2008年06月10日

きっかけは自転車泥棒

「お前さん、死んだことになってるぞ」 60代自転車ドロ、34年ぶり感動再会(産経)

 自転車ドロは“死人”だった−。自転車を盗んだ東京都板橋区の60代の男が警視庁板橋署に摘発され、身元を照会したところ、法律上死亡したとみなす「失踪宣告」が確定していたことが9日、分かった。約34年前に故郷の山口県を飛び出し、家族と連絡を絶っており、死亡したとあきらめた家族は葬式まで行っていた。警視庁からの連絡で生存を知った弟が交番で再会。兄弟は号泣しながら抱き合った。男は窃盗容疑で書類送検されたが、再会の契機をつくった警察官に感謝している。

 「お前さん、死んだことになっているぞ」

 男は2月5日夜、板橋区弥生町の路上で、盗んだ自転車に乗っているところをパトロール中の板橋署員に見つかり、署に連行された。身元照会の結果、家族が失踪宣告を裁判所に申し立てており、平成16年に宣告が確定していたことが判明。取り調べを担当した警部補(46)に事実を告げられた男は当初、きょとんとした表情で「そんなことはない。冗談だろう」と受け流した。だが、状況を把握するとショックでうなだれ、ポツリポツリと自身の過去を話し出した。

 男は昭和49年、山口県の実家を飛び出した。「弟が先に結婚し、親戚が自分を『かい性のない男だ』と侮っていると思いこんだ」のが理由だ。

 上京して都内を転々としたが、家族から身を隠すため住民登録はしなかった。過去を詮索されたくないとの思いから、履歴書の不要な日雇いの仕事で食をつないできた。耳を傾ける警部補の前で「帰るに帰れず、家族にはいつも申し訳なく思っていた」と涙ぐんだ。「家族は必死に捜したに違いない。連絡させてもらうぞ」。警部補の言葉に男は黙ってうなずいた。

 「本当に兄ですか?」。生存を伝えられた大阪府内の50代の弟は、電話口で驚きを隠さなかった。あきらめた家族は失踪宣告を裁判所に申し立て、葬式を終えて戒名までつけていたからだ。「今すぐ会いたい」。警部補は3月4日、男の自宅近くの交番で再会できるよう段取りをつけた。

 再会の日。男が交番のイスに座って入り口を眺めていると、弟が到着。立ち上がって抱き合った。互いに泣きじゃくる兄弟。弟は「兄に間違いない。すぐに裁判所に行き失踪宣告を取り消したい。警察に何とお礼したら」と喜んだ。

 警部補は盗犯刑事として20年のキャリアを持つベテラン。「取り調べをした警部補さんは本当にいい人だった」。人付き合いが苦手で口下手な男は、警部補に直接言えず、別の板橋署員を通じて感謝の気持ちを伝えたという。(高久清史)





つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
エエ話やなぁ……。


 自転車泥棒は許されざる犯罪ですが、それをきっかけに兄弟が再会できたのはよいことでした。このニュースは産経にしか載ってませんでしたが、読んでいて不覚にもウルッときちゃいましたよ。秋葉原の通り魔事件の記事で埋め尽くされた今日の新聞の中で、まさにオアシスのような存在でした。

 誰か、この模様を再現ドラマにしてくれまいか。
posted by atsu at 20:49| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | ちょっとイイ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

ひとつ間違えればホラー?

「死を告げるネコ」が話題に=25人の最期を予知−米(時事通信)

 【ニューヨーク27日時事】米東部ロードアイランド州プロビデンスの高齢者養護施設で飼われているネコが、入所者の死を予知するとして話題を呼んでいる。ベッド上で体を丸めて入所者に寄り添うのが「死のサイン」。これまでに25人以上の死期を正確に当て、サインが出ると施設側は家族へ通知するなど最期の時に備えるようになったという。





 何だか、そのうち映画化されそうな話ですね。「オスカー 死期を知らせるネコ」とかいうタイトルで。そんで、アカデミー賞取ったらすごいですね。「オスカーにオスカー」みたいな。

 んでもこの話、舞台が老人ホームだからある意味で便利だしいい話ですけど、普通の病院だったらちょっと怖いかも。

そのネコに寄り添われた者は、死ぬ!

という感じで、ホラー映画になっちゃいますな。ホスピスじゃない、治すためのガン病棟とかにこのネコがいてごらんなさいな。オスカーくんが近付く度に患者たちが悲鳴を上げそうです。

 オスカーくんの写真を見ると、神がかったような雰囲気がありますね。まるで何かを悟っているかのような。いったい彼にはどういう力が宿っているんですかねぇ?
posted by atsu at 22:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとイイ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

保護したのに鳥獣保護法違反

 草むらで弱っている幼鳥を見つけた49歳の会社社長。すわ大変だと、自宅へ連れ帰って介抱し、そのまま種類も知らぬまま飼育を始めた。しかし、その鳥が絶滅危惧種で飼育が禁じられているハヤブサだったからさあ大変。手が後ろには回らずに済んだが、種の保存法違反、鳥獣保護法違反という2つの前科が付いてしまった…。

 彼に悪気がまったくなかっただけに、実に気の毒だ。ペットショップに飼育法を相談しに行って通報されてしまったそうだが、彼はハヤブサだと知らずに飼っていたのだから、「この鳥は飼っちゃマズイですよ」と教えてくれればよかったのに。このペットショップも配慮がないよね。

 鳥に詳しい専門家は「ハヤブサをタカやトンビと見間違うことはない」と言ってるが、普通の人の感覚じゃ分からないって。それに、飼っちゃいけないってルールも普通は知らんよ。誰に迷惑かけたわけでもないし、確信犯でもないんだから、寛大な措置をお願いしたいなあ。

 ところで、衰弱した野鳥を見つけた場合は動物園に知らせなければならないらしい。疑問なんだけど、もしも弱ってるのがカラスだった場合でも、動物園は適切な対応をしてくれるのかしらん?

本人知らず…ハヤブサ勝手に飼った49歳社長を書類送検(サンスポ)
posted by atsu at 00:20| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっとイイ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

強盗にならずに済んだ男

 私はどちらかと言うと性善説よりも性悪説を支持している人間だが、こういうニュースを聞くと性善説を信じてもいいかな…という気にもなる。

「いい人だ…タクシー強盗やめよう」 28歳男“改心”し自首 沖縄(産経)

 タクシー強盗をしようとした那覇市の無職の男(28)が、タクシー車内で「こんないい人から強盗できない」と犯行を思いとどまり、沖縄県警浦添署に自首し、強盗予備と銃刀法違反の疑いで逮捕された。

 同署によると、男は七日未明、カッターナイフを持ち那覇市内からタクシーに乗り込み、犯行の機会をうかがっていた。しかし、運転手の男性(61)と話すうちに「いい人そうだな」と思うようになり、同県浦添市内で停車を求めた。

 男は「金がない」と告げたが、運転手は怒ることなく「あとで会社にでも持ってきて」。男はうそもつけなくなり、「実は強盗するつもりだった」と運転手に告白。そのままタクシーで連れられ、同署に自首したという。同署の調べに「借金の返済に追われていた」と話している。


 逮捕された男は元々強盗になど向いてない人間だったんだろうが、犯罪者になろうとしていた一人の人間を思いとどまらせたこの運転士さんは素晴らしい。強盗予備と銃刀法違反で逮捕はされてしまったが、実際に強盗をはたらくよりはだいぶマシだったろう。強盗予備とは言うものの、やろうと思ったが実行に移せなかったのだから罪などないに等しい。人間追い込まれれば「やろうかな…」と出来心で思ってしまうくらいは仕方ないものね。

 この運転士さんは、普段からとてもよい人柄なのだろう。やはり人間、いつでも誰にでも優しく接することで損はしないと思う。捕まった彼には、このタクシーに乗り合わせたことを感謝し、この先の人生を歩んでいってほしい。
posted by atsu at 23:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっとイイ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

白バイ隊員になりたかっただけなんだよぅ!

 白バイ隊員への憧れが高じ、偽の白バイを自作して走行していた男性が、道路運送車両法違反で書類送検された。世の中にはこの彼のことを「バカ」となじる人も多いだろうが、私は不覚にもホロリとさせられてしまったのである。「おバカニュース」のカテゴリに入れるのは忍びないので、急遽新しいカテゴリを作成してしまった。

 憧れの職業を模倣した彼の行為は理解できる。警察官採用試験に挑戦するも不合格になってしまった彼だが、せめて白バイ隊員の気分だけでも味わいたかったのだろう。だけど悲しいかな、警察官のコスプレはそれだけで犯罪になってしまうし、バイクを白バイ風に改造すると違法になってしまうのである。残念ながら。

 彼のコメントがまた泣かせるじゃないか。

「夢を捨てられなかった。正しい運転を一般ドライバーやライダーに見せたかった」

 私には、彼を批判できません。・゚・(ノД`)・゚・。 できるなら、諦めずにもう一度試験を受けてください……って、こんな前科が付いたんじゃもうムリかな?

 ところで、どこまで白バイに似せたら不法改造になるのかが気になった。とりあえず、赤色灯とサイレンは一発でアウトだろう。「POLICE」のステッカーもまずいかな、警視庁のマークも。でも、カラーリングだけならどうなんだろ? 別に、白いバイクが違法にはなってないよね。

 ただ、警察官コスプレのほうはけっこうシビアなようである。細かいところは違っていても、周囲の人が見て警察官だと勘違いするような格好だと罪になってしまうそうだ。ミニスカポリスみたいに、どう見ても本物の警察官だと思われない物なら大丈夫なようだが…。違法にならないようにするには、せいぜい警備員の制服とかにするしかないと思われる。

 偽警官が逮捕される事件はしばしばあるから、警察マニアという人種もそれなりにいるのだろう。水野晴郎も警察マニアだし。でも、グッズを集めるのも法に触れる場合が多いし、不憫な趣味だ。悪気はないだけにねぇ。

警察官への夢破れ…偽造白バイ走行で書類送検(サンスポ)
posted by atsu at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとイイ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする