2010年08月17日

真っ当なら不起訴相当です

プリンスホテル宿泊拒否 日教組、検審に審査申し立て(産経)

 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)参加者の宿泊をプリンスホテル(東京都豊島区)が拒否した事件で、旅館業法違反容疑で書類送検された同社と幹部らを東京地検が不起訴(起訴猶予)処分としたのを不服として、日教組が東京の検察審査会に審査を申し立て、受理されていたことが17日、分かった。審査申立書は東京第1検察審査会が6日付で受理した。

 日教組が審査を申し立てたのは同社と、渡辺幸弘会長(63)、同社取締役でもある西武ホールディングスの後藤高志社長(61)の2人。

 プリンスホテルは平成19年11月、20年2月に予定されていた教研集会集会開催による街宣車の騒音などの周辺住民への影響などを理由に、集会前後の約190人分4泊の宿泊契約を破棄。警視庁が21年3月、正当な理由なく宿泊拒否したとして渡辺会長らを同法違反容疑で書類送検した。東京地検は今年7月、悪質性が高いとまではいえないとして起訴猶予処分とした。

 日教組広報部は「違法行為だが悪質性は低いとされると、今後も宿泊が拒否されるおそれが否定できず、厳しい対応を取ることにした」としている。





 こいつらまーだこの問題に固執してるんですか。まー申立するのは自由ですけども、たぶん覆らないと思いますよ。

 道教組や山教組の選挙における不正などが明らかになり、今や一般国民ですら日教組が異常な団体であることに気付き始めています。検察審査会の委員というのは、裁判員と一緒でそんな一般人から無作為に選出されますので、恐らくは常識に適った判定が出されることでしょう。どっかの左巻きの弁護士団体が審査するわけじゃありませんからね。

 私はこの件について、当初は宿泊の予約までキャンセルしたプリンスホテル側を、旅館業法の観点から「それはやっちゃいかんだろ」と思っていました。だけど後に、日教組が自分たちの名前を伏せて予約を入れていたことが明らかになったので、プリンスホテル支持に変わりましたね。プリンスホテルが行ったことは、他のお客様を守るための至極当然の行為です。

 是非とも検察審査会の皆さんには、実際にプリンスホテルで集会が開催されていたらどうなっていたかを想像して頂きたい。狭い路地に街宣車が集結し、集会が行われているあいだずっとがなり立てる。そうなったら、ホテルの宿泊客はもちろん、その日周辺で行われていた入学試験の受験者にも多大なる被害が発生したことでしょう。

 一部の利用者(日教組)のために、他の多数の利用者が我慢を強いられるなんてことはあってはなりません。プリンスホテルはそのような事態になることを未然に防いだわけであり、この行為が送検されること自体甚だおかしいのです。これがまかり通ったなら、今後は日教組集会という罰ゲームを受け入れざるを得なくなるホテルが続出してしまいます。ホテル側が間違いなく不利益を被ってしまうことになるので、起訴相当なんてことはあり得ないと思いますね。

 日教組の集会は、こんなホテルの広間でなどやらず、朝日新聞社のホールとかでやればいいんです。そして、宿泊もできるだけバラけて個々に予約を取ればいい。そもそもが皇室とか王室とかに批判的なやつらなのに、プリンスホテルでやろうなんて生意気なんだよ。あ、もちろんロイヤルホテルでもやるなよw。


posted by atsu at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

留年する輩に施しは不要

<高校無償化>留年・再入学生授業料 19都県「原則徴収」(毎日)

 公立高校の授業料無償化を巡り、留年生徒や卒業後に再入学した生徒について、全国の都道府県の約4割に当たる19都県が原則として授業料を徴収する方針を決めたことが、毎日新聞の調査で分かった。このほか4県は再入学生のみ徴収する方針で、授業料を支払うことになる留年生・再入学生は少なくとも計948人(6月28日現在)になる見通し。24道府県は原則不徴収の方針で、対応が全国でほぼ二分された。

 4月に施行された高校無償化法は、国が公立高校生(専攻科は除く)の授業料相当額を都道府県に交付するよう定めた。ただし対象は標準修業期間(全日制3年、定時・通信制4年)内の生徒。この期間を超えた生徒で「不徴収が生徒間の負担の公平を損なう特別の事由」がある場合は学校設置者(都道府県や政令市など)が授業料を徴収できるとした。

 毎日新聞が各都道府県の教育委員会に対し標準修業期間を超えた生徒への対応を調べたところ「原則徴収」の自治体は、36カ月以上在学すると無償にならない私立と公平にするため(岩手県)などの理由を挙げた。千葉県は再入学生について「学習意欲がある」と徴収対象から除外。また、各自治体とも留学や病気などの場合は徴収しないとしている。

 一方、全国の自治体で最も早い3月中旬に「原則不徴収」を決めた京都府は「徴収すれば(経済的負担の軽減と機会均等を目指すとした)法の趣旨に合わず、勉学の機会提供に公平さが必要」とコメントした。香川など4県は再入学生からは徴収する方針で、このうち兵庫県は「(再入学は)生涯学習の意味合いがあり、高校無償化の趣旨と違う」とコメントした。

 法政大の尾木直樹教授(臨床教育学)は「高校授業料無償は国際常識で、学力を養うことは国家の問題。すべて無償にすべきだ」と話す。【狩野智彦】





 留年した生徒からは授業料を徴収する。それって当たり前のことだと思います。機会均等の趣旨に反するというけれど、生徒に均等に与えられた授業のコマ数で進級できなかったのだから、その生徒にさらなる援助をすることこそ公平性を欠くでしょう。みんなは3年分しかもらわないのに、そいつだけ4年ぶんももらうんですからね。

 だいたい大学ならともかく、高校で留年するってよっぽどですよ。学力が不足して赤点連発の場合でも、多くの場合は追試や補習などの救済措置が取られて、留年は免れることが多いです。それでも留年するのはそもそも学校に来なくて出席日数が足りなかったり、せっかくの救済措置をすっぽかしたり、素行不良で停学食らったりするやつくらいでしょう。そんな学習意欲のない生徒を、どうしてさらに税金使って面倒見てやらなきゃいけないんですか?

 教育評論家の尾木も相変わらずバカ。国際常識だから全て無償にすべきと言うけど、何でもかんでも我が国が外国に合わせる必要なんてないでしょー? それを言うんなら、軍隊を持つのは国際常識だから日本も持ちましょうか? 捕鯨をしないのが国際常識だから日本も捕鯨やめますか? 多くの国が高校や大学は無償だとしても、それが日本も無償にしなければならない根拠になどならないんだよバカヤロウ。

 まったく、こういう意味のない施しをいったんしてしまうと、それにコロッと騙される愚民は「もっとよこせ、もっとよこせ」になってしまうから困ります。ただでもらえるのが当たり前になると、それに対して感謝をしなくなってしまうのですな。そして要求はどんどんエスカレートし、ひいては国の破綻を導いてしまうと思います。

 貧しい国の子供たちなどを見ると「学校に通えて勉強できることが幸せ」という考えが根づいているように思えますが、日本の子供たちの多くは「国のおかげで勉強することができる」とは考えないでしょう。そもそも授業で「皆さんは国にお金を出してもらって学んでいるんだから、国を愛して国に貢献できる大人になりなさい」なんて言ったら、サヨク教師どもが黙ってないだろうしw。そんな無駄な高校無償化など、とっとと廃止してもらいたいものです。どうしてもやりたいのなら、勉強する意欲があるのに家庭が貧しくて進学できない子供にだけ、返済しなくていい奨学金を与えるべし! あ、もちろんテストはありよ。義務教育の授業をしっかり聞いてれば解けるレベルの問題でね。


posted by atsu at 21:19| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

文科省と日教組がズブズブに

日教組委員長が川端文科相と会談(産経)

 民主党の有力支持団体、日本教職員組合(日教組)の中村譲委員長は14日、川端達夫文部科学相と会談し、日教組との定期的な会合開催や日教組の全国集会への出席などを申し入れた。日教組幹部が文科相を訪問するのは2年ぶり。

 会談には文科省の政務三役3人と日教組幹部2人が同席した。中村氏が「民主党とはいろいろと話をしてきたが、ほとんど違わない」と述べると、川端氏も「そうですね」と応じた。

 会談後、中村氏は「民主党のマニフェスト(政権公約)で私どもと同じ主張がかなり見受けられる。具体化していくのはうれしい」と述べ、親密ぶりをアピールした。

 会談に先立ち、日教組は鈴木寛文科副大臣に対し、教職員定数の拡大や給与一部カットの凍結、教員免許更新制廃止、学力テストの全員方式廃止など12項目にわたる政策要求書を提出した。





 うへぁ……。悪夢のような光景ですね。いよいよ、日教組が政治に深く関わる事態が現実と化しつつあるようです。

 日教組議長の、この嬉しそうなコメントはいったい何ですか。文科省はこれで俺たちの思い通りだぜイエーーイという考えが、ありありと透けて見えます。この調子ならそう遠くない将来、我が国の教育現場はイデオロギーに満ち満ちた世界へと変貌を遂げるでしょう。

 当の民主党は、さっそく日教組の希望に沿って政治を進めているようです。同日付の産経新聞にあった記事ですが、学テ全員方式も教員免許更新制度も既に廃止の方向で動いています。「心のノート」も日教組の意向を受けて廃止の見込みです。もはや、日教組が直接政治をしていると言っても過言ではありません。輿石東のような男がいる政党だから、当然のことではありますが。

 今後教育現場では、日教組でない先生方の肩身が狭くなっていくのではないでしょうか。「日教組にあらずんば教師にあらず」などという風潮が蔓延して、真面目な先生方が馬鹿を見る時代がやってきそうです。国旗・国歌の件で吊るし上げを食らう校長先生も春先には多く出るでしょう。まさにお先真っ暗という感じですね。何も希望が持てないです。


posted by atsu at 23:28| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

こんなアホ教師でもクビにできない

国旗に一礼は7人だけ…官房長官「あ、そうですか」(産経)

 鳩山由紀夫首相と各閣僚の計18人が、16日に首相官邸で行った記者会見で、会見場に設置された国旗に一礼したのは7人だった。礼をしたのは首相、福島瑞穂消費者・少子化担当相らで、亀井静香郵政改革・金融相、岡田克也外相ら11人は国旗前を素通りして登壇した。

 平野博文官房長官は17日の記者会見でこの点を問われ、「『あ、そうですか』という感覚だ。(一礼を)閣僚としての責任ある対応をされればいい。一礼しろと閣議決定したわけではないし、申し合わせをしたわけではない」と述べた。





 水尾さんが、たいへんありがたいことに閣僚ひとりひとりが国旗に一礼したかどうかを調査して下さいました。貴重な資料ですので、お借りしてここに転載したいと思います。

※登壇時/退出時の順
 ○ : 立ち止まって一礼
 × : スルー
 △ : その他(備考参照)

内閣総理大臣 鳩山由紀夫 ○/○
副総理 兼 国家戦略担当大臣 菅直人 ×/×
総務大臣 原口一博 ○/×
法務大臣 千葉景子 ×/×
外務大臣 岡田克也 ×/×
財務大臣 藤井裕久 ×/×
文部科学大臣 川端達夫 ○/×
厚生労働大臣 長妻昭 ×/×
農林水産大臣 赤松広隆 ×/×
経済産業大臣 直嶋正行 ×/×
国土交通大臣 前原誠司 ○/○
環境大臣 小沢鋭仁 ×/×
防衛大臣 北澤俊美 ×/×
内閣官房長官 平野博文 ○/○
国家公安委員会委員長 中井洽 ○/○
金融・郵政改革担当大臣 亀井静香 ×/×
消費者・食品安全・少子化対策・男女共同参画担当大臣 福島瑞穂 △/×(登壇時、歩きながら軽く会釈?したように見えた)
行政刷新・公務員制度改革担当大臣 仙谷由人 ×/×


 首相と官房長官、そして前畑…じゃなくて前山…じゃなくて前ナントカ国交相と中井国家公安委員長と原口総務相と川端文科相が、きちんと登壇時または降壇時に一礼したのはよかったです。だけど、この少なさは何なんですかね〜。ま、みずぽタンが軽く会釈したようで、産経新聞に一礼したとみなされてることには驚きましたが。

 しかし、ご自身がきちんと一礼したことを差し引いても、官房長官のこのコメントは残念ですわ。国旗に対する礼儀というものはですね、閣議決定しないといけないようなことではありません。国会議員かつ大臣ともあろう者たちが、国旗と国歌に礼を尽くすことは至極当然のことなのです。これに背を向ける者たちは、日本ではなく何か別の国のために政治家をやってるのだと明言するに等しい行為だと思いますよ。こんな連中を選んでしまった国民は、大いに恥じ入らなければなりません。





わが子に試験内容漏らす=中学教諭、停職6カ月−三重県教委(時事)

 三重県内の公立中学校の男性教諭(49)が、同じ中学に通う自分の子どもに、期末テストの内容を漏らしていたとして、県教育委員会は17日、この教諭を6カ月の停職処分にしたと発表した。教諭は「子どもの成績を上げたいという気持ちが働いた」と話しているといい、同日付で辞職した。

 県教委によると、教諭は6月25日、職員室の共用プリンターに、2年の期末テストの問題案が印刷された状態で残っていたのを発見。自宅に持ち帰り、その内容を自分のノートに書き写した。

 翌26日、自分の子どもに、「自分が予想問題として作ったものだから、しっかり勉強しろ」と言って内容を教えた。その後、子どもが通う学習塾に、問題案を個別指導するよう頼んでいたという。

 期末テストと問題案の内容がほぼ同じだったため、学習塾側が不審に思い、中学校に通報して発覚した。
 




 何でこんなアホが教師をやっているんだという以前に、何で親子が同じ学校にいるんだという疑問が拭いきれません。普通は親子だけでなく、近しい親戚でも入学してくることが分かったならば教師の側が転勤になると思うんですけどね。親子で同じ学校だなんて、そんなのマンガの中だけの話だと思ってたんですが。

 しかしねぇ、問題をそのまま子供に渡してしかも塾の先生にまで預けちゃうなんて、やり方がへたくそなのにも程がありますよ。巧妙に似たような問題を作るとか、全然関係ない設問も織り交ぜるとか、もう少し工作活動くらいできないものですかね。そうすれば「いや、あの先生の出題傾向は分かってたから予想が的中しただけさ」と言い逃れもできたのにね。

 これは民間企業でいえば機密を漏洩したに等しい行為だと思いますが、こんなことをしても停職処分で済むんだから本当に教師っていい職業ですよね。さらに民主党輿石東の肝いりで免許更新制度までなくなったら、アホ教師でも悠々と定年まで安泰になっちゃいます。日本の教育制度、マジで崩壊するなと思う今日この頃です。

 大分県で起きた採用試験における不祥事でもそうでしたが、教師の中には自分の子供には不正をさせても成績をよくしてあげたいという人が一定数含まれるんですかね?


posted by atsu at 22:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

拇印ぐらいなんだってんだ

インフルエンザ 成田空港で外国帰りの女性に陽性反応(産経) 

 成田空港に30日午後到着した米ノースウエスト機内で行ったインフルエンザの簡易検査で、乗客の1人に陽性反応が出たことが分かった。日本人女性とみられる。

 乗客は救急搬送された。女性の周囲に座っていた乗客も隔離し、健康状態を確認する。

 厚生労働省成田空港検疫所から連絡を受けた成田赤十字病院は、患者の受け入れ準備を始めた。





 あああああ、ついに日本に新型インフルエンザが上陸してしまったこもしれませんねぇ。ま、きちんと空港で発見できたので厳密には上陸ではないのかもしれませんが、日本の領土内に感染の疑いのある人がいるのは事実です。周囲の乗客のみならず、その機に乗っていた人全てを隔離しないと完全には防げないんじゃないでしょうか。

 感染してしまった人、同じ機に乗り合わせてしまった人にはまことにお気の毒ですが、ここは人権がどうとか甘っちょろいことを言っている場合ではありません。本当に申し訳ないけれど、日本での蔓延を防ぐために彼らは隔離されなければなりません。しばしの間、ご辛抱頂きたく存じます。

 念には念を入れて、明日からは電車に乗るときにはマスクをしたほうがいいですかねぇ。まったく、こんな時季外れにインフルエンザが流行るなんて、嫌なものですわ。




<選挙>「しげる」の5票は自分 わずか1.001票差で落選の候補が異議申し立て(毎日)

 19日に投開票された長野県佐久市議選(定数28)で、案分票を含め1.001票差の次点で落選した山崎茂氏(58)が、市選挙委員会に異議を申し立てた。市選管では5月27日までに判断を示す。

 市選管によると、平仮名の「しげる」と書かれた票が5票あった。名前の読みが同じで最下位当選した花岡茂氏(71)と、山崎氏の2人の得票に応じて案分し、花岡氏に2.5票、山崎氏に2.499票を加算。花岡氏が1475.5票、山崎氏が1474.499票となり、1.001票差で山崎氏が次点となった。

 山崎氏は「山崎しげる」を通称として届け出ており、「しげる」の5票は、山崎氏のものと主張している。【藤澤正和】





 だからねぇ、投票するときは候補者の名前をフルネームでしっかり書けと、私は以前から口を酸っぱくして言ってるわけです。国政選挙ならまあいいですが、1票2票が当落を分ける田舎町の選挙ではこういうことが度々起こるので、絶対に曖昧な書き方をしてはいけません。

 もうね、いっそのこと、フルネームでしっかり書かれていない場合は無効にしたほうがいいような気もしますね。得票数に応じて分け合うよりも、そのほうがスッキリします。まあその場合はその場合で、あの無効票は俺への票だったとか文句は言うんでしょうけど、どちらの得票にもしないほうがフェアですよ。

 せっかく選挙権を行使しながら、自分の票がこんな風に無駄になるって虚しくないですかね。私は本当に投票したい人がいないのでわざと無効票を投じたことはありますが、そうでない場合はきちんと楷書でフルネームを書くようにしています。それって当然のことだと思うんですけど、どうして適当な書き方をする人がいるのか理解できません。




<中学校>「遅刻しない」誓約書 校長が生徒に母印強要(毎日) 

 福岡県うきは市の市立中学校の男性校長(57)が昨年10月、指導に従わない生徒数人に「遅刻はしない」などと書かれた誓約書に署名させた後、母印を押させていたことが分かった。

 校長によると、母印を押させたのは当時の3年生4、5人と2年生3人。ゲームセンターへの出入りや喫煙などの問題行動があったとして、昨年の1学期から2学期にかけて全員の保護者を呼び、生徒とともに注意した。

 その後も問題行動が続いたことから、校長は昨年10月、生徒を校長室に呼び出した。「遅刻はしない」「ピアスやそり込みをしない」「授業をサボらない」などと記した誓約書に署名させ、母印を押させた。誓約書は校長が作ったという。

 翌月に市教委が知り、校長から事情聴取。校長は事実を認め、市教委は口頭で厳重注意した。この後、校長は誓約書をすべて焼却処分したという。

 取材に対し校長は「やりすぎと思いながらも、生徒が問題行動をやめることを期待して、安易にやってしまった。人権上問題があったと認識し、反省している」と話している。





 え〜〜っと、生徒に拇印を押させる行為の何がいけないんですか? てか、何でこんなことがいちいちニュースになってるんですか?

 再三の注意にもかかわらず態度を改めようとしないこのような生徒には、念書のひとつくらい書かせてしかるべきだと思います。そしてそれを書いたならば、確かに本人が書いたことの証明として拇印のひとつも押すのがスジでしょう。それとも、拇印じゃなくて印鑑だったらよかったんですかね。

 拇印を押すことが指紋を取られることと同じだから嫌だという人もいますが、私には特に抵抗がありません。もちろん警察に指紋を取られたことなどありませんが、警察署に自分の指紋が登録されていれば、冤罪に巻き込まれることもないのではなどと思ったりもします。やましいことは何もしていませんから、出せと言われたら堂々と出しますよ。

 先日、児童を壁に押し付けて叱責したことは体罰ではないという画期的な最高裁判決が出たばかりだというのに、こんな体罰ですらないことが問題視されるのは噴飯ものです。素行の悪い生徒に毅然と厳しい対応をすることが、なぜ批判されなければならないのでしょうね。こういうことがあるたび、人権っていったい何なんだと強く感じます。


posted by atsu at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

いくらムカつく教師でも、これはやりすぎ

生徒が「先生を流産させる会」 いすに細工、給食に異物(朝日)

 愛知県半田市の市立中学校で、担任に不満を抱いた1年生の男子生徒十数人が「先生を流産させる会」と称し、妊娠中の30代の女性教諭に対し、いすのねじを緩めたり、給食に異物を混入したりしていたことが分かった。

 同市学校教育課によると、生徒らは今年1月から2月にかけて、教諭の車にチョークの粉やのりなどを混ぜ合わせてふりまいたり、いすの背もたれのねじを緩めたりしたほか、消臭や殺菌、食品添加物などに使われるミョウバンを理科の実験の際に教室に持ち帰り、教諭の給食に混ぜたという。

 見かねた周囲の生徒が2月下旬、別の教諭に伝えて問題が発覚した。担任がけがをしたり、体調を崩したりすることはこれまでなかったという。

 学校側が事情を聴いたところ、席替えの方法や部活動で注意されたことへの不満を口にする生徒がおり、「先生に反抗しよう」という話が持ち上がったのがきっかけだったことが分かった。学校はその後、保護者を呼んだうえで生徒を指導し、生徒らも反省の態度を示しているという。

 校長は「個々にはいい子たちで、最初は信じられず、仰々しいネーミングにも驚いた。ただ軽いのりからエスカレートしたようで、計画的とまでは言えない。命の重さについて、より指導を徹底していきたい」と話している。





 先生に反抗することが全て悪いことだとは思いません。中には本当にクズな教師もいますから、そういう輩にはみんなで一致団結して対抗するのもひとつの方法だと思います。だけど、さすがにこのやり方は陰湿で、許容できるレベルを超えていますね。

 私も、ムカつく教師の車に枯葉やゴミをまいたりすることに加担したことはあります。でも、原状回復ができなくなるほどのイタズラは誰もしませんでしたね。例えば十円玉で傷つけたり、ボディを凹ませたりなんてことはやろうともしませんでした。まして、タイヤに穴を開けるなど事故につながるような行為は考えもしてません。

 でも彼らは、どこまで本気だったかは分かりませんが、先生を流産させることを目的にイタズラを仕組んでしまったわけです。流産というのは、取り返しがつきません。胎児はもうひとつの命なのですから、故意に流産させることは殺人に等しい行為です。中学生にもなれば、そのくらいの想像力は働くものだと思うんですが。

 特に、イスのネジを緩める行為は実に悪質だと思いますね。ミョウバンなんかは少しくらい食べたところで即流産につながることはありませんが、イスが壊れて思い切り尻餅をついたりすれば、そのショックで流れてしまう危険性が大いにあります。幸い、イスが実際に壊れることはなかったみたいですが、生徒たちはどういう思いで先生がイスに座るところを見ていたのでしょうか。

 生徒たちはこの先生が出産したあと、すぐ赤ちゃんに会いに行くべきだと思います。そして、その子を自分たちが殺そうとしていたことを改めて深く認識すべきです。大いに反省させる必要がありそうですね。


posted by atsu at 19:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

はんにちはんにちはんにちきょうそ

反日教組の自民有志議員、議連を設立…中山氏も顧問に(読売)

 日本教職員組合(日教組)に批判的な自民党有志議員は10日、「日教組問題究明議連」(会長=森山真弓・元法相)を設立、国会内で初会合を開いた。

 最高顧問には森元首相、顧問に日教組批判発言などで閣僚を辞任した中山成彬・前国土交通相らが就任した。会合には43人が出席した。

 中山氏は「教育改革に真っ向から反対しているのが日教組だ。日教組が幅を利かせる民主党に政権は任せられない」などとあいさつした。

 こうした動きに、日教組出身の民主党の輿石東参院議員会長は10日の日教組の会合で、「次の選挙で教育を変えていく。(自民、民主の)どちらが信頼を得るかが勝負だ」と訴えた。





 このニュースを初めて紙面で見たとき、「はん・にっきょうそ」じゃなくて

はんにちきょうそ

と誤読しちゃいました(笑)。ま、日本教職員組合は反日教職員組合と名乗ってくれたほうがしっくりきますがね。

 自民はもうダメかもわからんねと思ってる私ですが、このような動きには期待します。特に頑張って欲しいのは中山さん。中山さんは次に解散したら議員じゃなくなりますけど、むしろそのほうが力を発揮できることでしょう。議員じゃなくなれば怖いもんなしですからね。

 民主党内にも、本当は日教組なんかに支持されたくない保守派議員がたくさんいるはず。勇気を持ってこの議連に参加してくれたら嬉しいんですけどね。




高校生、学校さぼって映画エキストラ 埼玉・本庄(朝日)

 埼玉県本庄市で、今月3日に撮影された映画「ROOKIES(ルーキーズ)」のロケに、エキストラとして同市内の県立高校生が学校を休んで参加していたことが分かった。出演者を募集した「彩の国本庄拠点フィルムコミッション」(本庄FC、会長・吉田信解本庄市長)は「高校生を除く18歳以上を集めるつもりだったが、『高校生に見える方を募集』としたことで誤解を招いた」と話している。

 本庄FCによると、撮影があったのは、TBSで放映された人気ドラマ「ROOKIES」の映画版。3日は水曜日で、午前7時に集合し、本庄総合公園で、野球部の練習や応援シーンなどを、昼ごろまで撮影した。エキストラは、東京都内や本庄市内から約640人が集まっていた。

 エキストラは、映画製作会社から委託を受けた本庄FCが、ホームページやビラで募集。参加資格は「18歳以上」としていた。しかし、今月1日になっても目標より少ない約420人しか応募がなかった。このため、会員らに人集めを頼み、撮影当日は本庄市民らも加わって目標の人数に届いたという。

 受付で氏名や年齢などを記入してもらい、「記念品交換券兼入場券」をチェックしたが、受け付けをしない人もいた。実際、何人の高校生が参加していたか、分からないという。

 在校生が参加したとみられる市内の県立高校は午前中、授業があった。学校側は「(授業を休んで)参加した生徒がいるようだ。募集側に配慮してもらいたかった」としている。本庄FC事務局の川上芳男さんは「高校生不可と明記せず、誤解を招く文言があった。今回の反省を踏まえて今後は十分注意したい」と話している。





 義務教育じゃないんだから、別に授業をサボってロケに参加しようが生徒の勝手だと思いますけどね。休んで出席日数が足りなくなって困るのは生徒自身なんだから、そこは自己責任で好きにさせたらいいんです。フィルムコミッションが謝ることじゃないでしょう。

 学校や教師がロケ参加を促したらそれは適切じゃないと思いますけど、生徒自らがロケ参加のほうが授業よりも有意義だと判断したならそれでいいんじゃないですかね。わざわざ新聞記事にするほどのことかなと思いますわ。

 ところでROOKIESといえば、一昨日TBSのモノマネ番組で市原隼人のマネをしている芸人がいましたね。花香芳秋という芸人でしたが、「あったりめーだバーカ!」というセリフがなかなか似てて面白かったです。
posted by atsu at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

態度が悪いヤツは落として当然

服装、態度で22人不合格=成績は圏内−神奈川県立高(時事)

 神奈川県教育委員会は28日、県立神田高校(平塚市)で2004、05、07年度に行われた入学試験で、内申書、学力試験、面接の総合的な成績順位は合格圏内に入っていたのに、願書受け付け時の服装、態度などが悪く入学後の生徒指導が困難と判断した受験者22人を、選考基準に従わず不合格にしていたと発表した。

 県教委は、受験者、保護者の希望があれば入学させることも検討する。

 記者会見で渕野辰雄校長は、「先生方の生徒指導の負担軽減とまじめな子をとっていきたいという思いだけだった。大変申し訳なく思っている」と陳謝した。





 何を問題視してるのか分かんないですね、この記事。態度が悪いヤツを入学させないのは当然じゃないんですか? 小学校や中学校で入学拒否したのなら問題ですが、これは高校の話です。高校では素行が悪ければ停学・退学処分だってあるのだから、はじめから入学させなくたって問題ないはずです。

 だいたい、願書受付時に服装が乱れてたり態度が悪かったりというのが信じられないですね。普通、そこはいい子ちゃんを装うトコでしょう。願書受付時に態度悪かったのに、その後の面接で豹変してたらそれだけでおかしいですよ。面接で嘘をついているようなもんですから(ま、面接というのは自分を過大にアピールする場ではあるけど)それで不合格ということにして構わないと思います。

 今さら遅れて入学するヤツがいるかどうか分かりませんが、少なくとも校長が謝ることじゃありません。教師の子供が不正に採用試験に合格することに比べれば、こんなのは何のニュースバリューもないですよ。
posted by atsu at 22:46| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

お前らこそ教師をヤメロ!

橋下再建案撤回求め公立校で24年ぶりスト!(報知)

 大阪府立学校の教職員らでつくる「大阪教育合同労働組合」(約350人)の非常勤教職員約20人が15日、橋下徹知事の財政再建案撤回を求め、ストライキを実施した。

 府教委によると、公立学校の教職員によるストは府内では24年ぶり。代わりの教職員を充てるなどしたため、大きな影響はないという。

 午前9時から府庁前で開かれた集会には、正規雇用の教職員ら約100人も有給休暇を使って参加。「弱い者をいじめるのはやめろ」とシュプレヒコールした。

 同組合は、知事の「大阪維新プログラム案」に盛り込まれた非常勤職員の雇用継続打ち切りや教職員の賃金削減などの撤回を求めて府側と団体交渉していたが「全く歩み寄りが見られない」としてストを決めた。





 首を切られる非常勤職員については、ちょっと気の毒だと思います。だけど、正規の職員たちが未だに賃金削減の撤回を求めてストなんかやっているというのは、絶対に府民の理解は得られないと思いますね。

 だいたい、授業をほっぽりだしてストなんかやるなと。ストなんだから授業を休まないと意味はないんでしょうが、あと10日もすりゃ夏休みじゃないですか。抗議活動やりたきゃ、子供たちに迷惑がかからないようにやれと言いたいです。代理の教師を立てりゃいいって問題じゃありませんよ。

 それにこいつら、批判する相手の名前すら正しく書けてないんですよ。

「橋本」じゃなくて「橋下」だよバカたれ


 新聞読んでたらまずはじめにこのプラカードが目に入ったんですが、橋本知事っていうからてっきり高知県の話かと思いましたよ。ま、橋本大二郎もとっくに知事は辞めましたけどね。ま、よくある間違いではあるけど、こうして新聞に載ると全国に恥を晒すんだから、チェックぐらいちゃんとしなさいよ。それに、誰か指摘してあげなさいって。

 聞けば、大阪府高石市には耐震化工事もままならないボロボロの校舎の学校があるそうですね。市立の学校だから府が金を出すべきものじゃないのかもしれませんが、子供たちの安全のために教職員の給料を減らしてでも費用を捻出すべきだと思いました。財政が逼迫している中、公務員が「給料減らすな!」なんて言ってる場合じゃないと思います。

 もう、こういう教師どもには職を辞してもらいたいですな。だって、デモのために休んでも大きな影響が出ないほどの無能教師どもですから。なに、彼らが抜けたその穴は、大阪府にもきっといるであろう不正採用の犠牲者たちに埋めてもらえばよろしい。理不尽に煮え湯を飲まされた彼らなら、きっと真の教育のために立ち上がってくれるでしょうから。
posted by atsu at 20:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

おいどんは鬼になりもしたが、最下位でごわした

卑弥呼は正解99% 歴史の人物、業績は?小6など調査(朝日)

 日本の歴史上の人物はどんな業績を残したか。小学校6年生では卑弥呼や外国人の正答率が9割を超えた一方、幕末〜明治に活躍した政治家は軒並み5割以下だったことが、国立教育政策研究所が27日公表した調査結果で分かった。研究所は「近現代史では登場人物が増え、特徴的なエピソードを教えるのが難しくなる。特に明治以降は工夫が必要だ」と分析している。

 この調査は社会科の理解度を調べるのが目的で、07年1〜2月、全国の小6生6665人と中3生9394人を対象に実施された。

 小学校の学習指導要領に明記された42人の業績を示し、どの人物なのかを選ばせる問題では、「邪馬台国の女王になった」卑弥呼が正答率トップ。以下、「キリスト教を伝えた」ザビエル、「黒船で来航した」ペリー、「黄熱病の研究」の野口英世、「水墨画を完成させた」雪舟と続く。

 正答率ワースト3は、「新政府の中心になった」大久保利通、木戸孝允(桂小五郎)、「国会開設にそなえ政党をつくった」大隈重信で、いずれも幕末〜明治の政治家。互いに混同する誤答が目立った。この時代で正答率が高いのは、政治家より米国人のペリーや文化人の福沢諭吉の方だった。

 中3では、六つの選択肢を選ばせる形で7人の認知度を調べた。伊藤博文の正答率は66%と小6より25ポイントほど良かったが、歌川広重は61%で小6より10ポイント以上低かった。

 調査では、47都道府県を把握しているかも調べた。地図上の位置から名前を選ぶ小6の質問では、北海道99.9%、沖縄96.4%、青森93.8%がベスト3。ワースト3は、島根39.9%、徳島40.2%、福井41.4%だった。

 人物年表を作ったり、白地図を使ったりして丁寧に教えられた子は正答率が上がる傾向にあった。同研究所は「ただし、重点化をはかると、手薄になる部分が出る。両立させることが課題」と話している。(中井大助)





 明治以降の人物が小中学生に知られていない理由は、単純に近代史がないがしろにされているせいだと思います。私の経験上もそうですが、じっくりやるのは江戸時代くらいまでなんですよね。あとは時間が足らなくなって、急ぎ足でやってるうちに学年が変わってしまうんですよ。

 その点、卑弥呼なんかは必ず学びますよね。だから正答率が限りなく100%に近づくのも当然です。ザビエルに至っては、肖像画のイメージが強すぎるからどんなバカな子でも一度覚えたら忘れません。雪舟が5位というのは理由がよく分かりませんが、水墨画といえば雪舟くらいしかイメージできないからですかね。

 しかし、大久保さんは無念でしょうなぁ。つい先週の「篤姫」で、原田泰造演じる大久保正助(後の利通)が、「おいどんは、鬼になりもす」と言ったばかりなのに、ここまで知名度がなかったとは。正助どんの今後の奮闘に期待です。
posted by atsu at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

朝日さん、ホール貸してね

プリンスホテル―少し勇気を出したなら(朝日社説)

 「日教組(日本教職員組合)に会場を貸すことはけしからんと知らしめることが一つの目的。我々が迷惑だという理由で貸すのを断念したとしても、それはそれで結果が出た」

 これはある右翼幹部の言葉である。

 東京のグランドプリンスホテル新高輪が日教組に教育研究集会の会場を貸すのを断ったことは、右翼団体の思うつぼだったのだ。街宣車で騒音をまきちらし、威圧的に走り回れば、集会をつぶせるという悪い前例を残してしまった。

 そうしたことをプリンスホテルはいくらかでも反省しているのかと思っていたのだが、そうではなかった。ホテルの社長や親会社の社長が初めて会見し、「ホテル業としての安心安全を考えることも道義的責任」と述べ、会場使用を断ったことの正当性を改めて主張した。

 会場を使わせよ、という裁判所の命令についても、プリンスホテルは「正しいとは思っていない」と述べ、命令を無視したことの非を認めなかった。

 ホテルの周辺に街宣車が押しかければ、泊まり客や結婚式の客だけでなく、周辺地域にも迷惑となる。当日は多くの学校で入学試験が予定されており、道路が封鎖されれば、会場に向かう受験生らが混乱する。それらが、いったん受け付けた予約を取り消した理由だった。

 ホテル側の心配はわからないわけではない。しかし、社会の一員として考えてもらいたいことがある。

 ホテルに影響があるにしても、悪いのは日教組の集会ではない。わがもの顔で走り回る街宣車こそ、批判されるべきものだ。右翼の横暴に屈すれば、集会を開けるところがますます少なくなってしまう。それは健全な社会とはいえない。

 ホテル側は「集会の自由」について「民間に会場提供を強制するものではない」と主張している。そうだとしても、言論や集会の自由とはまったく無関係という顔をしていいのだろうか。

 ホテルが挙げる混乱についても、裁判所は「日教組や警察と十分打ち合わせをすれば、防げる」と判断した。

 世の中の理不尽な行為に対しては、警察の協力を得て、立ち向かう。日本を代表するホテルの一つであればこそ、そうした姿勢を示してほしいと思うのだ。

 ふだんは日教組に辛口な新聞も含め、多くのメディアがプリンスホテルの姿勢を厳しく批判したのも、著名なホテルの社会的責任を重く見てのことだろう。

 驚いたのは、集会参加の教師らの宿泊予約も取り消していたことだ。ホテル側は「会場使用と一体」というが、風紀を乱す恐れがある場合などを除いて宿泊は拒否できない。旅館業法違反の疑いが濃いと厚生労働相が述べたのも当然だ。

 もしプリンスホテルが右翼の横暴に対して少しの勇気を見せたなら、広く社会の共感を呼び、応援する市民や組織も出てくるだろう。それは健全な市民社会に勇気を与えることにもなるはずだ。





 私は以前、この件に関して日教組側を批判するようなことを書きましたけど、その後プリンスホテルが宿泊予約まで取り消していたことが分かった辺りから、ちょっとホテルを擁護できなくなってました。だから、この朝日社説には概ね賛同できます。

 私は日教組が嫌いですけど、街宣右翼も同じくらい嫌いです。あんなの、タダのヤクザですからね。黒い街宣車に乗って威圧的に騒音を振りまく連中は、言論団体でも何でもありません。マトモな保守派まで街宣右翼と同列に論じられるのは、実に不愉快です。社会が暴力団の思い通りになってはいけないのと同様に、街宣右翼の思い通りになってもいけません。中には「集会が開かれないと街宣ができないから困る」と言っていた街宣右翼もいましたが、朝日が引用したように集会の中止を喜ぶ街宣右翼がいる以上は、やはりプリンスホテルの罪は大きかったように思います。

 ただ、集会の自由を重んじる朝日にひとつだけ聞きたいです。朝日新聞東京本社の新館に「浜離宮朝日ホール」というのが併設されていますが、もしも保守系団体が「朝日新聞糾弾集会を開きたいので、ホールを貸してくれませんか。御社の社長さんと、論説主幹さんも招待したい」と申し出てきたら、朝日はホールを貸してくれますか?? そういう申し出があった場合には、朝日新聞も是非「少し勇気を出し」て受けてくれることを期待します。
posted by atsu at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

ホテルには少々荷が重い

ホテル使用拒否 司法をないがしろにする行為だ(2月3日付・読売社説)

 司法の判断に従わなくとも構わないという理屈がまかり通れば、社会が成り立たない。

 日本教職員組合の教育研究全国集会(教研集会)が都内で始まったが、全体集会が中止になった。会場になるはずだったホテルが「日教組の予約は解約した」と主張し、使用を拒んだからだ。

 東京地裁、東京高裁は、「解約は無効で、使用させなければならない」と命じたが、ホテルはこれに従わなかった。

 日教組が毎年1回開く教研集会には、2000〜3000人が参加する。1951年から57回に及ぶ教研集会で、全体集会の中止は初めてだ。

 裁判所が認定した事実によると、日教組は昨年3月、グランドプリンスホテル新高輪に会場の使用を申し込んだ。その際、例年、教研集会の会場周辺では右翼団体の街宣活動があり、警察に警備を要請していることも伝えた。契約後、日教組は会場費の半額を支払った。

