話している。折ったマラカスは帰宅途中に捨てたという。

 男が出頭したのは21日午後7時ごろ。同署は22日から、マラカスの捜索をしているが、発見できていない。

 男は「ニュースを見てびっくりした」と話し、出頭を決意したという。





 自分から名乗り出てきた点はまあ評価しましょう。本来ならば、壊してしまったときにすぐ「申し訳ありません。誤って壊してしまいました」と自首するのがベストなんですけどね。そうだったら恐らく器物破損容疑で逮捕されることもないだろうし、弁償して終わりだったはずです。

 いちおうしっかり働いている人みたいだし、有罪にして罰金を科すよりも弁償代を払うことで許してあげたいです。あと、秋本先生のところに謝りに行こうね。先生はきっと寛大な心で許してくれると思うけど。





新幹線で盗撮、JR西職員逮捕=出張帰り、女性の隣に移動−兵庫県警(時事)

 新幹線内で女性のスカート内を盗撮したとして、兵庫県警姫路署は23日、県迷惑防止条例違反の疑いで、JR西日本運輸部新幹線運輸課課長代理小幡仁容疑者(40)=同県西宮市大谷町=を逮捕した。同署によると、「乗車率を調べようと別の車両に移動した」などと話しているが、容疑は認めているという。

 逮捕容疑は22日午後10時50分ごろ、博多発新大阪行き「ひかり」の岡山−姫路間の車内で、大阪府内に住む女子大学生(22)のスカート内をカメラ付き携帯電話で盗撮した疑い。

 同署によると、小幡容疑者は九州への出張を終え、酒を飲んで帰宅する途中だった。もともとは女子学生と別の車両に乗っていたが、隣の席に移り、盗撮しているところを車掌に発見された。女子学生は当時、眠っており気付いていなかった。携帯電話には盗撮画像が残っていたという。





 あーあー何やってんでしょうねえまったくもう。折しも明後日は、あの忌まわしき福知山線事故から丸5年なんですよ。ただでさえJR西日本への批判が再燃する時期なのに、それに油を注ぐような真似を何でしますかねえ。

 しかも、新幹線運輸課の管理職にある立場の人がこの有様ですよ。捕まえた車掌も、本人の素性を知って驚いたでしょうねえ。どんな魔が差したのか知りませんけど、恥ずかしいことこの上ないと思いますわ。




posted by atsu at 21:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

展望スペースがあ…

万博PRソング「パクり疑惑」、岡本真夜さんの曲そっくり?中国上海(産経) 

 【上海=河崎真澄】上海万博のPRソング「2010年等●(「称」のノギへんをニンべんに)来(あなたを待っている)」が日本の有名シンガーソングライター、岡本真夜さんのヒット曲からの盗作ではないかとの疑惑が中国で浮上している。

 問題のPRソングは、3月末の万博プレイベントに合わせて香港の俳優、ジャッキー・チェンさんら多くの有名人が歌うビデオとして公開された。ネットサイトの鳳凰網などはこの曲を動画で公開する一方、岡本さんの1997年の曲「そのままの君でいて」に、メロディーが最初から最後までそっくりと指摘した。

 また、中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)の岡本さんの紹介コーナーには、「岡本さんがドラえもんのタイムマシンに乗って2010年のメロディーを盗んだとの説もある」といった自嘲気味とも取れる記述も飛び出した。PRソングを作った繆森氏は上海の有名な作曲家だという。

 国家の威信をかけた中国初の万博だけに、ネット上では「パクりの代表作のようなもので、中国は世界に恥をさらした」などと批判的な書き込みもあった。







 ふむ、さすが中国ですね。国家の一大プロジェクトである万博で、ここまであからさまなパクリをやってのけるんだからさすがです。中国のパクリ文化の素晴らしさを世界中に知らしめることができる点では、非常に優れたテーマソングだと思いますね。

 上の動画を見れば明らかですが、これは似てるってレベルじゃねーぞ。まんまです、ハイ。中国語の歌詞だけは、岡本真夜のを訳したんじゃなくてオリジナルのようですが。

 とは言え、このことを知った中国人の中から

「岡本真夜がドラえもんのタイムマシンに乗って2010年にやってきて、公式ソングをパクったのだ」

という声が出たのは実に面白い。中国人にもだいぶユーモアのセンスがついてきたようですね。思わず「ウマイ!」と膝を打ってしまいました。

 さて、カスラックはこの著作権侵害に対してどう出るのかな? ワクワク。





車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作−相模鉄道(時事)

 相模鉄道(横浜市西区)の男性車掌(28)が、磁気定期券の不正乗車防止システムを解除する方法で、今年3月までの約2年半、運賃の一部を支払わないキセル乗車を繰り返していたことが16日、分かった。同社は車掌を同日付で懲戒解雇する。

 同社の説明によると、男性車掌は自宅のある都営地下鉄志村坂上−泉岳寺間の6カ月定期券を2007年10月から購入。継続する度に、複数の同僚に磁気定期券の入出場記録を不正に操作させ、入場記録がなくても定期券でそのまま下車できるようにしていた。





 まず前提としてかなり疑問なのですが、この車掌はなぜ自宅のある志村坂上から横浜までの定期券を持っていなかったのでしょうか。通常の会社なら、交通費は全額出ますよね? それで普通に定期券買ってればこんなことにはならないのに、交通費浮かして懐に収めたかったのかな?

 運賃検索をしてみましたが、車掌が往路に使っていた三田線〜浅草線〜京急線のルートだと6カ月の定期代は12万3770円、復路に使っていた三田線〜東急目黒線〜東急東横線のルートだと11万6110円になります。帰りは東急のほうが座れていいってんなら、普通に後者のルートで買っておけばよかったものを。変な裏技使ったために、職を失ってしまって気の毒ですね〜。

 この車掌は東急と都営の運賃をキセルしてたわけですが、相鉄と東急は将来的に相互直通運転を計画しているから、東急さんに申し訳が立たないでしょうね。両社の間には資本関係などはないけど、規模的には東急のほうがはるかに大きいし。





JR北海道:衝突事故、先頭車両は危ない 特急展望室を廃止「人気より安全優先」(毎日)

 JR北海道は安全性を優先し、特急4車種5列車の先頭車両に設置されている展望スペースを立ち入り禁止にすることを決めた。今年1月に北海道深川市のJR函館線踏切で起きた特急列車とトラックの衝突事故を受けたもので、早ければ5月にも実施する。展望スペースは運転手の目線を体感できることから、鉄道ファンや親子連れなどに人気があり、残念がる声も聞こえてきそうだ。

 展望スペースのある特急列車は、道内を走る261系(スーパーとかち、スーパー宗谷)▽281系(スーパー北斗)▽283系(スーパー北斗、スーパーとかち、スーパーおおぞら)のほか、函館−八戸間を走る789系の一部(スーパー白鳥)。

 それぞれの先頭車両前部は2階建てで、2階部分が運転台。1階部分が約2・7平方メートルの展望スペースとなっており、乗客が自由に立ち入りすることができる。また、先頭部分の車窓(縦約60センチ、横約40センチ)から見える風景は人気がある。

 深川市の踏切事故では、トラックと衝突した特急列車「スーパーカムイ」の先頭車両前部が大破し、運転士が重傷を負うなど計45人が負傷した。展望スペースのある列車なら、重傷を負う可能性が高いと判断。「人気の場所だが、安全面を優先した」(同社広報部)とし、立ち入り禁止にすることにした。スペースの出入り口に柵などを設置する予定だ。

 JR各社によると、展望スペースのある特急列車はJR九州管内で2列車が運行しているが、JR九州広報室は「立ち入り禁止にする理由がない」と話している。【今井美津子、岸川弘明】

JR北海道:特急展望室を廃止 川島令三さん、木村裕子さんの話(毎日)

 ◇残念だが仕方がない−−鉄道評論家の川島令三さんの話
 展望スペースは写真を撮る場所として鉄道ファンに人気があるが、深川市の事故のようにトラックと衝突すればひとたまりもない。休日などに人だかりができており、危険だと思っていた。私も展望スペースから写真を撮ったことがあり残念だが、(安全性の優先は)仕方がないと思う。

 ◇「かぶりつき」の魅力が−−「鉄道オタク」でアイドルの木村裕子さんの話
 先頭車両から前方の景色を眺める行為を愛好家は「かぶりつき」と呼びます。私も「乗り鉄」なので、魅力が分かる。演出不要の映画のようで小窓から見る景色はすべてがエンターテインメント。





 あー、恐れていたことが現実に…。ちなみに北海道の特急列車の展望スペースとは、下の写真の貫通扉のところにある小さな窓です。

IMG_9950_s.jpg


 一人か二人しか入れない狭いスペースですが、なかなか楽しいスポットなのですよ。窓が汚れたときに困らないよう、手動のワイパーもついていたりして、ささやかな乗客サービスという感じでした。

 しかし、こないだのスーパーカムイの事故では、先頭車のこの部分がメチャクチャに大破してましたからね。スーパーカムイ用の789系電車には展望スペースが最初から付いていないので事なきを得ましたが、事故に遭ったのが同区間を走るスーパー宗谷(上記写真)だったら乗客が死亡していた可能性が確かにあります。運転席は高いところにあるので運転士さんは死なずに済みましたが、ここに人がいたら確実に死んでいたでしょう。

 そういう意味では、仕方ないのかもしれません…。だけどやはり残念ですねえ。せめて、最後尾だけは開放してくれると嬉しいんですけどねえ…。

 ところで、木村裕子も偉くなったものですね。川島令三と同格で社会面記事にコメントを求められるなんて。本人もこの扱い、びっくりしてたりして。


posted by atsu at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

なにげに日航すごいじゃんか

日航が世界首位に 主要航空の定刻到着率ランキング(CNN)

 米調査会社が14日、世界の主要航空会社について定刻通りに到着した確率を調べた結果を発表し、日本航空が世界ランキングのトップに立った。

 情報会社コンデューシブ・テクノロジーが提供するサービス「フライトスタッツ」のまとめによると、日航の国際線は90.95%の確率で定刻通りに到着し、業界平均の78.31%を大きく上回った。

 フライトスタッツ広報担当のデービッド・ホワイト氏は日航の首位について、「日本の公共交通網の効率性を反映したもの」と賞賛している。

 地域別に見ると、欧州ではKLMオランダ航空が定刻到着率90.7%で首位に立ち、北米大手の中では米サウスウエスト航空の82.47%がトップだった。北米の地域航空に限ると、天候の影響を受けにくい路線が中心のハワイアン航空が91.76%でトップに立っている。

 一方、定刻到着率が低かったのはエアチャイナ、パキスタン国際航空、インドのジェットエアウェイズ、トルコ航空、アルゼンチン航空など。ホワイト氏は、欧州や北米に比べてインフラ整備が整っていない国の航空会社が多かったと指摘する。

 フライトスタッツの統計では15分以上の遅れを出さずに到着した便を「定刻到着」とみなしている。





 日航は今会社がかなりヤヴァイことになってるけど、これは地味に賞賛すべきことだと思いますよ。CNNしか報じてませんが、もっと評価されるべき。

 やはりね、定時運行ができるというのは大事なことです。私が飛行機に乗るとだいたい決まって遅れるんですが、たまに時間通りに着くとすごく嬉しくなりますね。「飛行機のくせにやるではないか」と思っちゃいます。

 かく言う私はこのところ全日空ばかり利用してますが、全日空は大きな事故は起こさないけど遅れが多いイメージです。それも、悪天候とかによる遅れなら分かるんだけど、システムトラブルが非常に多い。私は二度も、全日空のシステムトラブルに巻き込まれてますからね。千歳からの最終便で羽田に帰ってきたときなんか、終電が既に行っちゃっててファミレスで夜明かしする羽目になって大変でした。寝てると店員が起こしに来るし、始発で家に帰って2時間だけ寝て仕事に行ったときは辛かったなあw。

 私は鉄ヲタなので飛行機に乗る機会はそれほどないのに、乗るとかなりの高確率でトラブルが起きます。台風接近で福岡に着くはずが長崎に連れていかれたり、羽田で激しい雷雨が発生して上空で2時間も待機したり、機内で出されたラズベリージュースを飲んだらものすごい利尿作用が起こってお漏らしの危機に瀕したりw。だから本当はあまり利用したくないんですよねえ。

 来月、久しぶりに飛行機に乗る機会がありますが、何もありませんようにっと。


posted by atsu at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

次は車止め〜 車止め〜 お出口右側です

信号見落とし電車21m逆走 大阪市営地下鉄、公表せず(産経)

 大阪市営地下鉄谷町線で昨年9月、始発駅の大日駅(大阪府守口市)を出発した電車が、車止めに向かって21メートル逆走していたことが3日、分かった。運転士が進行方向を勘違いして反対の運転室に乗り込んだのが原因で、出発直後に自動列車制御装置(ATC)のブレーキが作動し停車した。交通局は「衝突の恐れはまったくなかったので公表しなかった」としている。

 交通局によると昨年9月3日午前7時25分ごろ、運転士と車掌が進行方向を間違えて大日発八尾南行き電車の運転室に乗り込み出発。線路脇の信号は赤だったが運転士は見落としていた。運転士と車掌は「乗務の交代が予定より遅れ慌てていた」と説明したという。

 大阪市営地下鉄では先月15日、長堀鶴見緑地線でATCを解除した電車がポイントを損傷し、脱線や衝突につながりかねないトラブルが発生。同29日には谷町線で保守用作業車が誤って電気ケーブルを切断し、約15万人に影響するなど人為的ミスが相次いでいる。





 どうしてそんなミスが起こったのか、全く理解不能な事故ですね。いくら考えても分かりません。

 谷町線の大日駅は、起点駅です。要するに行き止まり駅なので、本来の進行方向の反対側は記事にもある通り車止めです。ホーム終端から車止めまではオーバーランをしたときに備えて若干の余裕があるんでしょうが、壁が全然見えないなんてことは考えられません。

 しかも、運転士と車掌の二人が一緒になって間違えるなんて。ワンマン運転ならば、運転士ひとりのミスでこういう事態が起こる可能性もないことはないですが、どうして両方が何の疑いもなく反対側の運転室に行ってしまったのでしょうか。いくら慌てていたと言っても、折り返ししかできない駅でこれはないでしょうよ。

 まあでも、ATCがあるから確かに衝突はしないんですけどね。仮にテロリストが運転室に乗り込んで、壁に向かって走らせようとしても自動的に止まってしまうのだから安心ではあります。ATCを解除する方法もありますが、素人にはなかなかできないでしょうからねえ。故意に事故を起こそうとしても起こせないシステムの安全性は、少し証明できましたな。


posted by atsu at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

佐藤さんに大いなる拍手を!

JR高円寺駅 転落女性を救助 レールの間に寝かせ(毎日)

 15日午後9時15分ごろ、東京都杉並区のJR中央線高円寺駅の上り線ホームから女性(20)が線路に転落し、都内に住む男性会社員(24)が女性を助けようと線路に飛び降りた。高尾発東京行き快速電車(10両編成)が迫り、女性が意識を失っていたため、男性は2本のレールの間(幅1メートル6センチ)に女性を寝かせ、自分はホーム下の待避壕(ごう)に駆け込んだ。電車は女性の頭上を通過したが接触せず、転落で負った頭へのけがだけで済み軽傷。男性は無事だった。

 警視庁杉並署などによると、女性は酒に酔って気分が悪くなり同駅で下車し、ふらついてホームの上り線路に転落した。男性が線路に飛び降り、女性に声を掛けたが反応はなく、レールの間に横たえた。

 電車は先頭から5両目までが女性を通過して止まったが、車体の最下部と線路の間の約30センチの空間に入り込む格好となった。女性はJRに「気付いたら電車が頭上にあった」と話したという。【野口由紀、前谷宏】


東京・JR高円寺駅で酔ってホームから転落した女性を救出した男性が当時の状況語る(フジテレビ)

 東京・杉並区のJR高円寺駅で15日夜、酔ってホームから転落した女性をとっさの機転で救出した男性が、FNNの取材に応じ、当時の状況を語った。

 この事故は15日午後9時すぎ、JR高円寺駅のホームから、酔った20歳の女性が線路に転落し、近くにいた会社員の佐藤弘樹さん(24)が、電車が入ってくる直前に線路に飛び降り、女性をレールとレールの間に運んで、間一髪で救助したもの。

 佐藤さんは「電車が来た瞬間は、もうやばいなと。これは死んじゃうと思いました」と話した。

 佐藤さんは、ホームの下の避難スペースに逃げ込み、電車は女性の上を通過したが、女性は転落した際に頭を擦りむいただけで、軽傷だった。

 佐藤さんにも、けがはなかった。

 佐藤さんは「彼女が大丈夫かなと思って、振り返った時に、女の子の上を電車が通っていたので、『よっしゃ!』と思いました。本当に勝手に体が動いちゃったので、何か良いことをしようと思ったわけではないですけど。新聞とかインターネットとかで活字になって、自分がやったことを見てみると、『大したことやったな』と思いました」と話した。
東京消防庁は今後、佐藤さんに感謝状を贈ることにしている。





 いやはや、この人カッコ良すぎるんですけど。私が助けられた彼女だったら、もう惚れるしかないですわあ。彼が助けてくれなかったら、今頃はズタズタに寸断されて見るも無残なマグロになってたんですからね。いくら感謝してもしきれないくらいだと思います。

 通常、この手のケースではホームに引っ張り上げようとするものですが、それでは間に合わないと判断するや線路と線路の間に収まるように寝かしたというのは実にナイスプレイでした。ホーム下の退避スペースも、全ての位置にあるわけじゃないのに、咄嗟によくできたものです。この時季だとみんな着膨れしているから、コートなどが電車の床下機器に引っかかることも考えられますが、そうならなかったことも幸いでした。

 最初の記事には男性の実名が出ていなかったので、こういうケースこそ実名で報じて大々的に褒め称えるべきだと思いましたが、フジテレビがフォローしてくれました。映像を見ましたが、実に純朴そうな好青年じゃないですか。謙虚な口調ながらも「大したことやったなと思いました」なんて言ってましたが、本当に大したことです。胸を張って誇っていいと思います。

 意図的にやる善行よりも、こうして体が自然に動いてやってのけちゃった善行のほうが、真の善行という気がしますね。恐らく私などは同じ場面に居合わせても、何が起こっているのか理解するまでに時間を要するほど反応が鈍いので、きっと動くこともできないでしょう。動けたとしても、非常停止ボタンを押すくらいが関の山ですね。ま、非常ボタンを押すこともまた大事なので、せめてそれくらいはできるようにイメトレしてみますが。

 ただ、このケースもひとつ間違うと新大久保駅の事故と同じような悲劇になってしまいます。まずは、線路に落ちてしまうほど泥酔しないことを心がけてほしいですね。


posted by atsu at 20:35| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

鉄ヲタの恥さらしども

【衝撃事件の核心】「鉄ヲタ専用車両でーす」暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…(産経 一部抜粋)

ホームの先端にカメラの放列 狙うは丸いヘッドマーク

 1月24日、神奈川県と埼玉県の間を結ぶJR京浜東北線。平日なら通勤通学客で混雑するこの路線も土日祝日の昼間となれば、そう多くの乗客はない。日曜日のこの日も、多くの列車は閑散としていた。一部の例外を除いては…。

 午後3時半過ぎ。横浜方面へ向かう列車が東京駅に滑り込んできた。その先頭と最後尾の車両には「ありがとう」「209系」などと記された丸いヘッドマークが装着されている。ホームの先端では、カメラを構えた数十人の一団が待ち構え、ヘッドマークをつけた列車が近づくと一斉にシャッターを切っている。

 この日は京浜東北線から「209系」と呼ばれる通勤型車両が引退する日。ホームの人だかりは、京浜東北線を走る「209系」電車の最後の姿を目に焼き付け、雄姿を撮影しようとする鉄道ファンだったのだ。

 別れを惜しむファンは、車内にも多数乗っていた。特に先頭の車両は朝のラッシュ時にも負けない満員状態だ。

 何も知らずに乗ってきた一般の乗客。その目の前では、信じられないような異様な光景が繰り広げられていた。

「一般人は乗れませーん」 響く声に周囲は…

 ほとんどが男性のその集団は、駅に到着するたびに「うおー!」という歓声を上げていた。そして、ドアが開くと同時に一斉にホームへ駆けだして写真を撮り、また駆け足で車両に戻るという動きを繰り返す。車内を見渡すと、座席では靴を脱いで立ち上がり、うれしそうに車内を眺める少年の姿もある。隣に座った初老の女性は、少年が背負ったバックパックが何回もぶつかり、思わず顔をしかめているが、車内で大声を上げる集団は誰も少年をとがめようとしない。

 そのうち、一般の乗客が乗ろうとすると、満員の車内から、甲高い叫び声が聞こえてきた。

 「一般人は乗れませーん」

 「鉄ヲタ専用車両でーす」


 途中、外国人とみられる親子が乗ってきたが、父親に抱かれた幼児は、あまりの騒音に泣き出してしまった。何が何だか分からない様子の親子は、次の駅で慌てて下りる羽目に。

 午後6時13分。京浜東北線を走る最後の209系が終点の南浦和駅に到着する時間になったが、その列車は定刻を過ぎても姿を現すことはなかった。やっと先頭車両に設置されたヘッドマークが見えてきたのは、予定時刻を20分以上も過ぎたころ。一連の騒動でダイヤが乱れたとみられるが、「まあ、こういう車両ですから」。ホームで警備を行う駅員は、あきらめた口調でこうつぶやく。

 列車がホームに滑り込む。ドアが開いた瞬間、満員の車内からカメラを持ったたくさんのファンが駆け降りた。ヘッドマークを見ることができるホームの両端は、たちまちカメラを持った鉄道ファンで埋め尽くされた。

 「押すなよ!」「お前、邪魔!」

 こんな怒声も聞こえてくる。

 しばらくホームにとどまった209系。京浜東北線での役割を終えた車両は、車両基地に戻るため、また静かに動きだした。

 「ありがとう、209系!」。ほおを赤らめ、ホームから遠ざかる209系に声を掛け、見つめる鉄道ファンたち。それだけなら、心温まる情景なのだが…。

 「彼らは『葬式鉄(そうしきてつ)』と呼ばれる人たち」と説明するのは、小学生のころから鉄道を愛して止まないという会社員の男性(32)だ。

 「車両や路線が廃止されるときに、最後の雄姿を目に焼き付けたり、写真に撮りたいという人たちで、多くは良識的だけど、一部で車内で大声を出したり、周りに迷惑を掛けたりする不届き者がいる。思い出の車両との最後の別れを惜しんで訪れた本当のファンは、みんな白い目で見ている」とため息をつく。

 葬式鉄の暴走はしばしばみられるようだ。昨年12月5日には東京と千葉、茨城方面を結ぶ常磐線で「207系」電車が引退したが、この時は2度にわたってカメラを構えたファンが線路に近づき、列車が緊急停止する事態を引き起こしている。



問題の動画












 これは酷い。酷すぎる。

 元来鉄ヲタというものは、あまり周囲と同調したりはせず、自分一人の世界に浸り、去りゆく車両や列車に乗りながら静かに思いを馳せるものです。なのにこいつらは、どうしてさよなら運転の車内でこうもテンション高く騒げるのでしょうか。まったく理解できません。

 私から言わせれば、何で209系ごときでここまで盛り上がれるんだという気持ちが強いですが、まあ鉄ヲタの趣向も様々ですのでそれについては批判しません。しかし、通常の営業列車でこんな馬鹿騒ぎが行われてしまったことは、恥ずべきことだと思います。

 大声を出して喚いているやつの声を聞いた限りでは、かなり若い印象は受けます。まさか分別のある大人がこんな騒動に加担しているとは思いたくありませんが、かと言ってガキだからといって許されるわけではありません。全ての鉄ヲタの印象を下げてしまうこのような行為は、激しく糾弾されるべきです。

 元記事の最後に書かれているのですが、「北陸」と「能登」が最終運行となる3月12日夜の上野駅地平ホームはえらい騒ぎになると予想されます。特に「能登」に至っては自由席が連結されているので、車内がどんなカオスになるのか想像するだけでゾッとします。下手をしたらデッキまで身動き取れないほどの乗車率になることも考えられるので、最終日は全車指定席にしたほうがいいんじゃないかなとも思ってましたが、結局そんなことにはなりませんでした。整理券などを導入して乗車制限をかけないと、たいへんなことになるような気がします。


 ま、葬式鉄も熱心でよろしいことですが、私は基本的に最終日まで1カ月を切ったらそこには近づかないことにしています。鉄ヲタが大挙して群がる前に乗り納めを済ませてしまうのが、私のスタイルなので。日曜には今年中に姿を消す予定の253系成田エクスプレスに別れを告げてきましたが、これも最終日とかになったら騒動になるんでしょうねえ。昨日は私の他に鉄ヲタの姿は見かけなかったですけども。もっと前々から関心を持ってほしいものです。


posted by atsu at 00:50| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

土日きっぷ廃止ってマジかよ

JR東日本、「土日きっぷ」「ぐるり北海道フリーきっぷ」の販売を3月で終了(マイコミジャーナル)

 JR東日本は18日、みどりの窓口などで販売している割引きっぷの一部を廃止またはリニューアルすると発表した。インターネット予約サービスやモバイルSuicaの普及により利用が減ったためとのこと。

 販売を終了する商品は次の通り。「東京・青森回数券」「仙台・三沢回数券」「東京・三沢回数券」「青森・弘前回数券」の各きっぷは2月28日で販売終了。「土日きっぷ」は3月28日、「ぐるり北海道フリーきっぷ」は3月27日、「久慈・東京2WAY フリーきっぷ」は3月25日、「庄内・東京フリーきっぷ」は3月28日、「新幹線都区内・りんかいフリーきっぷ」は3月11日で販売終了となる。「定期券用特急自由席回数券」は2月28日の販売分で終了し、高崎線と常磐線については定期券以外の乗車券でも利用可能な特急料金回数券を設定する。

 さらに「えちご往復きっぷ」「北陸往復きっぷ」は有効期間が3月31日までの販売、周遊きっぷのゾーン券のうち、「田沢湖・十和田湖」「山寺・松島」「福島・蔵王」についても有効期間が3月31日までの販売となる。

 回数券タイプのきっぷについては、利用の少ない区間について販売を終了する。対象となる区間は「新幹線回数券・新幹線自由席回数券」の103区間のうち64区間、「定期券用新幹線自由席回数券」の34区間のうち22区間、在来線特急用回数券は北陸方面・中央本線方面・常磐線方面・房総方面など22区間。

 なお販売終了する「土日きっぷ」の後継商品として、新たに「ウィークエンドパス」を設定し、3月29日から年9月25日まで販売する。利用期間は4月から9月までの土日祝日のうち、5月1日から2日、8月14日から15日を除いた連続する2日間。価格は大人8,500円、小児2,500円。フリー乗降区間は「土日きっぷ」の範囲に加えて会津鉄道の西若松 - 会津田島間も利用できる。また、東海道新幹線を除く新幹線と在来線特急は別途特急券を購入すれば乗車可能。

 同社によると、廃止される区間、新規設定される商品の詳細については、駅のポスター、パンフレット、ホームページ、JR時刻表にて告知するとのこと。





 なんてこった…、冗談じゃないよJR東日本さんよorz。

 あんなに便利で利用客も多い土日きっぷを廃止するなんてどういう了見なんでしょうねえ。売上減ったなんてウソですよ。売れてないわけないでしょーー。

 後継に「ウィークエンドパス」なる切符が登場するようですが、運賃のみ有効で別途特急券が必要となれば、これまでのように無駄に特急に乗り継ぐような使い方はできません。私などは石巻の実家へ帰るのに、わざわざ新潟回りで行ったり山形回りで行ったりしてましたが、これからは新幹線や特急に乗る度にいちいちお金がかかるわけです。

 それでも、普通に買えば安くなるのかなと思って納得しかけました。しかし計算してみたところ、東京から仙台までの新幹線指定席特急料金4810円(通常期片道)×2にウィークエンドパスの8500円を足すと、18120円になるではないですか! 土日きっぷよりも120円高いですよ! これが繁盛記だったら520円高くなるわけですよ! 到底容認できませんこんなの。

 東京〜仙台間ですらこれですから、仙台の人が長野や新潟まで行く場合はさらにお高くなります。普通に買うよりは安いんだから我慢しとけということなんでしょうが、いくらなんでもサービスダウン甚だしいですよ。これまでは自由席ならそのまま乗れたのに、いちいち特急券を買いに窓口や券売機に行かなきゃならないのも面倒過ぎます。


 で、「ぐるり北海道フリーきっぷ」の廃止も非常に残念です。この切符は、東京から北海道までの往復にJR北海道全路線の特急指定席まで乗り放題で5日間35700円という出血大サービスの切符でした。しかも往復には新幹線&特急の他に北斗星のB寝台(ソロ含む)まで使えるという太っ腹ぶりでした。通常、北斗星で上野〜札幌を往復するだけで5万円くらいしますから、なんともありがたい切符だったのです。

 私は今年の6月あたりに、これを使って北海道へ行く計画を立ててました。でも、切符がなくなったら費用が掛かりすぎてちょっと行くのが困難です。なので本日、北海道行きを3月の三連休前後に前倒しすることに決定しました。

 本当は、3月にはまた関西へ遊びに行こうと思ってたのですが、優先順位を変えざるを得ません。関西にはいつでも行けるので、また次の機会にしようと思います。


 土日きっぷの使い納めもしなくてはならないし、2月以降は忙しくなりそうです。よし、それまで仕事頑張ってお金稼ぐぞ〜。


posted by atsu at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

駅員の世界じゃ普通だよね

駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず−JR西(時事)

 18日早朝、大阪市東住吉区のJR関西線東部市場前駅で、駅員2人が寝坊してシャッターを開けるのが遅れ、利用客8人が始発電車に乗車できないトラブルがあった。駅員は客に謝罪した。

 JR西日本によると、同駅には40代と20代の男性駅員2人が泊まっていた。2人は終電後の同日午前1時10分に勤務を終え、同4時半に起床するはずだったが、タイマー式の起床装置や目覚まし時計が正常に作動しなかったという。酒は飲んでいなかった。

 同駅は通常午前4時45分にシャッターを開けるが、営業開始の連絡がないのを不審に思った天王寺駅の担当者が同58分ごろ電話。2人は急いでシャッターを開けたが、待っていた客8人は同59分発の下り始発電車に乗れなかった。

以下、ヤフーコメント欄より抜粋

つか3時間ぐらいしか寝れないのか。
それはちょっと人員配置にも問題あるんじゃないか?

深夜1時半に終わって同じ人を早朝4時半から働かせるという、この業務時間に問題あるんじゃないだろうか。

この駅員が悪いというより、JR西日本の勤務体制が問題だと思う。

JR西は相変わらず職員に過酷な条件で仕事させてるのか

駅員の責任ではなく、JR西日本の責任だろうが!
まだそんな勤務体制でやってるの?
依然として大事故の反省を全くしていないJR西日本の運営体制〜

>2人は終電後の同日午前1時10分に勤務を終え、同4時半に起床するはずだったが

労働基準法に違反してないのか?
こんな睡眠不足の駅員がいる電車嫌だな、事故の元になる。
駅員増やして交代制にしろよ。

あのう・・・夜勤という言葉を知らんのですか。
20時〜7時(間に3時間仮眠あり)とかそういうシフトなんでしょ。
労基法違反とか言ってる人は世の中に出た方がいいのでは?





 鉄ヲタ的には、駅員さんの仮眠時間が3〜4時間程度というのはかなり当たり前の話だと思うんですが、世間的にはそうでもないんですね。皆さん、かなり的はずれなコメントなさってるなーと思います。

 私の友人にも駅員してた人(今は出世してウテシ)がいますが、確か週に3回くらい9時〜翌9時の24時間勤務をするのがデフォだったはず。通常の仕事の勤務体系とは、だいぶ違うんですよねえ。連日連夜3時間睡眠で働かされてるわけじゃないので、JR西の体制に問題ありと言うのは間違いです。それを言ったら、国内のほぼ全ての鉄道会社の体制に問題があることになりますよ。

 なんか、世の中には何でもかんでもJR西の体制批判に持っていきたい人が多いようです。確かに、福知山線の脱線事故については一切弁解の余地がありませんし、その後の処理も含めてJR西のやり方は酷すぎました。でも、駅員の寝坊についてまで会社の責任にするのは、いささか言いがかりが過ぎます。

 駅員さんの仕事もかなり大変だとは思いますが、当直からそのまま日勤になってさらに当直などというふざけた勤務になることもあるお医者さんのほうがもっと大変ですよ。向こうは仮眠すら、急患が来ればマトモに取れませんしね。

 ま、今後こういう事故を防ぐには、目覚ましが故障した場合も考えて保険をかけておく必要があるでしょう。今回の駅のように二人しかいない駅員が同時に起きる場合は、音が出る目覚まし時計をジャンジャン鳴らしてもいいと思いますよ。あとは、個人個人が携帯のアラームをセットするとかね。欲を言えば、駅員が起きなくてもシャッターが自動で開いて、券売機や改札の電源も自動的に入るのが理想ですけど。


posted by atsu at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

能登廃止だよ能登

往年の碓氷峠越え「能登」引退へ (読売)

 丸い鼻の形をしたボンネット型の先頭車両が愛らしい。「489系」だけで編成する夜行急行「能登」(金沢―上野)。かつて屈指の難所として知られた旧信越線の碓氷(うすい)峠を上り下りした。長野新幹線開通で碓氷峠を挟む横川(群馬県)―軽井沢(長野県)間が廃線となり、1997年からは上越線経由に変更。峠越えはなくなったが、来年3月、JR西日本のダイヤ改正で定期列車から姿を消す。

 両駅間には、旧国鉄で最も急な66・7パーミル(1000メートルで66・7メートルの高低差)の勾配(こうばい)があった。その対策のための電車として開発されたのが489系だ。峠越えで補機の電気機関車を連結し、機関車側からノッチやブレーキを操作する協調運転を行っていた。

 運転台には今でも協調運転への切り替えに使う“横軽(横川―軽井沢)スイッチ"が残っている。

 JR西によると、1両を女性専用のレディースカーとするなど乗客増を図ってきたが、高速バスに太刀打ちできなかった。

 能登と同区間を走るブルートレインの寝台特急「北陸」も定期列車からなくなる見通しで、北陸と首都圏を結ぶ夜行列車は役割を終える。


IMG_9417_s.jpg


IMG_9447_s.jpg





 あー、ついに報道されちゃいましたね。まったくもって残念なニュースです。北陸新幹線が金沢へ伸びるまでは安泰だと思っていたのに、予想よりも早い幕切れとなっちゃいました。

 この両列車がなくなってしまうと、北陸のB個室ソロにも乗れる「北陸フリーきっぷ」の利用価値も半減してしまいますな。新幹線&はくたかだとなんか損した気分になります。

 どちらの列車も乗り納めをするのはちょっと無理な感じですが、私と同じような人にオススメなのは「ホームライナー鴻巣3号」と「ホームライナー古河5号」。私も実は、こないだ鴻巣3号のほうに乗車してまいりました。

homekonosu.jpg


 このふたつの列車は、能登の489系が間合い運用で使われています。なななんとグリーン車も普通車扱いとなるので、500円でグリーン車にも乗れてしまうオトクな列車となっています。私も当然の如く、サロ489の乗り心地を味わってきました。

 私が乗ったときも帰宅するサラリーマンで満席でしたが、鉄は誰ひとりとしておらず。しかしこれが発表されてしまった以上は、明日の運転から鉄が群がってきそうです。最終日が近くなるにつれて鉄もどんどん増えるでしょうから、サラリーマンの皆様にはご迷惑をおかけするかもしれません。恐らく、日に日にサラリーマンと鉄ヲタの比率が変わってくると思います。

 来年3月12日の上野駅13番線ホームと16番線ホームは、またものすごいことになるんでしょうねぇ。もうすでに数が少ないのにさらに数を減らす夜行列車に、哀悼の意を禁じ得ません。


posted by atsu at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

そういうときは本社に聞こう

<介助犬>JRが同伴拒否 受け入れ義務、職員理解せず(毎日)

 千葉県市原市で介助犬と暮らす男性(48)が10月、JR鎌取駅(千葉市緑区)で新幹線の乗車券を買う際、介助犬の同伴を一時断られていたことが分かった。身体障害者補助犬法(02年施行)はすべての施設や交通機関に対し、介助犬や盲導犬の受け入れを義務付けているが、窓口職員は理解していなかったという。「日本介助犬協会」(本部・東京都)などは16日、同駅を所管するJR東日本に対し、再発防止を求める要望書を送付した。

 男性によると、同伴拒否があったのは先月20日。男性の妻(43)が同駅でJR名古屋駅までの新幹線の乗車券を求め、介助犬の同伴を伝えたところ、窓口職員に「(東海道新幹線を運行する)JR東海は盲導犬のみ同伴を許可しており、介助犬は認めていない。他の交通機関を利用してほしい」と拒まれた。妻は受け入れが法的義務であると説明したが理解されず、男性本人が電話で交渉。最終的に職員は誤りを認めたが、発券まで3時間以上かかったという。

 男性は「あきらめて車で行こうかとも思ったが、ほかの介助犬使用者のためにも説明に努めた。JRには法に基づいた対応をお願いしたい」と話す。日本介助犬使用者の会の木村佳友会長は「法施行から7年たったにもかかわらず、公共交通機関で同伴拒否が起きたことは大変残念。全職員に法律を周知徹底させてほしい」と求める。

 JR東日本は毎日新聞の取材に対し「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。今後、このようなことがないよう社員教育を徹底し、再発防止に全力を尽くしたい」とコメントした。【川久保美紀】





 あちゃー、これはアカンですね。この駅員氏ってバイトさんですか?って言いたくなるくらい、基本的な知識に欠けてますね。

 盲導犬だろうと介助犬だろうと聴導犬だろうと、今や介助犬全てが受け入れの対象であることは周知の事実です。どこの鉄道会社でも規定で受け入れ拒否なんてできないし、拒否しているところもないと思います。

 しかもこの駅員はJR東日本の人なのに、勝手に「東海は介助犬乗せてない」なんて言うなんてね。東海も、ありもしない規定の説明をされて迷惑だったと思いますよ。下手したら、「どうしておたくは介助犬の同伴を認めないんですか!」なんて抗議が東海に行く可能性もありました。同じJRとはいえ他社なんだから、その会社の規定を説明するときはもうちょっと気をつけないといけませんよね。

 でもあれですね。わからんちんの駅員相手に、いくら押し問答しても埒があきませんよ。そういうときはとりあえず、お問い合わせ窓口の番号を聞いて本社に直接聞いてみるべきです。そうすれば、発券に3時間もかかるなんてことはなかったでしょうね。

 鎌取駅はそこそこ利用のある駅だから駅員が一人しかいないってことはないと思うんですが、誰もこの駅員の勘違いを指摘できなかったんでしょうか。ゴタゴタもめてる間に別の駅員が東海に連絡して確かめるとか、やれることはあると思うんですけどね。電話一本で解決する問題なのに、どうしてここまでこんがらがるのか不思議です。すぐ電話してれば、こうやって新聞記事になっちゃうこともなかったのに。


posted by atsu at 23:38| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

1週間に二度も話題になったフェリー会社

フェリー座礁、横倒しに=28人全員救助、2人軽傷−横波で積み荷ずれる・三重県沖(時事)

 13日午前5時20分ごろ、三重県尾鷲市の三木埼灯台南約35キロの沖合を航行していた東京発那覇行きのフェリー「ありあけ」(7910トン)から「船体が急激に傾斜している」と救助を求める118番があった。第4管区海上保安本部(名古屋市)は巡視船艇6隻やヘリコプターなどを出し、乗客7人と乗員21人を全員救助。浜崎徹機関長(42)と乗客の松本浩一さん(70)が軽傷を負った。

 同本部によると、ありあけは航行を続けたが、同県御浜町の七里御浜沖約200メートルで座礁。完全に横倒しとなった。煙突から黒煙が上がり、流出した油が海岸まで達した。同本部は乗組員らから事故当時の状況など事情を聴いている。

 熊野市防災対策推進課の職員が乗組員から聴取したところによると、同5時前に左から横波を受け右に傾いた。元の状態に戻らなくなり、傾きは最大40度に達したという。横波で積み荷の位置が片寄ったことが原因とみられる。
 




 いやー、写真を見ましたけど、ずいぶんと派手に傾いていて驚きました。最終的に座礁したので完全に横倒しになったようですが、高性能のスタビライザーが着いているはずの最近の旅客船があそこまで傾くなんて信じられません。

 原因は「三角波」ではないかということですが、もしそれが本当であるならばこの被害もうなずけます。しかし、傾いたまま戻らなくなったのは積荷が右側に崩れたためのようなので、もう少し荷物の固定法をしっかりしたほうがいいかもしれませんね。

 ところで、この「ありあけ」を運航しているマルエーフェリーという会社。なんか最近聞いたことあるなと思ったら、市橋が大阪南港から乗り込もうとしていた琉球エクスプレスと同じ会社なんですね。あれは実にGJな出来事で、会社の株も上がったと思われるのですが、まさか同じ週にこんな事故を起こしちまうとは。不可抗力の面が強いとは言え、せっかくの功績が水の泡になったなあと思います。

 しっかし、いくら平日とは言っても乗客がたった7人とは少ないものですね。乗員が乗客の3倍もいるんですもの、これでは人件費にもなりゃしないと思います。今回は少人数だったことで救助作業も楽だったでしょうが、それにしたってねぇ…。さすがに東京⇔志布志⇔那覇航路なんてのは、距離が長すぎて需要が少ないのかもしれません。

 ホームページを見ると、船の設備も何だかショボイんですよね。名古屋⇔仙台⇔苫小牧航路の太平洋フェリーと比べると、どうしても見劣りがします。ラウンジショーやシアターもないから、那覇までの所要時間は48時間くらいかかるというのに、これじゃあ飽きてしまうでしょうね。大阪からの琉球エクスプレスに至っては、レストランすらないくらいです(食事は自動販売機で買って食べる)。

 フェリー業界は高速1000円のせいで大打撃を食らっているし、マルエーフェリーも「ありあけ」の代替船を新造する余裕はないかもしれませんね。大破はしてないのでもしかしたら修理すればまた使えるかもしれませんが、いずれにしても厳しい状況に変わりはなさそうです。世知辛いですなぁ。


posted by atsu at 23:22| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

青森行きははつかりだろjk

東北新幹線 「はやて」廃止へ 新型導入で列車名公募(毎日)

 JR東日本は東北新幹線八戸−新青森間の開業に伴い2011年3月から次世代新幹線「E5系」を導入するのに合わせて、「はやて」の列車名を廃止する方針を固めた。「はやて」は02年12月の八戸延伸の際、当時の最新車両「E2系1000番代」としてデビュー、それまでの「やまびこ」と区別するため命名された。代わりにみちのく路を走る「E5系」の名称について、JR東日本は来春に公募して決める。

 「はやて」は長野新幹線「あさま」をベースにした改良型。安定感と快適性に優れ、最高速度275キロで疾走するシンプルでスマートな車体から一躍東北新幹線の顔となった。

 JR東日本は当初予定されていた11年3月の新青森開業時に航空機のファーストクラス並みの「スーパーグリーン車」を連結した「E5系」を投入し、12年度末までに世界最速の時速320キロ運転を計画していた。ところが地元の要望で開業が3カ月前倒しの来年12月になったため「E5系」の製造が間に合わず、異例の新型車両なしの営業開始となる。

 通常の新幹線延伸開業は新列車名を冠した最新型車両を順次投入し、既存の車両を減らす方式を採用してきたが、今回は「はやて」が旧名称のまま最後の大役を担い、東京−八戸間の1日15往復を東京−新青森間にすべて移行させる計画だ。

 JR東はスーパーグリーン車の愛称も決めたいとしている。【斎藤正利】





 ほう、平成14年12月の八戸延伸時に登場した「はやて」の愛称は、わずか8年あまりで廃止ですか。青森へ延伸してもそのまま使うと思っていたので、ちょっと驚きましたね。

 まあでも「はやて」という愛称は列車名としては歴史が浅いし、特に東北特有の名前でもないので別にいいかなと思います。新幹線の愛称としては、高速感があってなかなかよかったですけどね。

 で、新しい愛称ですが、鉄ヲタの私としてはやはり「はつかり」を推したいところ。八戸開業と同時に消滅してしまった愛称ですが、東北本線に初めて走った伝統あるものですから、ここらで復活させてもいいと思います。八戸行きの「はつかり」では違和感がありましたが、新青森行きには相応しいでしょう。

 ついでに、「ひばり」も復活させて、新青森行きは「はつかり」、盛岡行きは「やまびこ」、仙台行きは「ひばり」と行き先別で愛称を分けてくれると有難いです。まるで、往年の東北本線を見るようで楽しいではありませんか。

 旅客案内上も理にかなってます。将来的に東北新幹線の列車は全てE5系に統一されるわけですが、そうなるとどれがどこ行きなのか、乗客にとって分かりづらい状況になることも予想されます。ですから行き先別で愛称を分ければ、新青森まで行きたかったのに間違って仙台行きに乗ってしまったなどという間違いも少なくなるでしょう。号数一桁は新青森行きで二桁は盛岡行きで…と分けるより、確実に分かりやすいです。

 恐らく私のように考える人は多いでしょうから、「はつかり」には多くの票が集まるでしょうね。最終的な判断は得票数ではなくJRの判断に委ねられますが、是非とも伝統ある愛称を復活させて頂きたいものです。

 ただ、個人的には新幹線の新規開業ってあまり嬉しくないんですけどね…。東北本線の八戸〜青森間もJRから切り離されて青い森鉄道になっちゃうし…。


posted by atsu at 22:39| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

地下鉄が追突事故なんか起こすか!

「人刺された」「列車事故」大阪で連続虚偽通報(読売)

 5日午後1時5分頃、大阪市営地下鉄鶴見緑地線・長堀橋駅(大阪市中央区)の駅員を名乗る男から「信号待ちの列車に、高速の列車が衝突した。90人程度の負傷者が出ている」と市消防局に通報があった。

 同消防局は救急車など計20台を出動させ、現場周辺は一時騒然となったが、通報は虚偽と判明した。

 南署は軽犯罪法違反(虚偽申告)と偽計業務妨害容疑で捜査。同日午前11時30分頃にも、同駅駅員を名乗る男から「駅で人が刺された」といういたずら電話が府警本部にあり、同署は同一人物の犯行とみている。



共同通信、「地下鉄衝突」と一時配信=虚偽通報と判明、10分後取り消し(時事)

 5日午後1時すぎ、共同通信が「大阪市で地下鉄が衝突し、けが人が多数出ている」とする記事を加盟各社などに配信した。実際には事故は起きておらず、同社は約10分後に記事を取り消した。

 共同通信によると、同社は大阪市消防局に入った情報として、午後1時12分に記事を配信。その後の取材で、同消防局に虚偽の通報があったことが分かり、同22分に記事を取り消した。

 同社は「取材の過程で間違いないと判断して速報したが、結果的に確認が不十分だった」としている。
 




 共同通信が配信したこの事件の初報は、会社で知りました。瞬間「そんなバカな。何で地下鉄が追突事故なんか起こすんだ。あり得ない。信じられない」と思いました。そしたら、案の定ウソだったという続報が来たので、胸を撫で下ろしましたね。

 先日、アメリカでは地下鉄の追突事故が起こりましたが、日本の地下鉄では起こりようもない事故です。日本に初めて地下鉄が開業したのは昭和2年のことですが、私の記憶では一度たりとも追突事故は起きていないと思います(中目黒事故のような特殊な衝突は除く)。ATSやCTCがしっかりしているから、故意に追突させようと思ったって列車は自動的に停止します。

 しかし、情けないのは共同通信です。どうして、通報があったという時点で記事を作成してしまうのでしょうか。確かに速報性も求められるんでしょうが、消防からの情報だけで判断などせず、駅か交通局に一本電話を入れれば確認できることです。そんな簡単なことも怠って、記事を読んだ人を不安に陥れた罪は大きいでしょう。通報があったのが13時5分なのに、記事配信が12分というのはあまりに拙速過ぎます。

 まあ何事もなくて良かった事ではありますが、あとはこういう虚偽通報をやる大馬鹿者をしっかり見つけて逮捕してほしいですね。そして、きつくお灸を据えてやるべきです。そうしないとこういう馬鹿は事の重大さが分からないでしょうからね。


posted by atsu at 22:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

名松線末端区間廃止やむなし

台風被害でJR名松線の一部廃止へ 家城〜伊勢奥津間をバス化(中日)

 JR東海は29日、台風18号の被害で不通が続く名松線(松阪−伊勢奥津、全長43・5キロ)の家城−伊勢奥津間(17・7キロ)を部分廃止し、バス運行に切り替えると発表した。旧国鉄からの継承路線で同社が廃止を打ち出すのは初めて。地元自治体などの理解を求めた後、国土交通省に鉄道事業法で定めた一部廃止の届け出を提出する。

 同社によると、8日に三重県を直撃した台風18号のため、急峻(きゅうしゅん)な山間部の家城−伊勢奥津間の路線は38カ所で土砂崩れなどの被害が発生。沿線周辺部の山林などの被害も大きく「再開を目指す状況になく、現実的でない」と結論付けた。

 在来線を管轄する東海鉄道事業本部長の中村満専務は「復旧させたとしても大きな被害が起きる恐れがあり、鉄道による安全で安定的な輸送はできない」と述べ、バスと鉄道を組み合わせた路線の維持を強調した。廃止対象となる家城−伊勢奥津は現在、1日11便のバス運行を実施中で、鉄道輸送と同じ運賃体系を継続する考えも示した。

 名松線の1日当たりの利用者数は700人。年間収益は約4000万円だが、約8億円の維持管理費が掛かっているという。今後の路線維持は「一定の需要がある限り旅客輸送に責任を持つ」(中村専務)との意思をみせた。

 同線では、旧国鉄時代の1982年の台風10号でも家城−伊勢奥津の67カ所で被害を受け廃線の危機に陥ったが、当時の劣悪な道路事情や存続運動もあり、翌年再開した。





 恐れていたことが現実となりました。でも、このケースでは廃止も致し方ないと思います。

 名松線は元々、国鉄時代にも「赤字83線」に選定されて廃止が勧告されるような路線でした。しかし当時は並行する道路が未整備でバス転換がままならないため、廃止対象線区から外されて存続したという経緯があります。道路が整備された現在はその存続理由が解消された状態でしたが、新幹線で潤っているJR東海の好意でもって営業が続いているようなものでした。

 JR東海は自力でリニア中央新幹線を建設しようとしているくらいですから、何もなければ年間4000万円の収入しかない路線に8億円の持ち出しをすることもできたのでしょう。でも、災害で寸断されたとなると話は別です。復旧には莫大な費用がかかるでしょうし、その費用をかけるだけのメリットが全くありません。沿線自治体が金を出すのなら復旧させるでしょうが、そうでなければ廃止を考えるのは当然のことです。

 過去にも、福井県の越美北線が平成16年の集中豪雨で被災した際、JR西日本が廃止の方針を打ち出したことがあります。同線は3年後の平成19年に見事復旧を果たしましたが、このときと今回はまた事情が異なります。

 越美北線は福井駅の隣の越前花堂駅から福井県大野市の九頭竜湖駅までを結ぶ路線ですが、このときズタズタにやられたのは中間の一乗谷〜美山間でした。それぞれ端の部分は早期に復旧したので、間の区間だけそのままというわけにはいかず、JR西日本は国と県の支援を取り付けたこともあって廃止方針を撤回し復旧工事に着手できたわけです。沿線に、大野市という人口3万人超の都市があったことも理由のひとつになるでしょう。

 対して名松線の場合は、寸断されているのが中間ではなく末端区間です。これだけで、復旧させる理由が大きく損なわれるんですよね。何もわざわざ復旧させなくても、バスでいいじゃんということになります。しかも終点の伊勢奥津駅がある旧美杉村(現在は津市に合併)の人口はわずか6000人。これから人口が増える見込みもなく、復旧のメリットはほぼないに等しいと思います。

 津市はいちおうJRの方針に対し、「存続を運動する」と言っていますが、大多数の津市民にとって名松線などどうでもいい存在でしょう。大多数の前にあって旧美杉村住民の声はかき消されるでしょうから、存続運動はどうしても弱いものになりそうです。かつてあった「名松線を守る会」なども、合併したときに解散してしまったようですしね。


 高千穂鉄道の前例もありますから、被災した路線がそのまま廃止になるのは鉄として非常に心苦しいことではあります。とは言え、いち民間企業であるJRに、復旧させろと強く言うこともできません。赤字路線の維持は、国や地方の支援なくしてはやっていけませんから。多くの国民の皆様には、JRが都市部や新幹線の利益で地方の赤字路線を維持している事情も知っておいて頂きたいものです。

 折りしも今、民主党政権によって高速道路無料化が謳われております。JR6社はこれが実現してしまうと年間750億円の減収になると発表していますが、そうなったら赤字路線はもう終わりでしょう。マイカーを優先し公共交通機関を潰すのは、愚策と言って差し支えないと思います。そんな財源があるのならば(あるかどうかも怪しいが)、その金は公共交通機関にこそ注入すべきと私は強く申し上げておきます。


posted by atsu at 23:55| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

もうすぐ引退だってのに253系も大変だな

成田エクスプレスが工事車両と接触 山手線などが一時ストップ(産経)

 3日午前10時45分ごろ、東京都渋谷区渋谷のJR埼京線渋谷駅近くで、走行中の池袋発成田空港行きの成田エクスプレス19号が隣の引き込み線に止まっていた工事用車両と接触し、緊急停止した。乗客約90人らにけがはないという。

 JR東日本によると、当時、工事用車両では、砂利を積み込む作業が行われていた。車両側からベルトコンベヤーを出していたといい、はみ出した部分が走ってきた19号に接触したとみられるという。

 警視庁渋谷署は過失往来危険容疑の可能性もあるとみて関係者から詳しい事情を聴いている。

 この事故で、乗客は品川駅で別の電車に振り替えられたほか、山手線や埼京線、湘南新宿ラインが一時運転を見合わせた。JR東によると、19号の区間運休を含めた10本が運休、22本に最大約1時間15分の遅れが生じ、計4万5000人の足が乱れた。





 JR東日本はこの手の運行障害が本当に頻発してます。何年か前にも、線路上に置き忘れた工事用器具を京浜東北線の始発電車がはね飛ばすという事故を起こしていますし、その後も何度かあったように記憶してます。変電所の火災や架線の断線などで大規模運休する事態も何度も起こってますし、なんだか心配になってしまいますよ。

 JR東はJR西のように乗客を死なす事故は昭和63年の東中野事故(運転士と乗客の計2名が死亡)以来起こしてませんが、運行障害の多さは西以上です。そりゃ電車の本数が多いから障害も多くはなるのでしょうが、それは言い訳にはなりません。

 今回の事故は作業員が工事用車両のアームを誤って旋回させたのが原因だそうですが、これはどんなATSがあっても防げませんね。踏切などには障害物を察知するセンサーなどが付けられていますが、単なる線路上にはそんなものはないですし、仮にあっても空中を旋回するものまで察知はできないでしょう。この手のヒューマンエラーはどうやったら防げるのか確実な手がありませんから、実に厄介です。

 電車の本数が多いから大変だとは思いますが、見張りをさらに厳重にして、電車の接近中は機械に触らないなどの処置を徹底するくらいしか手はないでしょうか。まあ通常だと、保線作業員は電車がやってきたら作業をいったん止めて電車に向かって手を挙げ合図していると思うのですが、都心の路線でそれをやってたら作業が一向に進まないですかね…。

 ところで関係ない話ですが、そろそろ253系もカメラに収めておかないといけませんね。成田エクスプレスから引退する253系が今後どこに転属するのか、それが今は気になってます。


posted by atsu at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

すごくいいけど、もっと安くして〜

 昨日のエントリで取り上げた眞鍋のポスターの件ですが、今度は所属事務所側が許可は一切出していないとの声明を出しました。もう何が何だか分からなくなってきましたね。それが本当なら仲介者が一番悪いということになりますが、所属事務所に直接ではなく胡散臭い人物を介して許可を取ろうとした城内さんにもかなり落ち度があると思います。もうホント、こんな下らないことで株を下げないでよと言いたいですね。

眞鍋かをり「選挙ポスター」騒動 事務所側が許可「一切出していない」(J-CAST)




車掌、駅に置いてきぼり=1キロ走って追いつく−JR青梅線(時事)

 2日午前8時20分ごろ、JR青梅線の青梅発東京行き上り快速電車(10両編成)が、車掌を駅に残したまま発車する「珍事」があった。運転士が次の駅で気付いて9分間停車。車掌は一般道を約1キロ走って、停車中の電車に乗り込んだという。後続の電車を含め、約2200人の乗客に影響が出た。

 JR東日本八王子支社よると、車掌は中神−東中神間を走行中、座席で寝転んでいた乗客を起こすため車掌室を出たところ、鍵が掛かってしまい、同室に戻れなくなった。

 車掌は東中神駅でホームから車掌室に入ろうと、非常用コックを使って車両ドアを開け、コックを戻してドアを閉めた。しかし、事情を知らない運転士はドアが閉まったため、乗客の乗り降りが終わったと勘違いし、車掌をホームに残したまま発車させた。

 運転士は、次の西立川駅で車掌がいないことに気付いて停車。車掌は線路沿いを走る一般道を走り、同駅で追いついたという。





 車掌を残して電車が発車してしまうという事故は、時折ありますね。過去にタクシーに乗って追いついたというのはあった気がしますが、次の駅まで走っていったのははじめてのことではないかと思います。

 この手の事故で一番責任が重いのは、やはり運転士でしょう。本来、電車は車掌からの発車合図がなければ発車してはいけないはずなのに、この運転士は扉が閉まった時点で勝手に発車してしまいました。きちんと発車合図さえ待っていれば、こういうことにはならないんですね。

 車掌さんも、若干の判断ミスがあったでしょう。非常用コックを使ってドアを開けるまではよかったのですが、閉めるのは車掌室に戻ってからにするべきでした。非常用コックを元に戻す操作も必要なのかもしれませんが、それはいったん車掌室に戻ってからのほうがよかったですね。あとは、車掌さんが車掌室の鍵さえきちんと持っていれば、そもそも問題は起きなかったのですが…。

 ところで今朝の8時頃と言ったら、都内は雨が降ってましたよね? 車掌さん、よく走ったなとは思います。必死だったんでしょうが、その根性には天晴れと言っておきましょう。





東京・丸の内に公共自転車、CO2削減へ実験(読売)

 温室効果ガス削減のため東京都心の自転車の利用率を高めようと、環境省は10〜12月、丸の内のビジネス街で、いつでもだれでも利用できる公共自転車の社会実験を行う。

 駐輪ポートを300メートルごとに5か所設置して、50台の自転車を配備。徒歩ではちょっと遠い、中距離の移動に、気軽に自転車を使えるようにする。

 利用者は、初回登録料1000円を払えば、30分以内の利用は無料で、どのポートに返してもよい。30分以降は10分ごと、3時間以降は5分ごとに各100円ずつ課金。放置や盗難防止のため、1日を超えると、自転車価格相当額がカードから引き落とされる。

 実験は、JTB首都圏などと共同で進め、好評なら利用可能な地域を拡大して、事業化につなげる計画だ。

 このような公共自転車は、パリで1500か所に約2万台配置されるなど、欧州の都市で広まり、市民に利用されている。





 試みとしては非常によいと思います。だけど、課金がちょっと高いと思いますね。

 もともと短距離での使用を想定しているからでしょうが、3時間以降の5分100円というのは高すぎます。世田谷区や練馬区は1日借りても200円とかの格安レンタサイクルをやってるんですから、もっと安くしないと利用しづらいでしょう。

 また、最初の無料時間が30分というのも、安全上の観点から問題あるのではないかと思います。どうしても無料時間があると、その時間内に用事を済ませて返却しようという意識が働きますよね。そうなると制限時間が近づいてきたときに、赤信号を無視したり歩道を猛スピードで走ったりということが往々にして発生するのではないでしょうか。30分というのは何をするにしても帯に短し襷に長しな時間なので、無料時間を設けるのなら1時間にするか、無料時間を全く設けないかのほうがいいでしょう。

 最終的には丸の内周辺だけではなく、千代田区内の各地にポートが設置されるといいですね。いったんポートに返せば利用時間がリセットされるのならなおよし。便利なレンタサイクルが他の区にもどんどん広がることを期待します。


posted by atsu at 22:03| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

東京メトロと都営地下鉄、婚約か!?



 朝起きてPCを立ち上げたらマイコー死去のニュースが。特にファンではないけど驚きましたねぇ。

 それでは皆様ご一緒にご唱和下さい。

ゥルルァッタッタッ!!ゥゥルルァァッタッタタ!!  ゥルルァッタッタッ!!ゥゥルルァァッタッタタ!!
ゥルルァッタッタッ!!ゥゥルルァァッタッタタ!!  ゥルルァッタッタッ!!ゥゥルルァァッタッタタ!!
タベタッ!!


 謹んでご冥福をお祈りします。





目標5万台、達成わずか42台=燃料電池車普及、計画見直し勧告−総務省(時事通信)

 総務省は26日、低公害車普及に関する政策の評価結果をまとめた。「2010年度までに燃料電池車を5万台普及」とした政府目標に対し、07年度の国内保有台数はわずか42台にとどまり、同省は経済産業省など4省に目標設定や普及促進策の見直しを勧告した。

 燃料電池車は水素と酸素の化学反応による電気で走行し、排ガスを出さない「究極のエコカー」。政府は01年に定めた「低公害車開発普及アクションプラン」で、10年度までの5万台普及を目標に掲げ、04年度から4年間、技術開発などに約197億円の予算を投入した。総務省は「多額の予算投入に見合う普及台数となっていない」と指摘している。

 勧告に対し経産省は、「技術開発は着実に進んでおり、各自動車メーカーは15年から売り出す予定」と成果を強調。今後は実態に合わせた新たな目標を検討するという。
 




 そりゃ、高いからねぇ。1台1億円とかフェラーリやランボルギーニもビックリな価格設定だから、そら売れませんよ。でも、普及させるにはもっと研究して低価格化に努めねばなりませんから、この結果をもって政府の無策だの何だのと批判するのは尚早というものです。

 やはり、燃料電池を超えるエコカーは今のところありませんからね。将来的に燃料電池車が自動車のスタンダードになったら、中東の産油国など全てぶっ潰れるくらいの勢いだと思います。二酸化炭素うんぬんはおいといても石油に頼らないエネルギーを作るのは必要だと思うので、早く普及させてほしいですね。





東京メトロと都営地下鉄、統合へ(MBS)

 都心の地下を行き交う2つの地下鉄。東京メトロと都営地下鉄が統合されることがJNNの取材で明らかになりました。

 関係者によりますと、東京メトロと都営地下鉄はすでに将来の経営統合で合意。線路などの資産は東京都側に残し、地下鉄の運行を東京メトロに統合する、いわゆる「上下分離」案を軸に交渉が進められています。

 東京メトロは乗客数の増加などで利益が見込める一方、東京都はメトロから線路使用料を得て、4500億円を超える累積赤字の返済にあてることができます。

 ただ、統合には東京メトロの株式上場が条件で、メトロは今年度中の上場を目指していますが、株価の動向次第では先送りされる可能性もあります。

 「覚書は交わしたんだけど、それ(統合)は時期の問題、タイミングの問題でしょう。ユーザーのためには絶対そう(統合)すべきだと思います」(石原慎太郎 東京都知事)

 統合すれば、高いと言われる都営地下鉄の運賃の見直しも行われるとみられます。





 メトロと都営地下鉄の統合は、かねてからの都民の願いでありました。これが本当に実現するのなら諸手を挙げて歓迎したいですね。今のところソースがなぜか大阪のMBSにしかないので、ちょっと信憑性が低い気がしますが…。

 都営地下鉄の運賃がメトロ並みに下げられたら嬉しいですが、メトロと都営の運賃が双方の平均値になったりしたら嫌です。なんとかここは東京メトロの財力を使って、乗客に負担をさせないようにして頂きたいものですね。何とか、早期の実現を祈ってます。


posted by atsu at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

通年発売にしてぇぇぇぇぇ!

夏休み 列車乗り放題 高速道値下げに対抗 JR東・東京湾フェリーなど共通切符(産経)

 JR東日本は9日、東京湾フェリーや京浜急行バスなどと提携し、関東近郊の1都11県の普通列車が2日間乗り放題になる夏季限定の共通割引切符「ツーデーパス」を20日に発売すると発表した。高速道路料金の土日祝日「1000円乗り放題」に対抗し、夏休みシーズンに向け連携して需要を喚起する。

 利用期間は7月20日〜8月31日と9月の土日祝日。料金は大人5000円、学生3500円、小学生以下2000円。特急券を購入すれば、新幹線や特急の利用もできる。例えば、会津若松駅(福島県)−東京駅の通常往復運賃は9880円だが、共通割引切符ならば半額で済む計算だ。

 JR東の主要路線のほか、神奈川と千葉を結ぶ東京湾フェリーや、別所温泉(長野県)につながる上田電鉄など地方私鉄5社の一部路線でも利用できる。切符1枚でJR路線から観光地や東京湾遊覧が楽しめ、観光需要の掘り起こしで約6万枚の販売を見込んでいる。

 高速道路の1000円乗り放題の影響で、JR東や東京湾フェリーの利用は低迷している。JR東の5月の鉄道営業収入は前年同月比8・5%減と、現在の形式で公表を始めた平成4年以降で4番目の下げ幅を記録した。東京湾アクアラインと並走する東京湾フェリーの5月の利用者数も25%減と大幅に減少。アクアラインは8月から平日も通行料金が800円となる見通しで、さらなる利用減が予想されている。





 ふむ、これは楽しそうな切符ですね。その範囲たるやかつて販売されていたスーパーホリデーパスよりも広いし、何よりも一部私鉄と東京湾フェリーまで乗り放題というのが新しすぎます。こないだJR西は智頭急行で使えない乗り放題切符を出して顰蹙を買いましたが、さすがに東はこういう切符に慣れているだけあって他社との調整が巧いですね。

 ただ、惜しむらくはその設定期間。7月20日〜8月31日というのはモロに青春きっぷのシーズンと重なるので、この切符を買う暇はなさそうです。ただ、秋のGWにも使えるのが幸いですね。ま、私はその連休は三連休パスを使って北東北まで行こうと考えているので、使う機会はかなり限定されそうです。

 できたら今回だけと言わず、青春きっぷが出ない10月〜11月や5月〜6月などにも発売してほしいものです。そしたら、旅の選択肢が広がって楽しいことになりますね。JRさん、どうにかお願いしますわ。




2歳の娘のポルノ撮影容疑 兵庫の女を逮捕、宮城県警(東京)

 自分の長女(2)のポルノ写真を撮影したとして、宮城県警少年課と大河原署は9日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで兵庫県のパート職員の女(23)を逮捕した。女に撮影をそそのかしたとして同法違反教唆の疑いで、堺市中区陶器北、無職岩崎瑞穂容疑者(20)も逮捕した。

 女の逮捕容疑は、1月8〜21日ごろに11回、デジタルカメラで自分の長女のわいせつな写真を撮影して児童ポルノを制作した疑い。岩崎容疑者の逮捕容疑は1月上旬ごろ、女に「娘の児童ポルノ画像を送ったら金を払う」などと言ってデジタルカメラを郵送し、ポルノ写真を撮影させた疑い。

 県警によると、岩崎容疑者が携帯電話のオークションサイトに自分の下着姿を投稿していた女に目を付け「娘のポルノ写真の方が高く売れる」と交渉。女に撮影ポーズまで細かく指示し、画像は1枚数千円程度で買い取っていたとみられる。

(共同)





 まったく、どうしようもないバカ母がいたものですな。てめえがてめえの裸を世間に晒すなら構わないけど、純真無垢な2歳の娘の裸を売るなんて基地外も甚だしいです。

 まあ、娘さんがまだ2歳だったのが不幸中の幸いでしょう。この歳ならばまだ、母親がどういう意図で写真を撮っていたのかまでは分かりませんからね。これがもしも小学生くらいだったら、一生の傷として残りかねませんでした。早めに検挙した宮城県警はGJです。

 娘さんの人権を守るためだから仕方ありませんが、母親の実名が出てないのには納得できませんな。自分の子供をダシにして金を稼げば、万が一ばれても世間体が保たれるからいいですね。

 しかしよく分からないのですが、2歳児の「猥褻な写真」ってどんなの? 私の感覚からすれば、2歳児の裸なんて見たってほのぼのするだけで、卑猥さは微塵も感じないと思うんですけど。猥褻というくらいだから、性器のアップだったりするんでしょうか。まあ何にせよ、そんなので興奮しちゃう男は異常だと思います。人の性癖についてあまりとやかく言いたくはないけど、ロリコンはまだ理解できてもペドフィリアはねえですわ。


posted by atsu at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

哀愁の南海天王寺線

「開けたらあかん」誰も使えぬ開かずの公園 大阪(朝日)

 鍵をかけたまま放置された「開かずの公園」が大阪市西成区にある。市が4700万円の事業費で整備を始めて12年。いまだに開園のメドが立たない。ホームレスの居場所になるという地元の不安に加え、問題解決を先送りしたことが利用できない公園を生み出した。

 「ここは開けたらあかん。みな寝に来てしまう」

 公園のそばに50年近く住んでいる女性(71)がつぶやいた。フェンスと鉄板で覆われて入れない。通行人がフェンス越しにネコに餌をやっている。60代の男性は「開けてもゴミでいっぱいになっちゃうんじゃないか」と漏らした。

 「山王太子公園」(仮称)は市営地下鉄動物園前駅から飛田新地に向かう商店街と交わるようにある。93年、全線廃止になった南海電鉄天王寺線(天下茶屋―天王寺)の跡地で敷地は細長い。「地域の発展のために」と一部を残して市に無償譲渡された。

 市は97年、跡地5200平方メートルの一部の整備を開始。2カ年で、約1300平方メートルの造成や植栽をし、出入り口を1カ所作ったところまでで整備が止まり、施錠された。市緑化推進部の担当者は「管理方法を地元と話したが詰め切れず、ほかの公園の整備が優先されて後回しになった」という。

 鍵が開けられるのは年に1、2度イベントで使うときだけ。草刈りなどの維持コストは約10年で計百数十万円かかっている。市によると、公園は市内に965カ所(08年3月時点)あるが、開園できずに閉ざされているのはここだけという。

 市は今年度中には地元と管理についての調整を再開し、できるだけ早くもう1カ所の出入り口を確保して、開園をめざす。

 山王連合振興町会の野矢信三会長(89)によると、地元では、天王寺線廃線時は、緊急時の消防用道路や集会場、日雇い労働者の寄宿舎など敷地の使用方法で意見が分かれ、「木でも植えて置いておこうという話になった」という。野矢さんは「今のままでは開放できなくても仕方ない。ただ市が調整案を示してくれれば協議に応じたい」と話した。(斎藤利江子)





 ほほう、私atsuは恥ずかしながら、この記事を読んで初めて南海天王寺線という路線の存在をしっかりと認識しました。なんとなくそんな路線があったということは頭の片隅にはありましたが、まさか割と最近の1993年まであったとは知りませんでしたね。



 航空写真へのリンクを貼り付けておきますが、この写真の右上から左下にかけてまっすぐ伸びている緑色のラインが天王寺線の廃線跡です。閉鎖されている公園は、まさにこれのことですね。93年に廃止された今池町〜天王寺間はわずか1.2キロしかなかったので、この画像に写っている部分が路線のほぼ全てということになります。手元にある鉄道旅行地図帳にもしっかり記載されてはいましたが、あまりの短さに見落としていました。

 南海高野線の本来の起点である汐見橋駅や、2002年に廃止された和歌山港線の水軒駅など、南海には時代から取り残されたようなうらぶれた駅や路線が多いですね。しかしそういうところが、鉄ヲタとしては非常に興味をそそられます。

 で、いろいろ探していたら、天王寺線廃止間際に撮影された貴重な動画を発見しました。こういうの、ちゃんと撮ってる人がいるんですよねぇ。それをアップしてくれたことに、心から感謝します。





 聞くところによれば、部分廃止後の天王寺駅はその暗さから「魔境」などと呼ばれていたらしいですね。下の動画の冒頭部にその様子が映っていますが、このまんま終戦直後のシーンなどをロケできそうな環境だと思います。素晴らしいものですわ。

 で、公園についてですが、できたら南海天王寺線についての説明書きなどもどこかに設置してほしいですね。ホームレスの巣窟となる危険性は確かにありますが、夜間のみ閉鎖にするなどして何とか折り合いをつけたらいいんじゃないか、と思います。でなければ、公園にするのはやめて普通に道路にでもしてしまったほうがいいと思いますよ。


posted by atsu at 20:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

てか通年で一人用の乗り放題切符売れ

JR西「乗り放題」三セクは別、「聞いてない」不満の声(朝日)
  
 高速道路の「休日一律1千円」に対抗し導入されたJR西日本の格安切符「西日本パス」が人気だ。山陽新幹線や特急が「乗り放題」となる。8日に利用が始まり、計約10万枚を売るヒット商品となっている。しかし、JR特急に乗っても第三セクター路線を通ると別料金を請求される。この仕組みを知らなかった利用者からは「納得いかない」と不満の声が出ている。

 西日本パスは、JR九州とも連携して西は長崎から、東は新潟・直江津までのエリアを自由席なら「乗り放題」とし、2日間用と3日間用がある。指定席を4回まで使える2日間用は定額給付金に合わせ1万2千円、6回まで使える3日間用は1万6千円。利用期間は6月29日までの金〜月曜日。グリーン車用のプランもある。

 「本当ですか?」。4月下旬、奈良県北葛城郡に住む会社員男性(45)は、みどりの窓口で何度も聞き返した。西日本パスを使って5月中旬、家族4人で中国地方への1泊2日の旅行を計画。岡山駅から鳥取駅まで、JR特急「スーパーいなば」指定席を利用しようとしたところ、大人1人あたり片道1770円の別料金を請求された。

 JR西によると、岡山―鳥取間のうち、上郡(兵庫県上郡町)―智頭(鳥取県智頭町)間約56キロは、第三セクター「智頭急行」(本社・智頭町)の路線に乗り入れる。西日本パスはJR線限定でこの区間はサービス対象外となり、1770円は智頭急行の運賃・特急料金だ。

 西日本パスのパンフレットには「鳥取→大阪 2時間24分」と、特急での所要時間もPRされている。しかし、別料金が発生することは、裏面の文字でびっしり埋められたスペースに「その他会社線はご利用になれません」と記されているだけ。男性はマイカーでの旅行に切り替えた。

 西日本パスではほかにも、JR特急が乗り入れる三セク「北近畿タンゴ鉄道」(豊岡―西舞鶴83.6キロと宮津―福知山30.4キロ、本社・京都府福知山市)の路線も別料金となる。京都から特急「はしだて」自由席で天橋立(同府宮津市)へ向かった場合、運賃・特急料金合わせ大人1人あたり片道1380円を請求される。

 智頭急行の運輸担当者は「嫌みを言われたり、怒られたり。『そんなの聞いてない』と料金を支払わずに下車しようとするお客様もいる」と嘆く。北近畿タンゴ鉄道の担当者も「JRがもっと周知をはかってくれたらいいが」。両社は8日から、別料金が必要なことを知らせる車内放送をしている。





 日頃乗り放題の切符を出してないJR西が、無理をするからこういう事態が発生するんだと思います。このJR西日本パスって、聞こえはいいけど制約が多くて実はかなり使いづらいんですよね。2人でなきゃダメというのが最大のネックだし、発売も7日前までだったりと非常に残念な切符です。

 これが東日本なら、こういうヘマはしないでしょう。東が通年売っている「土日きっぷ」や「三連休パス」は、JRの特急が乗り入れる北越急行・伊豆急行・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道もフリーエリアに含まれています。ですから、「はくたか」に乗って直江津まで行く場合や、「踊り子」で下田へ行く場合、「北斗星」で函館まで行く場合には追加運賃が発生することはありません。

 西日本も、どうせやるのなら智頭急行くらいはフリーエリアに含めるべきだったと思います。北近畿タンゴ鉄道はともかく、智頭急行は鳥取へ行くためのメインルートですからね。パンフで大きく「鳥取→大阪 2時間24分」と書いておいて使えないのでは、詐欺と言われても仕方ないでしょう。

 智頭急行と北近畿タンゴもいい迷惑ですね。きっとJRは両社に何の相談もしないで切符の発売を決めたんでしょうけど、他社のやったことで自分とこに苦情が来るなんて理不尽以外の何者でもないです。さらにはお金を払わずに下車された日にゃあ、踏んだり蹴ったりですよ。立場上JRに強く抗議なんかはできないでしょうから、なおさらです。

 しかし私から言わせれば、スーパーいなばに乗れないくらいでマイカー旅行に切り替えるこの男性も応用が利かないなと思います。大阪から鳥取に行くルートなんか、ちょっと考えれば他にもあるんですけどねぇ。時間は4時間もかかるけど大阪から「はまかぜ」に乗ってみるのもいいし、急ぐのなら岡山から「やくも」→「スーパーまつかぜorスーパーおき」でもいい。そもそも、そんなに鳥取じゃないとダメだったんでしょうか。


posted by atsu at 22:43| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース−社会 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。