 ところが、11月になってホテル側が突然、解約を伝えた。

 ホテルが契約後、過去の例を独自に調べた結果、100台を超す街宣車の拡声機による騒音や大規模警備で、他の利用者や住民に多大な迷惑をかけることが分かったため、というのが理由だ。

 だが、ホテルが右翼団体による妨害を恐れ、筋の通らない理屈で解約を正当化してまで集会を中止させれば、右翼団体の思うつぼである。

 裁判所が指摘したように、ホテルは日教組や警察と十分打ち合わせ、混乱を防ぐ努力をすべきだったのではないか。

 ホテルが今回、恐れたのは右翼だったが、左翼側の“威圧”で講演会の主催者が講演を中止した例も少なくない。

 1992年に、評論家の上坂冬子さんが月刊誌で憲法改正に言及したとする社会党(当時)などの抗議で、新潟市主催の憲法記念集会での講演が中止となった。97年には、ジャーナリストの櫻井よしこさんも、「従軍慰安婦」問題での発言を巡り、「人権」を掲げる団体の抗議で主催団体が講演を取りやめた。

 異なる立場の意見でも、発言する自由を最大限認めるのが、民主主義社会である。憲法で保障された「集会の自由」「表現の自由」が脅かされてはならない。

 ホテル側は、「極めて短時間で十分な審理、理解を得られないままなされたもので、大変残念」としている。

 だが、ホテル側は裁判の係争中なのに、会場には既に別の客の予約を入れていた。司法をないがしろにする行為は許されまい。一流ホテルには、それにふさわしい社会的責任が求められる。





 日教組の全体集会中止については、昨日の朝日毎日東京もそれぞれ社説を載せてましたが、今日の読売の社説がいちばんよく書けていると思いましたね。

 他の社説はほぼ、被害者はいつも左で、加害者はいつも右という図式で書かれていましたが、読売は左が右を威圧した前例をきちんと示して公平性を保っています。左の人は「我々は右翼団体とは違う。あくまで市民として抗議したまでだ」と言うでしょうが、本質は同じだと思います。ま、集会の自由が認められているのと同様に、それに抗議することもまた権利のひとつなので、私は別に抗議すること自体を批判はしませんが。

 私は、ホテル側の言い分も理解はできるんですよ。新高輪プリンスの周辺には高輪プリンスや品川プリンス、ホテルパシフィック東京、高輪京急ホテル、高輪東武ホテルなどのホテルが密集してますし、周辺道路に街宣右翼が集結すると自ホテルのみならず周辺のホテルにまで騒音被害を与えることになります。また、周辺道路は決して幅員が広いとは言えず、万が一警察によって封鎖されたりすれば、他の宿泊客がホテルに来られなくなったり、ホテルから出られなくなったりする事態も考えられました。ホテルとしてはそういう危機感が拭いきれないから、裁判所の仮処分が出ても断固として受け入れなかったのではないかと思います。

 集会の中止を受け、右翼団体の反応も様々なようです。中には「日教組のような団体に会場を貸すこと自体がけしからんということを世に知らしめることができてよかった」という意見もありましたが、一方で「こういう場でないと我々の声は日教組に届かないので、中止になると困る」という意見もありました。街宣右翼は嫌いですが、言論と言論の戦いという点で見れば、後者の意見にならある程度共感できるものがあります。とは言え、街宣右翼のやり方は決して話し合いをするような態度じゃないのが実情ですけどね。

 ま、今回の問題を私なりに総括しますと、民間企業に日教組集会の会場を頼んだのがそもそもの間違いだったでしょう。今回は日本武道館や東京体育館などの公的施設が押さえられなかったので、やむを得ず新高輪プリンスと契約したとのことですが、日程は早くから分かっているのだからあらかじめ会場を確保しておくべきでした。公的施設なら、仮に拒否されても前例から言って開催はできたでしょうからね。そういった運営上の不手際が、全て棚に上げられているような気がしないでもありません。
posted by atsu at 23:48| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

常用漢字は廃止せよ!

鹿、奈、岡……常用漢字にやっと仲間入り・2010年刷新で(日経)

 常用漢字表の見直し作業を進めている文化審議会国語分科会漢字小委員会は9日開いた会合で、現行の常用漢字に含まれていない鹿児島の「鹿」や大阪の「阪」など計11字を、2010年にも制定される新常用漢字表に含めることを決めた。いずれも都道府県名に使われており、広く普及していると判断した。

 ほかに加わるのは「奈」「岡」「熊」「梨」「阜」「埼」「茨」「栃」「媛」。現行表は固有名詞を中心に使われる漢字を載せていないが、「常用漢字表には一般の社会生活で用いる共通性の高い漢字を収める」(同小委)との観点から追加を決めた。

 小委は約4000の漢字を書籍や新聞などで登場する頻度で順位付けし、上位の字は新しい常用漢字表に含め、下位については必要かどうか個別に検討して絞り込む作業を進める方針。結果的に総字数がかなり多くなった場合には「読めるだけでいい漢字」を集めた「準常用漢字表」を制定することも検討する。





 こんな、小学生でも読める常用平易な字が、今まで表外字だったことに驚きです。もしも新聞が、常用漢字以外を使っちゃいけないというルールを厳格に適用したら、それぞれ

か児島

大さか

な良

おか山 福おか 静おか

くま本

山なし

岐ふ

さい玉

いばら城

とち木

愛ひめ


になっちゃうんですね。もう、アホかと思います。

 いい加減私は、常用漢字なんて廃止にしてしまえばいいと思ってます。こんなものがあるから、日本人がどんどん漢字離れしてしまうんです。難しくて読めそうにない漢字だったら、ルビを振ればいいじゃないですか。パソコン上の表示の問題があるからJIS規格はあってもいいけど、常用漢字なんて百害あって一利なしの代物です。

 新聞も新聞で、いつまで混ぜ書きとか旧字体はダメとかいうのにこだわるのでしょうか。一部、以前よりも柔軟になっている新聞はありますが、未だに多くの新聞が、長澤まさみの「澤」の字は「沢」じゃなきゃダメとかいう下らないルールに則っています。ホント、今すぐにでもやめたほうがいいと思いますね。

 だいたい、常用漢字というのもその選定がおかしいものがかなりあります。「約款」の「款」とか、「戸籍謄本」の「謄」とか、かなり使用法が限定される漢字はなぜか入っているのに、「誰」とか「頃」とか「謎」とか「噂」なんかは入ってないんですよね。(詳しくはコチラを参照)選んだやつちょっと出て来いと言いたくなります。

 こんな意味のないものに、チマチマチマチマ追加するとかしないとかいちいちやるのはやめて下さい。もう、スッパリと廃止でよろしい。そして、教育現場では漢字を学びたいと思う子供の権利を阻害しないこと。習っていない漢字を使ったことで叱られちゃあ、学習意欲なんかなくなっちゃうってもんですよ。
posted by atsu at 23:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

武道の必修化、いいんでないかい?

男子も女子もダンス・武道…中学体育で必修案(読売)

 中央教育審議会の専門部会は4日、今年度内にも改定を予定している学習指導要領で、中学校の保健体育の授業の中で、武道とダンスを男女とも必修とする案をまとめた。

 幅広い競技を授業で教え、子供たちに生涯楽しめる運動を見つけさせるためで、武道には礼儀作法を身につけさせる狙いもある。

 中教審は、昨年12月に改正された教育基本法で、教育の目標に「伝統と文化の尊重」が掲げられたことから、「武道は日本の伝統や文化を知るために役立つ」と判断。1、2年時に水泳や陸上競技、ダンスなどとともに教えることにした。

 新指導要領は早ければ2011年度から実施される予定。





 いいことだと思いますよ。

 私の場合、高校1年のときに柔道が必修でした。正直、やらされているときは苦痛で苦痛でたまらなかったんですけど、今になってみればあの経験も悪くなかったと思います。

 実際に投げたり投げられたりというところまでは行きませんでしたが、受身の練習だけはみっちりやらされました。1学期はずっと受身だけやっていたような気がしますが、受身を身につけておくことは損にはなりません。実際、何かにつまづいてこけたときとか、無意識に受身を取ったことが何度かありました。大怪我しないためにも、嗜んでおいたほうがいいですね。特に最近の子は運動神経が鈍って、転んだときに手を前に出すことすらできない子がいるらしいですから。

 昨今は物騒な世の中ですから、合気道のような護身術を身につけるのもいいかもしれませんね。週に1コマやるくらいで身に付くかどうかは分かりませんけど、何かのとっかかりになればいいと思います。
posted by atsu at 23:24| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

飽食の時代とは思えません

痛いニュース(ノ∀`):仙台の小学校の給食より

網走刑務所>>>>>>>>>仙台の小学校


 昨日から、この騒ぎで涙と笑いが止まりません(笑)。仙台市の小学生たちは、本当にこんなショボい飯を食わされているんですか? 刑務所の飯のほうがずっとマシですね。

 私も宮城出身だけど、給食は普通によかったですよ。おかずは、ちゃんと肉or魚と野菜物の2品は付いたし、少なくとも肉まんが主食などというメニューは出たこともありません。カレーの日などは、クラスの半数がお代わりしてもまだ余るくらいたくさんありました。大好きなホウレンソウのおひたしなどもたくさん来るので、私は皿に山盛りにしてむさぼり食ってました。給食を最後に食べたのはもう11年も前になりましたが、その間にいったい何があったんでしょうかね?? これじゃアンタ、給食が楽しみでも何でもなくなっちゃいますよ。

 まさか石巻もこんなふうに劣化してるんじゃないだろうなぁ。なんか心配になってきましたよ。
posted by atsu at 23:19| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

内輪もめしてる場合かよ

新しい歴史教科書をつくる会の藤岡会長が元会長を提訴(朝日)

 「新しい歴史教科書をつくる会」会長の藤岡信勝拓殖大教授は10日、同会元会長の八木秀次高崎経済大教授に名誉を傷つけられたとして、1100万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状によると、八木氏は06年3月、藤岡氏がつくる会を立ち上げた後の01年まで日本共産党に在籍したという趣旨の文書を匿名で同会の理事に送ったほか、こうした経歴を雑誌2誌に書いたとされる。藤岡氏は「思想的に転換して91年に離党した」と話している。

 八木氏は「訴えられる理由が理解できない」としている。





 まったく、いい加減に内輪もめをやめろと言いたいですね。時はまさに、米国で慰安婦非難決議が可決されそうだったり、南京のプロパガンダ映画が作られたりしているというのに、今こそ一致団結しなくてどうするんでしょう。藤岡さんも八木さんも、もっと自覚しないとダメですよ。サヨクみたいな内ゲバをやってるんじゃない!

 藤岡さんが元共産党員というのはウィキペディアにも載っているほど周知の事実ですけど、何で八木さんは01年まで在籍していたなんて書いたんでしょうか。てか、真実であるはずがないんじゃないですか? 共産党は、自党を批判しただけでクビになるような党ですよ? 普通に考えて、ガチガチの保守に転向した藤岡さんが在籍し続けられるはずがないと思うんですけどね。

 つくる会が空中分解して、ほくそ笑むのはサヨク陣営です。朝日も、この記事を書きながら喜んでいたと思いますよ。この有様じゃあ、次の改訂版が無事に出るのかどうかも分からないし、仮に出たとしても、シェアの拡大なんて望めないんじゃないでしょうか。仲間割れは敵を利するだけです。藤岡さんも八木さんも、ここらで矛を収めて和解してくれないと、私だってそうそう付いていけなくなりますからね。
posted by atsu at 23:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

体罰じゃないよ、そんなん

文科省、体罰でない例を明示(読売)

 いじめや校内暴力などの問題に対応するため、文部科学省は、教師の体罰に関する基準を全面的に見直し、2日、その概要を公表した。

 教室に残して指導することなど、体罰にあたらない事例を具体的に示しており、週明けにも全国の小中高校に通知する。

 体罰は学校教育法で禁止されているが、その定義については、これまで1948年の法務庁長官(当時)通達しかなかった。この通達は殴るけるなどの暴力だけでなく、授業中に騒いだ子供を教室の外に出すことなども体罰としたため、学校現場から「教師側が委縮して、子供を指導できない」などの声が出ていた。

(中略)

体罰にあたらない事例

 〈1〉放課後も教室に残して指導する

 〈2〉授業中、教室に起立させる

 〈3〉学習課題や掃除当番をほかの子供より多く課す

 〈4〉授業中に立ち歩く子供をしかって席につかせる

 〈5〉騒いでほかの子供の邪魔をした場合などに、別室で指導するなどの措置をとった上で教室の外に出す

 〈6〉授業中にメールを打つなど学習に支障を与える場合、子供から携帯電話を一時的に預かる

 〈7〉暴力を振るう子供から教師が身を守るためなどやむを得ない場合、力を行使して子供を制止する





 あの〜、ちょっと思うんだけど、この7つの項目の行為はこれまで禁じられていたワケ? 1948年の段階で、後ろに立たせることも居残りも体罰だと認定されていたワケ? にわかには信じがたい話だね。

 少なくとも、私が中学生だった10年前までは、こんな通達を遵守していた教師なんかいなかったと記憶してるけど違うのかしら? 居残りもあったし、廊下はないけど後ろに立たされることはあったし、罰の掃除なんて当たり前。携帯を預かることまで体罰とされていたなんて、バカも休み休み言えという感じだ。

 授業中に立ち歩く子供を席に着かせる権限もない教師が、指導なんてできるわけがない。こんなことまで禁じられていたなんて、教師たちは両手縛りなんてもんじゃなかったろうね。両手両足をがんじがらめにされたうえ、さるぐつわと目隠しまでされているようなものである。まぁ、こんなものをバカ正直に守っていた教師などいないと思うが。

 これまでもこれらの指導は行われていたろうが、政府が「体罰ではない」とお墨付きを出したことには意義がある。これで、教師たちも多少は自信を持って指導に当たれるようになると思う。体罰を容認することは慎重にしなければならないが、そもそも体罰ではない指導は積極的にやるべきである。少しでも教師の権限が強くなることを願いたい。
posted by atsu at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

増田はもう教師じゃないですけどね

「問題教師」控訴せず 産経新聞の勝訴が確定(産経)

 平成14年1月30日付の産経新聞「主張」欄の「問題教師 すみやかに教壇から外せ」との見出しの記事で名誉を傷つけられたとして同社に240万円の損害賠償を求め、東京高裁で退けられた元東京都足立区立中学校の女性教師が、期間内に上告しなかった。これにより同社の勝訴が確定した。

 東京高裁の1月16日の判決は「記載内容は真実であり名誉棄損は成立しない」などと判断していた。判決によると、元教師は平成9年、当時勤務していた足立区立中学校で、自分と意見の違う生徒の母親を中傷するプリントを生徒に配布。産経新聞はこの件などを記事にした。





キチガイ教師はシゴウしたるぞ


 いや、別にこのニュースに対する感想は特にないんですが、この画像が使いたくて使いたくて仕方なかったもので…。

 間もなく卒業式シーズンですね。何かあったらこの画像をまた使うことになると思いますが、できればそんな機会がそんなに多くないことを祈ります。
posted by atsu at 22:39| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

給食費を払わない人が、宮城にこんなにいるなんて

給食費:小中学校9万9000人、22億円滞納 「親の規範欠如」−−文科省全国調査(毎日)

 給食を提供している全国の小中学校で05年度、給食費の滞納額が計22億2963万円に上ることが24日、文部科学省の初めての実態調査で分かった。滞納者総数は全体の1%にあたる9万8993人で、回答した学校の6割が「保護者の責任感や規範意識」の欠如が主な原因と認識。また、「保護者の経済的な問題」を原因に挙げた学校も33・1%あった。

 ◇沖縄が突出

 調査は、給食を提供している国公私立の小中学校計3万1921校、1003万3348人を対象に05年度の滞納額や理由などを調べた。国会などで給食費の滞納が増加しているという指摘を受け調査した。

 滞納の児童・生徒がいる小中学校は全体の43・6%にあたる1万3907校。滞納の児童・生徒や金額について「かなり増えた」「やや増えた」と感じている学校が49・0%に達した。滞納の児童・生徒の割合を都道府県別で見ると、(1)沖縄県6・3%(2)北海道2・4%(3)宮城県1・9%の順で多かった。「ゼロ」とした自治体はなかった。

(中略)

 文科省学校健康教育課は「世間体を気にする地域性もあると思う」と指摘。また、沖縄県や北海道が高率だったことには「地域経済の問題もあるのではないか」と推測した。【高山純二】





 宮城県出身者として、恥ずかしい思いでいっぱいであります。全国の皆さんに、愚かな親どもに代わりましてお詫びを申し上げます。本当に申し訳ございませんm(__)m。

 文科省のお役人は、北海道や沖縄に未納が多いことを「地域経済の問題では?」と推測しているが、それだと出稼ぎ率1位と言われている青森県がわずか0.3%であることの説明がつきません。それに、宮城も決して貧乏人が多い県ではないです。私はやはり、「払えない」家庭よりも「払わない」家庭のほうが断然多いと思いますね。ペナルティがないから、最近のナメた親は払わないんです。

 払わない親が多いせいで、給食のグレードが少しずつ下げられているというのが気の毒でなりません。マジメに払っている人がバカを見ています。払わないバカ親は「誰にも迷惑かけてない」とかのたまうかもしれませんが、確実に多大なる迷惑をかけているわけですね。いい加減、許すべきではないと思います。

 沖縄の人も、北海道の人も、宮城の人も、

「払わなくても、なんくるないさ〜」

「払わなくても、なんとかなるべさ」

「払わなくても、なんとがなっちゃ」


では困るんです。最近は食事すら作らない親も珍しくないそうですから、給食が唯一食事らしい食事だという子供もいることでしょう。そんな彼らから給食を取り上げたら、三食全てコンビニ弁当ばかり食べさせられて、マトモに成長しなくなっちゃいますよ。

 では、バカ親たちに給食費を確実に払わせるにはどうしたらいいでしょう。私は、他の教材費と抱き合わせにするしかないと思いますね。さすがのバカ親たちも、ドリルや資料集やピアニカを買うお金や、修学旅行費の積み立てくらいはきっちり払っているでしょう。月々必ず教材費の集金はありますから、それに給食費も組み込んじゃえばいいんですよ。そうすれば、取りっぱぐれることもだいぶなくなると思います。払わなきゃ修学旅行にも行けないし、業者から教材も届きませんからね。

 ホントの困窮家庭には、補助金の申請を勧めればよいんです。だけど、払えるくせに払わない家庭に関しては、もっと厳しい措置で臨みましょう。支払うまで口座を凍結できるくらいの権限は、持ってもいいと思いますよ。
posted by atsu at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

玉川大の判断は妥当

朝鮮学校生の受験を拒否 玉川大、一般入試で(東京新聞)

 神奈川朝鮮中高級学校の高級(高校)3年の男子生徒(18)が今春の玉川大一般入試に出願しようとしたところ、大学側から「朝鮮学校の生徒には受験資格がない」と拒否されたことが16日、分かった。

 在日本朝鮮人人権協会によると、現在、国立では朝鮮学校の生徒に門戸を閉ざしている大学はないといい、「私立でも4年制では玉川大ぐらいではないか」としている。

 学校教育法では、朝鮮学校は「各種学校」扱いで、以前は大学入学資格検定(大検)に合格しないと受験できなかったが、文部科学省が03年に施行規則を改正。各大学が個別に入学資格を判断できるようになっている

 男子生徒は玉川大農学部の受験を希望。中高級学校側が今月10日、問い合わせたところ、大学側は「大学の規定上、朝鮮学校の生徒に資格はない」と回答した。





 私は、玉川大学の判断を全面的に支持します。今頃は玉川大に抗議の電話やらメールやらが殺到していると思われるので、励ましのメールを送信しておきました。朝鮮総連や、人権団体と名乗る圧力団体の脅しに屈せず、玉川大には今回の判断を貫いてほしいものです。

 左のほうは相変わらず「差別だ」と騒いでいるようですが、この共同配信の記事にも書かれている通り、朝鮮学校の生徒を高卒認定(旧大検)なしで受験させるかどうかは、各大学の判断に委ねられているわけです。決して、法律には朝鮮学校の生徒を無条件で受験させなければならないなどとは書かれていません。玉川大学は、法律に則って受験資格を認めないと判断したまでのこと。何ら非難されることはないはずです。

 いいですか。これは差別ではありません、区別です。朝鮮学校というのは、学校教育法が定めるところの一条校ではなく、各種学校のひとつとされています。一条校というのは、簡単に言えば文部科学省が定めるカリキュラムを導入している学校のこと。朝鮮学校は、それを導入していないから一条校として認められていないわけです。日本政府が一条校になることを妨害しているのではなく、朝鮮学校が一条校になることを拒んでいます。なのに朝鮮学校は、受験資格や助成金についてのみ、一条校と同じ権利をよこせと喚いているわけですね。

 在日朝鮮人にとって、民族教育が大事なのは分かります。朝鮮語や朝鮮半島の歴史について学ぶことは必要でしょう。だけど同じ在日でも、韓国系の白頭学院建国学校と金剛学園という学校は、一条校としての認可を受けています。一条校になると民族教育ができないと言う人もいますが、決してそんなことはありません。むしろ一条校となることで得られるメリットのほうが多いと思いますが、デメリットを気にして一条校になることを拒むのであれば、それに伴う不利益は甘受するのが当然です。

 しかし解せないのは、件の生徒がなぜそこまでして玉川大に行きたいのかということです。聞けば彼は農学部志望だそうですが、農学部なんて何も玉川大でなくたってあるじゃないですか。国立で門戸を閉ざしている大学がないなら、国立を目指すべきです。バンサンカンサンカンサンジュン先生のいる東京大学なんか特にいいですよ。え? 東大に行けるほどの学力はない? そんなの知ったこっちゃありませんよ。そこまで面倒は見切れませんから『ドラゴン桜』でも読んで勉強しなさいよ。それに考えてもみなさいな。このままゴリ押しして玉川大に入ったとしても、楽しいキャンパスライフが送れると思いますか? もっと自分を歓迎してくれる大学に行ったほうが君のためにもなると思いますよ。

 それにもうひとつ解せないのは、あれだけ民族教育が大事大事と言いながら、国内に朝鮮大学校がひとつしかないこと。せっかく民族教育をするのなら、最終学歴までしっかりサポートしてやってくださいよ。何で大学だけ日本に丸投げするんですか。北海道、東北、中京、関西、中国、四国、九州にも分校を造って、優秀な共和国人民を育成するべきです。むしろ、「朝鮮高級学校の生徒には日本の大学への進学を認めない」というくらいの姿勢で臨んで欲しいですよ。え? そんなこと言っても金がない?? そんなの知ったこっちゃありませんよ。敬愛する将軍サマに言いなさいな。「核開発に使うお金があるなら大学を造って下さい」って。

 彼がそれほど玉川大に入りたかったのなら、ちゃんと受験資格を調べなかった本人及び教師が悪いです。どうせ「受験拒否をされてもゴネれば大丈夫」なんて軽い気持ちでいたんでしょう。確実に生徒側の過失です。調べたら11月にもやってたみたいですから、受けとけば問題なかったのにね…。

 「例え高卒認定を持っていても、朝鮮学校出身者の受験は認めない」と言ったならこれは差別です。しかし、玉川大はそうは言っていません。朝鮮学校が高等学校と同等とは認められないから、彼の受験を認めないだけです。ま、どうしても玉川大に入りたいのなら、一浪して来年度の高卒認定試験を受けるしかないでしょう。それが嫌なら、受ける大学を変えるべきです。

 何でもかんでも「差別だ」と騒げば無理が通ると思ったら大間違いです。これ以上、在日特権の拡大を許してはなりません。
posted by atsu at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース−社会 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする